ロンド島 (ロンドとう、フランス語: Île Ronde英語: Round Island)は、モーリシャス島の22.5 km北にある無人島である。ロンド島は1.69 km2の広さを有し、最高地点の標高は280 mである。ロンド島は1957年以降、自然保護区となっており、国立公園保存局英語版(NPCS)とモーリシャス野生動物財団英語版によって共同で管理されている[1]

ロンド島
Round Island and Serpent Island - Mauritius.jpg
西側から望むロンド島。右側(北側)に見えるのは、セルパン島フランス語版である。
所在地 モーリシャスの旗 モーリシャス
所在海域 インド洋
座標 南緯19度51分00秒 東経57度47分00秒 / 南緯19.85度 東経57.7833度 / -19.85; 57.7833座標: 南緯19度51分00秒 東経57度47分00秒 / 南緯19.85度 東経57.7833度 / -19.85; 57.7833
面積 1.69 km²
最高標高 280 m
ロンド島の位置(モーリシャス内)
ロンド島
ロンド島
ロンド島 (モーリシャス)
ロンド島の位置(アフリカ内)
ロンド島
ロンド島
ロンド島 (アフリカ)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

また、ロンド島の周辺はスクーバダイビングの名所としても知られるが、島内は自然保護区であるため立入禁止となっている[2]

生物編集

ロンド島にしか存在しない希少な爬虫類が存在し、それらには、ロンド島トカゲ英語版ギュンターヒルヤモリロンド島ボア英語版、および絶滅したボリエリアボアが含まれる[3]

こうした爬虫類を含む生態系は、外部からネズミや猫がもたらされたことで危機にさらされていた。しかし、保全生態学者のカール・ジョーンズ英語版らによる生態系保護の努力が行われた結果、ロンド島トカゲの数は増加しつつある[4]

また、ロンド島固有の希少な植物として、トックリヤシ英語版がある[5]

歴史編集

1794年10月22日、セイロン侵攻の過程で、ロンド島沖でイギリス海軍とフランス海軍の戦いが行われた(ロンド島の戦い英語版[6]

脚注編集

  1. ^ Round Island: General Information”. Mauritian Wildlife Foundation. 2012年2月17日閲覧。
  2. ^ 『デジタル大辞泉』「ロンド島」”. 2016年11月20日閲覧。
  3. ^ "Mascarene forests". Terrestrial Ecoregions. World Wildlife Fund. 2008年1月24日閲覧
  4. ^ Jones, Carl (1998年11月). “On the Edge, no. 83”. Case Study: Reptile Recovery on Round Island. Durrell Wildlife Conservation Trust. 2016年11月20日閲覧。
  5. ^ IUCN Red List of Threatened Species”. IUCN Red List. 2012年8月1日閲覧。
  6. ^ Parkinson, C. Northcote (1954). War in the Eastern Seas, 1793 - 1815. London: George Allen & Unwin Ltd,p.77.