メインメニューを開く

ロラン・ペリー(Laurent Pelly、1962年1月14日 - )は、フランス出身のオペラおよび演劇の演出家。衣装やセットのデザインも手がけ、コミカルで風刺的ながら詩情に溢れ想像力豊かな作風が特徴である。特にフランスのオペラオペレッタの演出で名作を多く制作している。

ロラン・ペリー
出生名 Laurent Pelly
生誕 (1962-01-14) 1962年1月14日(57歳)
出身地 フランスの旗 フランスパリ
ジャンル オペラ演劇
職業 演出家
活動期間 1980年 -

経歴編集

パリに生まれ、18歳のときに劇団 Théâtrale du Pélican を設立。1997年から2007年までグルノーブルのアルプス国立演劇センターのディレクター、2008年からトゥールーズ国立劇場のディレクターを務める。[1]

指揮者のマルク・ミンコフスキとコンビでのオッフェンバックのオペレッタなど、数多くの演出作品がDVDになっており、日本においても、ペリーの演出で『ホフマン物語』(オッフェンバック)、『子供と魔法』(ラヴェル)、『マノン』(マスネ)、『椿姫』(ヴェルディ)などが上演されている。

主なオペラ演出作品編集

出典編集