メインメニューを開く

ロンパールーム』は、1963年10月7日から1979年9月28日まで日本テレビ系列局で放送されていた子供向け番組。当初は月曜 - 土曜の放送だったが、のちに土曜日版は、1975年9月27日放送分で廃止された。

ロンパールーム
ジャンル 子供向け番組
出演者 並木翠
うつみみどり
ほか
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1963年10月7日 - 1979年9月28日
放送時間 放送時間を参照
テンプレートを表示

アメリカの同名の番組“Romper Room”を参考にして製作された番組。同番組のフランチャイズフリーマントルメディアによって行われ、アメリカ国内のボルチモア(オリジナル)、ニューヨークシカゴロサンゼルスをはじめ、カナダオーストラリア北アイルランドイギリスプエルトリコ香港でも放送されている。題名の“Romper”とは「腕白・やんちゃ」を意味する言葉、および子供用のつなぎ服“rompers”(ロンパース)から取られた。

以下は特に注記しない限り、日本で放送された番組について説明する。

概要編集

放送開始から1年間は生放送で行われていたが、以後は録画放送(後述の「きれいなきんたま」事件では既に録画放送だった)。収録は2週間分まとめて行われ、2週連続で同じ幼児が出演した。その際に服は着替えたという。1回に出演する幼児は放送開始時は6人であったが、人数が少ないと画面が寂しく見えるという意見があり10人に増やした[1]。出演者の応募は三か月ごとに行われたが、一万通前後の応募はがきが送られてきた[1]

番組の構成は「教育 - 遊び - おやつ - 絵本」という流れで、これはアメリカ版と同じである。

4代目先生のきしべみどりが登場して間もない1973年5月26日に、「ロンパールーム」は放送3000回を迎えた。その『3000回放送記念番組』として、「ちびっ子のど自慢」を開催した。また、同じ年(1973年)の7月には”珍客”として、「ロンパールーム」初代先生の並木翠がゲスト出演し、4代目先生のきしべみどりと対面を果たした。6代目先生のやまみどり時代の1978年の夏頃、『ロンパールーム放送15周年』を記念して、1978年8月28日 - 1978年9月1日の5日連続で、東京・芝の郵便貯金ホールでの公開録画を番組にて放送した。

放送時間編集

(1)【1963年10月7日 - 1965年10月2日】(月) - (土)11:20 - 11:50 (30分)

(2)【1965年10月4日 - 1966年4月2日】(月) - (土)11:20 -11:50 (30分)

(3)【1966年4月4日 - 1969年9月30日】(月) - (土)11:20 - 11:50 (30分)

(4)【1969年10月1日 - 1971年 12月31日】(月) - (土)11:15 - 11:45 (30分)

(5)【1972年1月4日 - 1975年9月27日】(月) - (土)11:00 - 11:30 (30分)⇔1975年9月27日放送分をもって、土曜日版は廃止された。

(6)【1975年9月29日 - 1979年3月30日】(月) - (金)11:00 - 11:30 (30分)

(7)【1979年4月2日 - 1979年9月28日】(月) - (金)11:00 - 11:25 (25分) ⇔(番組タイトルは「新・ロンパールーム」)

歴代の先 生編集

司会のお姉さんは「先生」と呼ばれていた。初代先生は並木翠(夫の海外赴任に伴い降板)、2代目先生はうつみ宮土理(出演当時の芸名は「うつみみどり」)。以降、「みどり先生」が定着し、3代目以降も「みどり」を名乗るようになる[1]。歴代の「みどり先生」の中で卒業後もタレント活動を続けたのはうつみ宮土理だけであった[1]。並木翠は番組開始前にニューヨークへ渡り、世界各国の「先生」と共に本番組制作の研修を受けた。

  • 初代:並木翠(1963年10月7日 - 1966年3月30日)
  • 2代目:うつみみどり(1966年3月31日 - 1969年3月29日)
  • 3代目:よしだみどり(よしだ みどり、本名・藤井悦子(ふじい えつこ)。旧姓・吉田悦子、1946年8月4日- )(1969年3月31日 - 1973年3月31日)最終学歴:日米会話学院卒業。
  • 4代目:きしべみどり(きしべ みどり、本名・岸辺泰子(きしべ やすこ)。1951年3月- )(1973年4月2日 - 1975年3月29日)最終学歴:上智大学英語学科卒業。
  • 5代目:いのうえみどり(いのうえ みどり、本名・井上郁子(いのうえ いくこ)。1954年4月11日- )(1975年3月31日 - 1978年3月31日)最終学歴:東京女子体育短期大学児童教育学科卒業。
  • 6代目:やま みどり(やま みどり、本名・山縣優子(やまがた ゆうこ)。1956年6月10日- )(1978年4月3日 - 1979年9月28日)最終学歴:日本女子大学家政学部児童学科(6代目先生として初登場した1978年4月当時、やま みどりは同大学の三年に在学中。)、番組終了後に卒業。

教育の時間編集

ミツバチを擬人化したキャラクター人形「にこちゃん」(良い子)「こまったちゃん」(悪い子)があり、毎週お約束が書かれていた。原作アメリカ版にも同じ人形があり、こちらは "Do Bee, Don't Bee" と呼ばれていた(それぞれDo be( - でいなさい)、Don't be( - ではいけません)と掛けている)。日本語版の呼称は初代先生の並木翠が考案した。3代目以降、にこちゃんは腹話術人形としても登場した。

遊びの時間編集

初期 - 中期には、パンチボールや倒れそうなブロック積みなどのゲーム(いずれも、番組提供社である野村トーイ製品)が行われた。中期以降、2名がパールちゃん・ニャンコ・チュー助というキャラクターを各々頭にかぶり、歌に合わせてでんぐり返しやトンネルくぐりをして、最後に出てきたところで、キャラクターをじゃんけんのように比べて勝敗を決めるコーナーがあった。

  • パールちゃんは、チュー助に負け、ニャンコに勝ち。
  • ニャンコは、パールちゃんに負け、チュー助に勝ち。
  • チュー助は、ニャンコに負け、パールちゃんに勝ち。

「ニコちゃん風船」(のちに巨大な「パンチボール」になる)、「ギャロップ木馬」(「ギャロップ」の曲にあわせて、木馬にまたがりグルグルと走り回る)、「お天気坊やとお天気みどりちゃん(紙製着せ替え)」などのおもちゃがあり、着せ替えについては同様のものが市販された。

おやつの時間、絵本の時間編集

「おやつの時間」というコーナーがあり、出演する子供にお菓子や牛乳が振舞われた。その後、「絵本の時間」として各幼児がめいめい好きな絵本を選んだ後、朗読が行われた。

鏡よ鏡よ鏡さん編集

絵本の時間に続いて番組の最後に、みどり先生が丸型で取っ手の付いた銀ラメの鏡を持ち出して「鏡よ鏡よ鏡さん、みんなに会わせて下さいな。そ~っと会わせて下さいな…」と呪文を唱え、イメージシーンが挿入された後に鏡が枠だけになり、枠からみどり先生が顔を覗かせ、視聴者の子どもの名前を呼ぶコーナーがあった。視聴者の母親からは「子供が泣いてしまうのでぜひ呼んでほしい」という意見が多かった[1]。これもアメリカ版からそのまま引き継いでいる。

テレビスタッフ編集

※以下は1977年当時放送のテロップによる。

  • 音楽:きしださとし(岸田智)
  • 作画:きむらかつひこ(木村克彦)
  • 担当:かわかみしゅうじ(川上衆司)
  • 先生:いのうえみどり
  • 企画:フリーマントル
  • 製作:日本テレビ
  • 以下は1978年当時放送のテロップによる。
  • 伴奏:さいとうしんいち
  • 絵:つぼうちなおき
  • 担当:かわかみしゅうじ(川上衆司)
  • 先生:やまみどり
  • 企画:フリーマントル
  • 製作:日本テレビ

音楽編集

テーマ曲編集

  • ロンパールーム・テーマ - 「いいやつみつけた」の題名で平吉毅州が編曲した版がある。原曲はイギリス曲"Pop Goes the Weasel"。
  • ロンパールームであそびましょう
  • パンパンパンチ
  • まげてのばして - 体操の歌。アメリカ版Romper Roomからの輸入。原曲:Bend and stretch、作詞・作曲:ナンシー・クラスター(Nancy G. Claster, アメリカ版初代「先生」)、訳詞:麻生哲朗
  • ころがれアルマジロ - 『新』時代のオープニングテーマ。作詞:藤公之介、作曲:平尾昌晃、編曲:田辺信一。
  • ロンパランポン - 『新』時代の体操の歌だが、当時流行していたディスコを使用した。作詞:藤公之介、作曲・編曲:クニ河内。「ころがれ〜」のB面に収録
  • みどりせんせいのみ - 6代目:やまみどり時代のオープニングテーマ。作詞:酒井チエ、作曲:みなみらんぼう、編曲:千代正行。

レコード編集

キングレコードおよび日本コロムビアから複数のレコード、シングルレコード(他社含む)が発売された。それぞれ番組テーマ曲といくつかのオリジナル童謡から成り立っているが、既存の童謡は収録されていない。

  • ロンパールーム KING SKM(H)2037
  • ロンパールーム KING SKM(H)2058
  • ロンパールーム パパが好き(コロムビア CW-7073)
  • ロンパールーム(コロムビア CW-7074)
  • ロンパールーム はる・なつ・あき・ふゆ
  • ゴーゴー・マーチ/おもちゃのくに/足なみそろえて一、二、三/たのしい動物園 SS(H)-284(歌:うつみみどり) - 1968年12月発売。1969年2月末現在で10万枚を突破するヒットになった[2]
  • 1・2の3のごあいさつ(作詞:藤公之介、作曲:小林亜星、編曲:筒井広志、歌:いのうえみどり、コロムビアゆりかご会)/あした天気になあれ(作詞:増永直子、作曲:渡辺岳夫、編曲:松山祐士、歌:いのうえみどり、コロムビアゆりかご会) - 1975年6月、日本コロムビアから発売。
  • 一丁目の角のうさぎさん(作詞・作曲:みなみらんぼう、編曲:チト河内、歌:いのうえみどり、コロムビアゆりかご会)/お手玉運動会(作詞・作曲:みなみらんぼう、編曲:チト河内、歌:いのうえみどり) - 1975年10月、日本コロムビアから発売。
  • パパが好き(作詞・作曲:加藤登紀子、編曲:青木 望、歌:いのうえみどり、コロムビアゆりかご会)/空のうた(作詞・作曲:加藤登紀子、編曲:青木 望、歌:いのうえみどり) - 1976年6月、日本コロムビアから発売。
  • おまつりドン(作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:いのうえみどり、コロムビアゆりかご会)/きょうは王様だ(作詞:小清水 順、作曲・編曲:広瀬量平、歌:いのうえみどり、コロムビアゆりかご会) - 1977年9月、日本コロムビアから発売。
  • みどりせんせいのみ(作詞:酒井チエ、作曲:みなみらんぼう、編曲:千代正行、歌:やまみどり、コロムビアゆりかご会)/メドレー「にこちゃん風船」「まげてのばして」「にこちゃんのうた」(歌:やまみどり) - 1978年6月、日本コロムビアから発売。
  • パパが好き(作詞「作曲:加藤登紀子、編曲:青木 望、歌:やまみどり、コロムビアゆりかご会) - 1978年6月、日本コロムビアから発売されたLP盤「ロンパールーム はる・なつ・あき・ふゆ」に収録。
  • ものまねたいそう(作詞・作曲・編曲:クニ河内、歌:やまみどり、コロムビアゆりかご会)/とんでけ!あかいたましろいたま(作詞・作曲・編曲:クニ河内、歌:やまみどり、コロムビアゆりかご会) - 1978年11月、日本コロムビアから発売。
  • ころがれアルマジロ(作詞:藤公之介、作曲:平尾昌晃、編曲:田辺信一、歌やまみどり、コロムビアゆりかご会)/ロンパランポン(作詞:藤公之介、作曲・編曲:クニ河内、歌:やまみどり、こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会) - 1979年6月、日本コロムビアから発売。

など[3]

リニューアルとその後編集

新・ロンパールーム編集

1979年4月2日から同年9月28日まで日本テレビ系列局で月曜 - 金曜 11時00分 - 11時25分に放送された。セットの大幅模様替え、出演幼児の増加、ディスコダンスを取り入れるなど大幅リニューアルを図るが半年で終了し、ロンパールームは16年の歴史に幕を下ろした。最終週にあたる1979年9月24日から9月28日までは「さよなら特集」と銘打ち、歴代のみどり先生が交互に登場したが、初代の並木翠は渡米中であったため出演していない[1]。「さよなら特集1」(1979年9月24日)では、渡米中の初代:並木翠から番組にメッセージが寄せられ、2代目:うつみみどり(うつみ宮土理)が登場。「さよなら特集2」(1979年9月25日)では、3代目:よしだみどりが登場。「さよなら特集3」(1979年9月26日)では、4代目:きしべみどりが登場。「さよなら特集4」(1979年9月27日)では、5代目:いのうえみどりが登場した。最終回となる「さよなら特集5」(1979年9月28日)」では、50人の子供たちと母親に出てもらい、『お別れディスコ大会』を開催した。

番組終了時の記事では、視聴率自体は良かったものの、局内ではマンネリ化の意見が強く、長い放送期間の間にスポンサーが付きにくくなって提供社が無くなったこと[4]、著作権料として毎週1000ドル近くをフリーマントルへ支払っていた件などが番組終了の理由として書かれている[1]

星児と遊ぼうロンパールーム編集

1980年4月から同年9月までテレビ朝日系列で土曜 7時00分 - 7時15分に放送された。司会を務めたのは田中星児で、日本テレビ版と同じく野村トーイ提供であった。

キャラクターは恐竜をイメージしたものに変わり、原型での「魔法の鏡」は存在しなかった。内容は独自の形式であり、原型とは大きく異なっていた。また、ネット局もテレビ朝日系とあって、ごくわずかの局でしか放送されなかった。そして、1980年9月に番組は終了し、『ロンパールームシリーズ』は完全に幕を閉じた。

番組にまつわる都市伝説編集

この番組には有名な都市伝説がある。先生からゲームとして「『』で始まるものの名前を答えて下さい」と言われた幼児の1人が、「きんたま」と口にして、先生が「もっときれいなもので答えてね」と言ったところ、今度は「きれいなきんたま」と答えた。そこで番組は「しばらくお待ち下さい」と放送が中断し、再開されるとその幼児が座っていた場所にはクマのぬいぐるみが置かれていて、この幼児はいなくなっていた、というものである。生放送中の出来事とされる[5]

いつ頃から流布している話なのかは正確には不明だが、1982年には作家の落合恵子が友人から聞いた「あるテレビ局の子ども番組での出来事」として、「きれいなきんたま」と発言したという部分までを雑誌で紹介している[6]。また、同年のラジオ番組「アニメトピア」において三ツ矢雄二が「パンダのキャン玉(金玉)事件」として話題にしている。1990年には武蔵野音楽大学講師の行方均がある学生からこの話を聞いたとして都市伝説の翻訳本に記している。どちらも『ロンパールーム』と断定しておらず、落合は「あるテレビ局の子ども番組」[6]、行方は「あるテレビの公開子供番組――『ロンパールーム』という説が多い」としている[5]

2002年12月29日放送の『さんまのSUPERからくりTV』(TBS)で、「キンタマ」という単語を連発する司会の明石家さんまに、2代目先生のうつみ宮土理が「そういう子がロンパールームにいたのよ。言うことを聞かなくてうるさいから出て行ってもらったの」と発言した。それに対してさんまは「で、コマーシャルが終わったらその子の席にぬいぐるみが置かれていたんでしょ」と聞き返し、うつみは「そう」と肯定した。

2005年4月28日放送の『ビーバップ!ハイヒール』(朝日放送関西ローカル)も検証コーナーとして特集を組み、うつみにこの件について確認したところ、うつみが実際に起きた出来事であると証言する模様が流れた。この時にうつみは、「自分が番組を担当していた時に実際に起こった」、「収録はVTRだったが、当時はVTR編集には時間もお金も掛かり、ドラマなどを別にすると編集をしないで放送するいわゆる「撮って出し」が普通であり、この時も多少問題にはなったのだが、結局、そのまま放送することになった」、「当時は、VTRは非常に高価だったため、VTRの使い回しが普通だったので、その回のVTRはおそらく現存しないはず」と証言した。非常に時間を取った詳細な証言であったものの、確実な裏付けとなる媒体は現存せず、その真偽はいまだ不明である。

また、2005年9月21日放送の『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)の「テレフォンショッキング(ゲストは山崎邦正(現・月亭方正))にて、ある観客が「番組が年内終了するのか?[7]」とタモリに繰り返し質問した後ことからスタッフにつまみ出され、CMの後、その席には実際にクマのぬいぐるみが置かれていた(後に、その観客には了承を得た上で退席してもらい、スタッフが急遽ぬいぐるみを用意したと説明された)。番組が違うとはいえ、都市伝説が現実化した例と言える。これ以外に、漫画『かってに改蔵』(単行本11巻より)や『GTO』(週刊少年マガジン09年28号)・『喧嘩商売』(単行本16巻より)でも生放送の番組で問題発言をしたキャラが、番組途中でぬいぐるみと入れ替わるというパロディが描かれたことがある。

また、1987年のミスタードーナツのCMでは、所ジョージの「(販促品の)お弁当箱欲しい人」という子供たちへの問いかけに対して、1人だけ「要らん」と絶叫した子供がスタッフにつまみ出され(その間、「このまましばらくお待ちください」というフリップが掲げられ、その後ろで一部始終が見える)、代わりに信楽焼が置かれたうえで再度問い掛けなおすという、この事件とよく似たストーリーが作られたことがある(ただし、この件にヒントを得たものかどうかは不明)。

なお、番組に出演中の幼児が暴言や卑猥なセリフを言ってしまったために番組が中断されてしまうという都市伝説は、日本のみならず世界各地で知られており、例えばジャン・ハロルド・ブルンヴァンは「道化師ボーゾー英語版」や「アンクル・ハウディ」といった番組の例をあげている[8]

その他編集

鳥山明のSFコメディー漫画「Dr.スランプ」で、この番組のオマージュとみられる「山吹みどり先生」や「ニコチャン大王」「コマッタチャン」といった名前のキャラクターやセリフが登場した。

ネット局編集

※系列は当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 製作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1970年4月から
1975年3月までは日本テレビ系列単独加盟局
岩手県 テレビ岩手 1969年12月開局から
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列
日本テレビ系列
1970年9月まで
ミヤギテレビ 日本テレビ系列 1970年10月開局から
1975年9月まではNETテレビ(現:テレビ朝日)系列とのクロスネット局
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島テレビ TBS系列
日本テレビ系列
1971年4月 - 1971年9月、月曜 - 金曜 11:15 - 11:45[9]
福島中央テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1977年4月 - 1977年9月、月曜 - 木曜 11:00 - 11:30[10]
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1968年12月開局から
長野県 信越放送 TBS系列 一時期のみ
富山県 北日本放送 日本テレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列 一時期のみ
福井県 福井放送 日本テレビ系列
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列
日本テレビ系列
現・静岡朝日テレビ
1978年7月開局から1979年6月まで
静岡第一テレビ 日本テレビ系列 1979年7月開局から
中京広域圏 名古屋放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1973年3月まで
中京テレビ 日本テレビ系列 1973年4月から
変則ネット解消に伴う移行
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県

鳥取県・島根県
日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1972年9月21日までの放送エリアは鳥取県のみ
1972年9月22日から相互乗り入れに伴い島根県でも放送
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 1975年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
番組後期は自社制作の生放送ワイドショー『中区中町6の6・ひろしまジョッキー』[11]を放送のため
時差ネット[12]。『新』は放送しなかった[13]
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1978年9月までは日本テレビ系列単独加盟局
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県
→香川県・岡山県
西日本放送 途中打ち切り
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 テレビ西日本 1964年9月まで
RKB毎日放送 TBS系列 1964年10月から1969年3月まで
テレビ西日本のフジテレビ系へのネットチェンジに伴う移行
福岡放送 日本テレビ系列 1969年4月開局から
長崎県 長崎放送 TBS系列 1969年3月まで
テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
1969年4月開局から
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
大分県 テレビ大分 1970年4月開局から
宮崎県 宮崎放送 TBS系列
鹿児島県 南日本放送 1969年3月まで
鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1969年4月開局から
沖縄県 琉球放送 TBS系列

諸外国版編集

アメリカでの大元のオリジナル版はボルチモア版である。その他ニューヨークシカゴロサンゼルスなどのローカル版があった。

外国版歴代の先生編集

英語圏での先生は、一般的な幼稚園の先生に倣って“Miss Nancy”や“Miss Sally”という具合に呼ばれた。

アメリカ編集

  • Nancy Claster (1953年 - 1963年、全国)
  • Beverly Marston-Braun (1962年 - 1967年、ローカル)
  • Sally Claster Gelbard (1963年 - 1981年、全国、ナンシー先生の実の妹)
  • Sharon Jeffery (1987年 - 1992年、ローカル)
  • Mary Ann King (1966年 - 1976年、ロサンゼルス)
  • Molly McCloskey (1981年 - 1991年、全国)
  • Socorro Serrano (1976年 - 1990年、ロサンゼルス)

その他の国編集

  • Fran Pappert (カナダ)
  • Betty Thompson (カナダ)
  • Miss Patricia (オーストラリア)
  • Miss Helena (オーストラリア)
  • Miss Megan (オーストラリア)
  • Miss Kim (オーストラリア、番組名を“Big Dog and Friends”に改題)
  • Rosaura Andreu (プエルトリコ)
  • Marie Chiu (香港)

この他にイギリス全国版と北アイルランドのローカル版がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『朝日新聞』1979年9月12日付夕刊、9面。
  2. ^ 「うつみ・みどりの童謡第二弾発売」『読売新聞』1969年4月15日付夕刊、12面。
  3. ^ 参考:ロンパールーム
  4. ^ このため、広島テレビのように打ち切った系列局もあった。
  5. ^ a b 行方均「訳者あとがき」『メキシコから来たペット』ジャン・ハロルド・ブルンヴァン著、新宿書房、1991年、pp.220-221
  6. ^ a b 落合恵子「落合恵子のページ 『きれいな、キ』」『噂の真相』1982年5月号、p.107
  7. ^ その後『いいとも』は2014年3月31日まで約8年半続いた。
  8. ^ ハロルド・ブルンヴァン『メキシコから来たペット』新宿書房、1991年、p.193以降
  9. ^ 『福島民報』1971年4月5日 - 1971年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『福島民報』1977年4月4日 - 1977年9月29日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 「中区中町6の6」は2018年に移転するまでの広島テレビの本社所在地の番地。
  12. ^ 中国新聞、1978年10月6日(金曜日)24ページ、テレビ・ラジオ欄。この時点では平日8:30から放送(先行か遅れか不明。『ひろしまジョッキー』は10:45 - 11:30に放送)。
  13. ^ 読売新聞、1979年8月1日(水曜日)24ページ、テレビ・ラジオ欄。この時点では未放送(『ひろしまジョッキー』は10:30 - 11:25に放送)。

外部リンク編集