メインメニューを開く

ロンドン・シティ空港 (ロンドン・シティくうこう、英語London City Airport)はロンドン東部のウォーターフロント開発地区・ドックランズにある空港である。

ロンドン・シティ空港
London City Airport
London City Airport Zwart.jpg

City Airport station.jpg
IATA: LCY - ICAO: EGLC
概要
国・地域 イギリスの旗 イギリス
所在地 ロンドン
種類 公共
運営者 ロンドン・シティ空港株式会社
拠点航空会社 BAシティフライヤー
標高 6 m (19 ft)
座標 北緯51度30分19.00秒 東経00度03分19.00秒 / 北緯51.5052778度 東経0.0552778度 / 51.5052778; 0.0552778座標: 北緯51度30分19.00秒 東経00度03分19.00秒 / 北緯51.5052778度 東経0.0552778度 / 51.5052778; 0.0552778
公式サイト 公式サイト
地図
ロンドン・シティ空港の位置
ロンドン・シティ空港の位置
LCY/EGLC
ロンドン・シティ空港の位置
ロンドン・シティ空港の位置
LCY/EGLC
ロンドン・シティ空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09/27 1,508×30 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

ロンドン市内に一番近く、ロンドンで働くビジネスマンパリアムステルダムなどにシャトル便で行く時に多く使用されている。

市街地から近いがゆえの騒音対策のための特例で、通常の倍近い5.5度という急角度で滑走路に降下しなければならず、その上滑走路も1,500メートルクラスと短いため、就航可能な航空機が大幅に制限される。現在は主にATR 72アブロRJシリーズなどの小型機が発着している。

ブリティッシュ・エアウェイズは全席ビジネスクラス仕様のエアバスA318型機で、ニューヨークJFK空港)までのBA001便を2009年9月29日から運航(2011年1月現在、003便と合わせ週11便体制)。ロンドン・シティ発の往路では滑走路の長さが短いため、機体重量軽減のために搭載する燃油量を減らすことから、アイルランドシャノン空港を経由して給油。シャノン空港ではアメリカ合衆国の入国・通関手続きを済ますことができるようにする。復路(002便・004便)は直行で運航している。

2017年8月より、スイスインターナショナルエアラインズがチューリッヒからの当路線にCS100を投入した[1]

就航航空会社と就航都市編集

国内線編集

航空会社就航地
  ブリティッシュ・エアウェイズ エディンバラグラスゴーマンチェスターマン島
  Flybe アバディーンエクセター英語版、エディンバラ、ジャージー島英語版ニューカッスル・アポン・タインベルファスト/シティ

国際線編集

航空会社就航地
  ブリティッシュ・エアウェイズ 西欧:アムステルダムダブリンニースパリ/オルリーロッテルダム
中欧:ジュネーヴチューリッヒデュッセルドルフプラハフランクフルトベルリン/テーゲルミュンヘン(2019年2月16日就航予定)
南欧:イビサパルマ・デ・マヨルカフィレンツェマラガミラノ/リナーテローマ/フィウミチーノ
北欧:ビルン
北米:ニューヨーク/JFK
季節運航
西欧:カンペール英語版シャンベリ英語版ベルジュラック英語版
東欧:スプリト英語版(2019年6月21日就航予定)、
南欧:ヴェネツィアグラナダサントリーニ英語版スキアトス英語版ファロミコノス英語版メノルカ
北欧:レイキャヴィーク/ケプラヴィーク
  Flybe 西欧:アムステルダム
中欧:デュッセルドルフ
季節運航:レンヌ英語版
  エアリンガス ダブリン
  KLMオランダ航空 アムステルダム
  ルクスエア ルクセンブルク
  スイス インターナショナル エアラインズ ジュネーヴ、チューリッヒ
季節運航:シオン英語版
  ルフトハンザ・リージョナル フランクフルト
  LOTポーランド航空 東欧:ヴィリニュス(2019年5月7日就航予定)、ブダペスト(2019年2月18日就航予定)
中欧:ワルシャワ/ショパン
  アリタリア-イタリア航空 ミラノ/リナーテ
  TAPエクスプレス英語版 ポルトリスボン

空港アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集