メインメニューを開く

来歴編集

カリフォルニア州ハリウッド生まれ。幼いころより音楽に親しみ、初めて憶えた楽器はハーモニカであった。高校時代にはマーチングバンドでフルートを担当するなどした。ギターは11歳ごろに憶え、更にサクソフォンシタール尺八なども演奏していた。学生時代には後にリトル・フィートのメンバーとなるポール・バレアと共にギターを演奏していた。

ジョージは1965年にザ・ファクトリーというバンドを結成するが、シングル一枚を発表しただけで解散している。次にザ・スタンデルズ(The Standells)に2ヶ月ほど加入した後、1968年から1969年にかけてフランク・ザッパ率いる マザーズ・オブ・インヴェンションにギタリストとして加入し、アルバム『いたち野郎』などの演奏で参加した。その後彼はバンドを脱退しているが、これについてジョージは「ドラッグについて歌った曲(1stと2nd収録の「ウィリン」)を書いたため、それを嫌がったザッパにより解雇された」と1975年に行われたリトル・フィートのライブで語っている。[1]

マザーズ・オブ・インヴェンション脱退後ジョージはバンドからメンバーを引き抜いてリトル・フィートを結成する。バンドではボーカル、リードギターのほかスライドギターも演奏している(ただ、1stアルバムのレコーディング時はライ・クーダーが演奏していたとも言われる)[2]。バンド外ではヴァン・ダイク・パークスジョン・ケイルハリー・ニルソンミーターズはっぴいえんど矢野顕子などのセッションに参加している。また、音楽プロデューサーとしても活動し、グレイトフル・デッドの1978年のアルバム『シェイクダウン・ストリート』やヴァレリー・カーターなどをプロデュースしている。

ジョージは1970年代後半頃から薬物中毒などの影響で体調が悪化し、バンド内の主導権をめぐる相違もあって活動も滞りがちになる。1978年に集大成的なライブ盤『ウェイティング・フォー・コロンブス』を発表した後リトル・フィートを解散してソロ活動に入る。1979年には生涯唯一となったソロアルバム『特別料理(イート・イット・ヒア)』を発表するが、同アルバムツアー中の6月15日、ヴァージニア州アーリントンのホテル滞在中に倒れ、6月29日にドラッグのオーバードーズによる心不全で死去した[3]。34歳没。遺灰はサンフランシスコにて彼の使用していた釣り舟から太平洋に撒かれた。

使用機材編集


日本のミュージシャンでは鈴木茂桑田佳祐などがジョージの奏法に影響を受けている。

外部リンク編集

引用編集

  1. ^ ザッパのアンチ・ドラッグは有名だが、この曲はトラック・ドライバーの幻影に付いて歌った曲であり、ローウェルの才能を高く評価しつつもマザーズで演られてはシャレにならないと、自らのバンド結成を勧めたとの説もある。――― 出典:レコード・コレクターズ 1995年10月号 P24 雑誌 19637-10
  2. ^ ローウェルが模型飛行機で指を怪我した間、同じバーバンクスタジオに居たライに「ウィリン」と「フォーティ・フォー・ブルース/ハウ・メニー・モア・イヤーズ 」を弾いてもらった。――― 出典:レコード・コレクターズ 1995年10月号 P29 雑誌 19637-10
  3. ^ Lowe-Carter rock wedding[リンク切れ] Kurt Loder. Anchorage Daily News - Sep 14, 1979.
  4. ^ 出典:リットーミュージック LOST and FOUND vol.1 P23 - 25 ISBN 4-8456-0347-0