メインメニューを開く

ロランド・クルス・パラシオス・カスティージョRolando Cruz Palacios Castillo1987年5月3日 - )は、ホンジュラス・サンボ・クリーク (en出身の陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒22、200mで20秒40、400mで47秒64、室内60mで6秒62の自己ベストを持つ、4種目のホンジュラス記録保持者。2009年ベルリン世界選手権男子200mのセミファイナリスト、2009年ベオグラードユニバーシアード男子100mの金メダリストである。

ロランド・パラシオス Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ロランド・クルス・パラシオス・カスティージョ
ラテン文字 Rolando Palacios
国籍 ホンジュラスの旗 ホンジュラス
競技 陸上競技短距離走
種目 60m, 100m, 200m
生年月日 (1987-05-03) 1987年5月3日(32歳)
出身地 ホンジュラスの旗 サンボ・クリーク (en
身長 189cm[1]
体重 89kg
成績
オリンピック 100m:1次予選9組3着(2008年
200m:2次予選1組7着(2008年
世界選手権 100m:2次予選5組6着(2009年
200m:準決勝1組7着(2009年)
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
200m:5位(2011年
自己ベスト
60m 6秒62(2009年)室内ホンジュラス記録
100m 10秒22(2008年)ホンジュラス記録
200m 20秒40(2008年)ホンジュラス記録
400m 47秒64(2011年)ホンジュラス記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

2005年、8月のヘルシンキ世界選手権男子100mで世界大会初出場を果たすと、1次予選で10秒73(+0.3)のホンジュラス新記録(当時)を樹立したが2次予選には進めなかった[2]

2006年、3月のモスクワ世界室内選手権男子60mに出場すると、予選で6秒80のホンジュラス新記録(当時)を樹立したが準決勝には進めなかった[3]

2008年、7月に標高2000mを越えるトルーカで開催された北中米カリブU23選手権の男子100mと200mに出場すると、100mは決勝で10秒22(+0.3)のホンジュラス新記録を樹立して銅メダル、200mでも決勝で20秒40(-0.9)のホンジュラス新記録を樹立して銀メダルを獲得した。これは中米地域以外の主要国際大会で獲得した初のメダルとなった[4]。8月の北京オリンピックには男子100mと200mに出場すると、100mは1次予選で10秒49(-1.7)をマークしたが、着順で2次予選に進出できた組3着とは0秒03差[注 1]、タイムで拾われた最後の枠の選手とも0秒03差で惜しくも2次予選進出を逃した[5]。世界大会初出場となった200mは1次予選を20秒81(-1.1)の組3着で突破し、世界大会で初めて最初のラウンドを突破したが、初めて経験した2次予選は20秒87(+0.1)とタイムを落とし組7着で敗退した[6]

2009年、7月にベオグラードユニバーシアードの男子100mと200mに出場すると、100mは決勝で10秒30(-0.7)をマークし、アムル・イブラヒム・ムスタファ・サウード(10秒31)や江里口匡史(10秒33)らを破り金メダルを獲得した[7]オリンピック世界選手権屋外室内ジュニアユース)・ユニバーシアードなどの陸上競技主要世界大会でメダルを獲得したことがなかったホンジュラスに初のメダルをもたらした[8]。200mでも決勝に進出したが、20秒78(+0.1)の4位でメダルは逃した。8月のベルリン世界選手権でも男子100mと200mに出場すると、100mは1次予選を自己ベスト(10秒22)に迫る10秒28(0.0)をマークし、タイムで拾われて2次予選に進出した。2次予選は1次予選のタイムを縮める10秒24(+0.1)の好タイムをマークするも準決勝には進めなかった[9]。200mは1次予選を20秒83(-0.6)の組3着、2次予選を20秒69(-0.2)の組3着と、両ラウンドとも着順で突破し、初めて世界大会のセミファイナリストとなった。準決勝は20秒67(0.0)の組7着に終わり、準決勝よりもタイムを縮めたものの決勝には進めなかった[10]

2014年、11月の中米カリブ競技大会男子100m決勝を自己ベスト(10秒22)に迫る10秒27(+0.9)で制し、中米カリブ競技大会の陸上競技でホンジュラスに初の金メダルをもたらした[11]

自己ベスト編集

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒22A (+0.3) 2008年7月18日   トルーカ ホンジュラス記録
高地記録
200m 20秒40A (-0.6) 2008年7月20日   トルーカ ホンジュラス記録
高地記録
400m 47秒64 2011年2月12日   キングストン ホンジュラス記録
室内
60m 6秒62 2009年2月26日   プラハ 室内ホンジュラス記録

主要大会成績編集

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2003 中米ジュニア選手権 (en   サンホセ 100m 5位 11秒17 (-1.0)
200m 5位 23秒05 (-2.3)
400m 7位 58秒44
2004 中米カリブジュニア選手権 (en   ポートオブスペイン 100m 予選 11秒05 (+3.3)
200m 予選 22秒58 (+4.4)
中米選手権 (en   マナグア 100m 優勝 10秒84 (-0.6)
200m 2位 21秒89
4x100mR 優勝 41秒71 (1走)
2005 世界選手権   ヘルシンキ 100m 1次予選 10秒73 (+0.3) ホンジュラス記録
2006 中米競技大会 (en   マナグア 100m 優勝 10秒60
200m 優勝 21秒22 ホンジュラス記録
4x100mR 優勝 41秒63 (1走) ホンジュラス記録
世界室内選手権   モスクワ 60m 予選 6秒80 室内ホンジュラス記録
中米ジュニア選手権 (en   グアテマラシティ 100m 優勝 10秒68 (-0.7)
200m 2位 21秒41 (+0.7) 大会記録
4x100mR 優勝 42秒74 (1走)
中米カリブジュニア選手権 (en   ポートオブスペイン 100m 4位 10秒56 (+1.5)
200m 6位 21秒47 (+1.4)
中米カリブ競技大会 (en   カルタヘナ 100m 予選 10秒73 (-0.8)
200m 準決勝
2007 アルバ競技大会 (en   カラカス 100m 予選 10秒81 (+0.3)
中米選手権 (en   サンホセ 100m 優勝 10秒65 (+0.5)
4x100mR 優勝 41秒07 (4走) 大会記録
北中米カリブ選手権 (en   サンサルバドル 100m 4位 10秒51 (+0.8)
200m 7位 21秒26 (+1.8)
パンアメリカン競技大会 (en   リオデジャネイロ 100m 準決勝 10秒48 (-0.5)
200m 予選 21秒27 (+0.5)
4x100mR 予選 41秒49 (2走)
2008 世界室内選手権   バレンシア 60m 予選 6秒83
イベロアメリカ選手権 (en   イキケ 100m 4位 10秒63 (-2.3)
200m 4位 21秒16 (-0.5)
中米選手権 (en   サン・ペドロ・スーラ 100m 優勝 10秒61 (-0.2)
200m 優勝 21秒25 (-0.1)
4x100mR 優勝 41秒10 (1走)
中米カリブ選手権 (en   カリ 100m 準決勝 10秒37 (+0.7) ホンジュラス記録
200m 8位 21秒09 (+0.5)
北中米カリブU23選手権 (en   トルーカ 100m 3位 10秒22 (+0.3) ホンジュラス記録
200m 2位 20秒40 (-0.9) ホンジュラス記録
オリンピック   北京 100m 1次予選 10秒49 (-1.7)
200m 2次予選 20秒87 (+0.1)
2009 中米選手権 (en   グアテマラシティ 100m 優勝 10秒38
200m 優勝 20秒99 大会記録
4x100mR 優勝 41秒03 (3走) 大会記録
ユニバーシアード (en   ベオグラード 100m 優勝 10秒30 (-0.7)
200m 4位 20秒78 (+0.1)
世界選手権   ベルリン 100m 2次予選 10秒24 (+0.1)
200m 準決勝 20秒67 (0.0)
2010 中米競技大会 (en   パナマ 100m 2位 10秒36 (-0.2)
200m 優勝 20秒84 (+0.1) 大会記録
イベロアメリカ選手権 (en   サン・フェルナンド 100m 予選 10秒61 (-0.8)
200m 2位 21秒20 (+0.2)
中米カリブ競技大会 (en   マヤグエス 100m 6位 10秒31 (+0.7)
200m 5位 20秒67 (0.0)
4x100mR 予選 41秒69 (4走)
中米選手権 (en   グアテマラシティ 100m 優勝 10秒73
200m 優勝 21秒92 (-2.2)
4x100mR 優勝 42秒02 (1走)
4x400mR 優勝 3分20秒84 (1走)
2011 中米選手権 (en   サンホセ 100m 優勝 10秒57 (-0.7)
200m 優勝 20秒97 (-0.5) 大会記録
4x100mR 優勝 40秒83 (1走) 大会記録
世界選手権   大邱 200m 予選 21秒22 (-1.1)
パンアメリカン競技大会 (en   グアダラハラ 100m 予選 10秒49 (-1.0)
200m 5位 20秒77 (-1.0)
4x100mR 予選 DNF (4走)
2013 中米競技大会 (en   サンホセ 100m 優勝 10秒48 (-1.5)
200m 2位 20秒63 (+2.1)
4x100mR 優勝 41秒61 (4走)
中米選手権 (en   マナグア 100m 優勝 10秒57 (-1.6)
200m 優勝 21秒20 (+2.7)
中米カリブ選手権 (en   モレリア 100m 予選 10秒24 (+3.0)
200m 予選 21秒22 (-0.1)
世界選手権   モスクワ 200m 予選 21秒02 (-0.6)
2014 世界室内選手権   ソポト 60m 予選 6秒78
中米選手権 (en   テグシガルパ 100m 優勝 10秒27 (+2.6)
200m 優勝 20秒81 (+0.6) 大会記録
4x100mR 優勝 41秒50 (1走)
イベロアメリカ選手権 (en   サンパウロ 100m 4位 10秒34 (+0.6)
200m 3位 20秒60 (+0.7)
パンアメリカン
スポーツフェスティバル (en
  メキシコシティ 100m 4位 10秒39 (-1.3)
200m 7位 20秒50 (+0.6)
中米カリブ競技大会 (en   ハラパ 100m 優勝 10秒27 (+0.9)
200m 4位 20秒76 (-1.8)
2015 中米選手権 (en   マナグア 100m 優勝 10秒44 (+0.5)
200m 2位 21秒01 (+6.4)
4x100mR 2位 42秒47 (2走)
パンアメリカン競技大会 (en   トロント 100m 予選 DQ フライング
200m 予選 21秒19 (+2.4)
北中米カリブ選手権 (en   サンホセ 100m 準決勝 10秒31 (+2.7)
200m 準決勝 DQ レーン侵害
世界選手権   北京 200m 予選 DQ レーン侵害
2016 世界室内選手権   ポートランド 60m 予選 6秒81
イベロアメリカ選手権 (en   リオデジャネイロ 100m 準決勝 10秒46 (+0.8)
200m 準決勝 20秒97 (+1.6)
中米選手権 (en   サンサルバドル 100m 決勝 DQ フライング
200m 決勝 予選21秒94 (-0.8)
オリンピック   リオデジャネイロ 200m 予選 21秒32 (-1.5)
2017 中米選手権   テグシガルパ 100m 2位 10秒55 (-0.4)
200m 6位 21秒61 (-0.3)
4x100mR 3位 41秒81 (4走)
世界選手権   ロンドン 100m 予備予選 10秒73 (+0.9)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 当時のパラシオスの着順は組4着だったが、同じ組で上位に入ったサミュエル・フランシスのドーピング違反が2016年に発覚したため、順位は1つ繰り上がった。

出典編集

  1. ^ プロフィール”. リオデジャネイロオリンピック公式サイト. 2016年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月3日閲覧。
  2. ^ 第10回世界選手権男子100m1次予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月5日閲覧。
  3. ^ 第11回世界室内選手権男子60m予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月5日閲覧。
  4. ^ Rolando Cruz Palacios dreams high after impressive dash in Toluca”. 国際陸上競技連盟 (2008年8月14日). 2016年3月5日閲覧。
  5. ^ 第29回オリンピック男子100m1次予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月5日閲覧。
  6. ^ 第29回オリンピック男子200m2次予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月5日閲覧。
  7. ^ Gold for Serbian junior Spanovic in Long Jump – World University Games Day 2”. 国際陸上競技連盟 (2009年7月9日). 2016年3月5日閲覧。
  8. ^ World Championships Beijing 2015 Athletics Statistics Handbook (ebook) (RESULTS FROM PAST MAJOR CHAMPIONSHIP参照)”. 国際陸上競技連盟 (2016年). 2016年8月25日閲覧。
  9. ^ 第12回世界選手権男子100m2次予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月5日閲覧。
  10. ^ 第12回世界選手権男子200m準決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月5日閲覧。
  11. ^ Moreno bids farewell on top, Silva over 4.60m at Central American and Caribbean Games”. 国際陸上競技連盟 (2014年11月27日). 2015年1月13日閲覧。

外部リンク編集

夏季オリンピック
先代:
開会式:Ronald Bennett
(男子陸上選手)
閉会式:Karen Vilorio
(女子競泳選手)
2012 ロンドン
ホンジュラス選手団
旗手

2016 リオデジャネイロ
次代:
未定
2020 東京