ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ

ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラLorenzo di Bonaventura;イタリア語発音: [loˈrɛntso di ˌbɔnavenˈtuːra]1957年1月13日 - )は、イタリア系アメリカ人映画プロデューサーディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ英語版の創設者でありオーナー。映画『G.I.ジョー』シリーズ英語版『トランスフォーマー』シリーズのプロデューサーとして知られ、彼がプロデュースした映画の興行収入は70億ドルを超えている[1]

ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
Lorenzo di Bonaventura
Lorenzo di Bonaventura
di Bonaventura at Comic Con in 2010
本名 Lorenzo di Bonaventura
生年月日 (1957-01-13) 1957年1月13日(64歳)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 イタリア系アメリカ人
職業 映画プロデューサー
配偶者
Kimberly di Bonaventura
(m. 1996; div. 2015)

Brooke di Bonaventura (m. 2018)
テンプレートを表示
出身校チョート・ローズマリー・ホール
ハーバード大学
ウォートン・スクール
子供2

生い立ち編集

ロレンツォは、チョート・ローズマリー・ホールハーバード大学を卒業した。その後、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得した[2]。父親のマリオ・ディ・ボナヴェンチュラは交響楽団の指揮者であり、叔父のアンソニー・ディ・ボナヴェンチュラ英語版はコンサートピアニストであった[3]

キャリア編集

ロレンツォは、1990年代ワーナー・ブラザース・ピクチャーズの幹部社員として活躍し、その後はWorldwide Productionの社長となった。彼がワーナー・ブラザースに在職している間に、『マトリックス』を見い出し製作に導き、J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』の映画化権を購入した。彼の製作会社であるディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ英語版は、パラマウント・ピクチャーズに拠点を置いている。

ロレンツォは、マイケル・スコットのファンタジー小説「錬金術師ニコラ・フラメル英語版」(全6部作)の映画化権を購入した[4]。彼は、「(スコットの)このファンタスティックなシリーズは、『ハリー・ポッター』の進化版だ」と形容している。

ドキュメンタリー映画サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ』では、安価で高品質なカメラが普及したことで、誰もが映像作家になることができるようになったが、一般の人々が従来の映画製作者の作品と見分けがつかないような、ひどいエンターテインメント作品でメディアの世界を飽和させる可能性があると批判している。これは、スティーブ・ジョブズがSome Things Digitalのカンファレンスで「ジャーナリスティックな編集コンテンツが非常に不足している」と訴えたのと同様である。スティーブ・ジョブズが、あるSome Things Digitalカンファレンスで「ジャーナリズムの編集コンテンツが不足している」と訴えたのと似て、「テイストメーカー(tastemaker)」がいないために、このような新しいメディアのあり方が生まれてしまったのだとも言及している。

私生活編集

ロレンツォは、超党派の反汚職組織であるRepresent.Usのクリエイティブ・カウンシルの議長を務めている[5]。また、2015年からはクレアモント大学院大学の評議員を務めている[6]

フィルモグラフィ編集

製作編集

パラマウント・ピクチャーズ編集

公開年 邦題
原題
監督 備考
2005 フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い
Four Brothers
ジョン・シングルトン
2007 ザ・シューター/極大射程
Shooter
アントワーン・フークア
トランスフォーマー
Transformers
マイケル・ベイ With DreamWorks Pictures
スターダスト
Stardust
マシュー・ヴォーン
2009 エディ・マーフィの劇的1週間
Imagine That
キャレイ・カークパトリック英語版
トランスフォーマー/リベンジ
Transformers: Revenge of the Fallen
マイケル・ベイ With DreamWorks Pictures
G.I.ジョー
G.I. Joe: The Rise of Cobra
スティーヴン・ソマーズ
2011 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
Transformers: Dark of the Moon
マイケル・ベイ Paramount Pictures
2013 G.I.ジョー バック2リベンジ
G.I. Joe: Retaliation
ジョン・M・チュウ With Metro-Goldwyn-Mayer
2014 エージェント:ライアン
Jack Ryan: Shadow Recruit
ケネス・ブラナー
トランスフォーマー/ロストエイジ
Transformers: Age of Extinction
マイケル・ベイ
2017 トランスフォーマー/最後の騎士王
Transformers: The Last Knight
2018 バンブルビー
Bumblebee
トラヴィス・ナイト
2019 ペット・セメタリー
Pet Sematary
Kevin Kölsch
Dennis Widmyer
2021
Infinite
アントワーン・フークア Via Paramount+
G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ
Snake Eyes
ロベルト・シュヴェンケ With Metro-Goldwyn-Mayer
2023 トランスフォーマー/ビースト覚醒
Transformers: Rise of the Beasts
Steven Caple Jr.
TBA
G.I. Joe: Ever Vigilant
D.J. Caruso
Untitled animated Transformers film Josh Cooley
Untitled Transformers film Angel Manuel Soto

Untitled Pet Sematary prequel
Lindsey Beer Via Paramount+

サミット・エンターテインメント編集

公開年 邦題
原題
監督 備考
2010 RED/レッド
Red
ロベルト・シュヴェンケ
2012 崖っぷちの男
Man on a Ledge
Asger Leth
2013 REDリターンズ
RED 2
ディーン・パリソット
2017 オンリー・ザ・ブレイブ
Only the Brave
ジョセフ・コシンスキー With Columbia Pictures

ライオンズゲート・フィルムズ編集

公開年 邦題
原題
監督 備考
2013 ラストスタンド
The Last Stand
キム・ジウン
2016 バーニング・オーシャン
Deepwater Horizon
ピーター・バーグ
2017 アンロック/陰謀のコード
Unlocked
マイケル・アプテッド
アメリカン・アサシン
American Assassin
マイケル・クエスタ
TBA
The Plane
Jean-François Richet

ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ編集

公開年 邦題
原題
監督 備考
2005 コンスタンティン
Constantine
フランシス・ローレンス
2018 MEG ザ・モンスター
The Meg
ジョン・タートルトーブ
TBA
Meg 2: The Trench
ベン・ウィートリー

その他編集

公開年 邦題
原題
監督 配給会社
2005 DOOM
Doom
アンジェイ・バートコウィアク ユニバーサル・ピクチャーズ
すべてはその朝始まった
Derailed
ミカエル・ハフストローム Miramax Films
2007 1408号室
1408
Dimension Films
Metro-Goldwyn-Mayer
2010 ソルト
Salt
フィリップ・ノイス Sony Pictures Releasing
2013 サイド・エフェクト
Side Effects
スティーブン・ソダーバーグ オープン・ロード・フィルムズ
2015
Electric Slide (Uncredited)
Tristan Patterson Paragon Releasing
2017 チェイサー
Kidnap
ルイス・プリエト レラティビティ・メディア
Aviron Pictures
2018 ファイナル・フェーズ 破壊英語版
Higher Power
マシュー・チャールズ・サントロ Magnet Releasing
レプリカズ
Replicas
ジェフリー・ナックマノフ Entertainment Studios Motion Pictures
2020 マヤの秘密
The Secrets We Keep
ユヴァル・アドラー ブリーカー・ストリート

製作総指揮編集

公開年 邦題
原題
監督 配給会社
2012 デビル・インサイド
The Devil Inside
William Brent Bell Paramount Pictures
2015
Dead Rising: Watchtower
Zach Lipovsky Crackle
2016
Dead Rising: Endgame (Uncredited)
Pat Williams
2018 メイズ・ランナー: 最期の迷宮
Maze Runner: The Death Cure
ウェス・ボール 20th Century Fox

Puppet Master: The Littlest Reich
Sonny Laguna
Tommy Wiklund
RLJE Films
エル・チカーノ レジェンド・オブ・ストリート・ヒーロー英語版
El Chicano
Ben Hernandez Bray Briarcliff Entertainment
2019 DOOM/ドゥーム:アナイアレーション
Doom: Annihilation
トニー・ギグリオ英語版 Universal 1440 Entertainment

テレビドラマ編集

参照編集

出典編集

  1. ^ LORENZO DI BONAVENTURA TO RECEIVE CAREER ACHIEVEMENT AWARD” (英語). www.zff.com. Zurich Film Festival (2016年8月23日). 2017年8月15日閲覧。
  2. ^ Weinstein, Joshua L. (2010年10月11日). “Di Bonaventura on a bonny venture”. Variety. 2021年11月12日閲覧。
  3. ^ Mario di Bonaventura (Composer) - Short Biography”. www.bach-cantatas.com. Bach Cantatas Website. 2017年8月15日閲覧。
  4. ^ Moon, Transformers At The. “Lorenzo di Bonaventura - June 2007 - Transformers At The Moon - www.transformertoys.co.uk”. 2021年11月12日閲覧。
  5. ^ “About | Represent.Us” (英語). End corruption. Defend the Republic.. https://represent.us/about/ 2016年11月1日閲覧。 
  6. ^ Lorenzo di Bonaventura ·”. www.cgu.edu. 2021年11月12日閲覧。

外部リンク編集