メインメニューを開く

ロマン・トゥメトゥール国際空港: Roman Tmetuchl International Airport)は、パラオ共和国バベルダオブ島アイライ州にある国際空港である。2006年にパラオ国際空港からロマン・トゥメトゥール国際空港に名称変更された。バベルダオブ空港やアイライ空港としても知られている。

ロマン・メトゥール国際空港
Roman Tmetuchl International Airport
IATA: ROR - ICAO: PTRO
概要
国・地域 パラオの旗 パラオ
所在地 バベルダオブ島アイライ州
母都市 コロール
種類 公共
運営者 パラオ政府
拠点航空会社 ベラウ・エア
パラオ・パシフィック航空
標高 54 m (176 ft)
座標 北緯07度22分02秒 東経134度32分39秒 / 北緯7.36722度 東経134.54417度 / 7.36722; 134.54417
地図
パラオの空港位置図
パラオの空港位置図
ROR
パラオの空港位置図
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09/27 2,195×46 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
2015年4月8日、ロマン・トメトゥチェル国際空港を訪れた天皇(中央左)と美智子皇后(中央右)

パラオ唯一の国際空港で、旧首都コロール郊外のバベルダオブ島アイライ州にある。昭和19年(1944年)に大日本帝国海軍が航空基地として建設したのがはじまりである。戦後は民間飛行場となり、1984年に完成した旧ターミナルビルが手狭になった為、日本国政府の無償援助により、2003年3月に新しいターミナルが完成した。

国内線が運航されているほか、観光が盛んなパラオの国際空港らしく、グアムマニラソウルなどとの間に定期便が運航されている。また日本航空などが多数のチャーター便を運航している。

滑走路の長さは7200 ft. / 2195 mと国際空港としては短いため、大型機の発着は不能であり、2015年4月の天皇皇后両陛下のパラオ訪問では、日本国政府専用機ボーイング747-400)が使用できず、ボーイング767の民間チャーター機が使われた。

就航路線編集

日本への路線編集

以前は、デルタ航空東京/成田行直行便が週2便運航していたが、2018年5月6日を最後に運休となった。その結果、日本とパラオを結ぶ定期便はなくなり、現在は日本航空による成田国際空港行きのチャーター便が年に数回、不定期で運航中である。

脚注編集

  1. ^ FAA Airport Master Record for ROR – Babelthuap/Koror (Form 5010 PDF), effective 2 Jul 2009.
  2. ^ Airport information for PTRO from DAFIF (effective October 2006)
  3. ^ RORの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF(2006年10月時点で有効).

関連項目編集

外部リンク編集