ロングアイランド鉄道M1型電車

M1型電車はかつてロングアイランド鉄道 (LIRR) で使用されていた電車

M1・M3
LIRRのM1型
LIRRのM1型
基本情報
製造所 バッド
ゼネラル・エレクトリック
主要諸元
軌間 1,435(標準軌) mm
電気方式 直流 750V第三軌条方式
設計最高速度 160 km/h
主電動機出力 110kW(M1 M1A)
120kW (M3・M3A)
テンプレートを表示

本項では、M1型の派生車種としてメトロノース鉄道、ならびにメトロノース鉄道の前身であるペン・セントラル鉄道向けのM1A型、ならびにM1型の細部を変更して製造されたM3型、M3型のメトロノース鉄道向けのM3A型についても記述する。

目次

概要編集

M1型は戦後経営破綻し、1966年メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (Metropolitan Transportation Authority, MTA) 傘下になったLIRRが最初に導入した電車である。それまで機関車による牽引やプッシュプルによる列車ばかりだったLIRRにとって非常に画期的な車両であった。MTAはその後ペン・セントラル鉄道から現在のメトロノースにあたる部分も買い取り、M1型はMTA傘下の郊外路線を持つ会社(LIRR・メトロノース)における標準車両となって行くことになる。M1型をはじめとする車両は派生形式も含め、ザ・メトロポリタンズ (The Metropolitans) の愛称が付けられている。

車体の製造はバッド (Budd)、電装品はゼネラル・エレクトリック (General Electric, GE) が担当し、ニューヨーク市地下鉄向けに納入されていたR44型R46型をベースに製造された。

1968年から74年にかけて770両製造されたM1型と、1971年から73年にかけて178両製造されたM1A型からなるグループと、1984年から85年にかけて電化区間の拡大により製造されたM3・M3Aのグループに分けることが出来るが基本的に共通なためまとめて扱い、異なる部分のみ別途記述する。

車体外観編集

車体長25m級、車体幅3m級のステンレス車体でベースとなった地下鉄車両より一回り大きい。ドアの数は各車両片側2つの両開きドアで地下鉄車両に比べると少なく、日本で言う近郊形電車のような感じとなっている。先頭部分は丸みを帯びていて、これはメトロポリタン型車両の大きな特徴となっている。アメリカは鉄道も右側通行なため、運転席が右側にあるのも特徴。

カラーリングはLIRR所属車両(M1型)が黄色、メトロノース所属車両(M!A型)が青色となっている。

内装編集

車内は2+3列の固定式クロスシートが並んでいる。シートは向かい合わせではなく、すべて同じ方向を向いている。

運転・走行機器編集

M1・M1A

主電動機(走行用モーター)にはGE製1255A2型[1]を採用。

M3・M3A

主電動機にはGE製1261型[2]を採用。

運用編集

更新改造編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 定格出力110KW・端子電圧?V・定格回転数?rpm・
  2. ^ 定格出力120KW・端子電圧?V・定格回転数?rpm

参考文献編集

関連項目編集

  • メトロノース鉄道M2型電車 - 架空電車線方式による電化がされているニューヘイブン線系統専用車両として本系列をベースに設計された。

外部リンク編集