ローカルアイドル

地域限定で活動するアイドル

ローカルアイドルとは、地元[† 1]を本拠地として活動するアイドルのことである。「ご当地アイドル」「地方アイドル」「ロコドル」などとも呼ばれる[2]

ローカルアイドル
基本情報
職種アイドル
業種芸能人
詳細情報
適性能力ダンス
就業分野芸能界
関連職業歌手タレント
ローカルアイドル(ご当地アイドル)
様式的起源 ポピュラー音楽
J-POP
ユーロビート
ロック
メタル
ヒップホップ
ラップロック
テクノポップ
演歌
歌謡曲
民謡
関連項目
地下アイドル
アイドル
J-POP
テンプレートを表示

概要編集

ローカルアイドルは、特定地域に拠点を置き、その地域に根ざした活動を行うアイドルやアイドルグループの総称をいう[3]。全国各地のまちおこしは特産品が主流であったが、それがメディア文化に変わり、一つの方策としてアイドル路線が浮上した[4]。2000年代半ば頃からブームとなり、日本全国で誕生した[3]。運営主体は芸能事務所のほか、芸能に関連しない民間企業商工会議所青年部などの公共的団体や公共団体NPOボランティアの団体などの場合がある[5]

その結成・活動の目的は主に「地域の活性化」が挙げられる[6]。地域を活性化させ、多くの人をその地域に呼び、魅力を訴えることがローカルアイドルの基本である[6]。地域を拠点に活動していくため、地元のイベントなどに積極的に出演し、地域色を押し出すことでメジャーアイドルに対抗する[6]。中央のアイドルにはないフットワークの軽さで、地域と密な関係を構築し、全国へと人気を拡大していくというのがローカルアイドルのスタイルである[7]

地方を拠点にしているため、ファンが拡大していくには限界があるが、実際には拠点都市の規模を超えた人気を得ているグループは多い[8]。その背景には動画共有サイトやツイッターフェイスブックなどによる情報配信がある[8]。中には全国区レベルの認知度を誇るグループも存在する[9]。グループのメンバーが、大手事務所に移籍して活躍するというパターンも多くなっている[10]

名称編集

類似名称の一覧
名称 別称・略称 備考
ローカルアイドル[3] ロコドル[3]
地域限定アイドル[3] 地域ドル[3]・地方限定アイドル
地域密着型アイドル 地域密着アイドル
地方アイドル 地方発アイドル
ご当地アイドル[3]
地元アイドル[3] ジモドル[3] 2013年4月より放送されたNHK連続テレビ小説あまちゃん』で使用された呼称。
エリア・アイドル ホリプロ主催の「U.M.U AWARD」で使用していた呼称[11]
まちのアイドル[12] まちドル[12] さくらHR(愛知県岡崎市)が提唱した呼称[13]

音楽ジャンルとしてのご当地アイドル編集

  • 青森県ご当地アイドルりんご娘『JONKARA』は津軽弁や津軽じょんから節をアレンジで人気[14]
  • 福岡県ご当地アイドルばってん少女隊『OiSa』は博多山笠の掛け声を取り入れ人気[15]
  • 沖縄県ご当地アイドルChuning Candy『ダイナミック琉球』は沖縄民謡とJ-POPが融合した沖縄の名曲のカバー[16]

等ご当地アイドル達は日本各地の民謡等を楽曲に取り入れている事もある。

傾向編集

ローカルアイドルの主な収入源は、ライブのチケット代、CDの売り上げ、イベント出演料などである[17]。中には、ギャラ無しで活動するグループもある[18]

ジャーナリストの竹内一晴によるとファン層は概ね男性が9割を占め、30-40歳代といった団塊ジュニア世代付近が8割をしめる。一方で20歳代未満は少ないとされる[19]

経済学者田中秀臣は、物語消費の世界ではアイドルの成長していく姿がファンの喜びであり、これは日本人男性の伝統的な傾向で、紫式部の『源氏物語』にもその典型が見られ、『源氏物語』では主人公の中年男性が若い少女を理想の女性に育てていく喜びが記述されているとしている[20]。田中は、日本のアイドルはもともとヨーロッパのアイドルの模倣で始まったものであり、独自に進化してきたものであるとしている[21]。田中は、ヨーロッパにも未成熟な少女たちの「成長物語」を楽しむ風土があり、その点が日本と共通しているとしている[21]。ちなみに原宿系アイドル、「kawaii」ファッションのファンの中心は十代の若い女性であり、「成長物語」はないとしている[22]

ライターの村山義典は、東京のアイドル業界はCDの売り上げやライブの動員数などの数字を目標にしていたため、次第にファンは疲弊してきた[23]。ローカルアイドルは地域振興という軸があるので、数字競争ではなく挑戦的な独自路線を進めると述べている[23]

西日本新聞は2019年現在、愛媛県の女性アイドルの自殺の影響から、ご当地アイドル志望者が急減していると報じている[24]

東京拠点のアイドルを除く全国46道府県のアイドル
年月日 組数 備考
2012年 282組[25]
2015年1月 約450組[26] 東京拠点のアイドルは500組[26]
2015年10月12日 616組[27]
2015年末 678組[28]
2017年1月1日 841組[29]
2017年6月24日 941組[25]
2018年 1421組[30]
2019年6月17日 1638組[31]
2019年12月16日 1881組[32]
2020年7月9日 1997組[33]
2020年12月21日 2088組[34]
2021年7月1日 2132組[35]
2021年12月 2191組[36]

殿堂入り編集

日本ご当地アイドル活性協会が、結成10年もしくはオリコンウィークリー1万枚セールスの基準のいずれかを満たすと「ご当地アイドル殿堂入り」に認定する(殿堂入りしたご当地アイドルは、2021年現在55組)。

経済との関係編集

田中秀臣は、若者の地方回帰による地方アイドルの出現は「デフレカルチャーの構造化」を背景にしたものだとしている[37]

市場規模編集

田中秀臣は、人口規模とそれが創出する市場という視点で見れば、30万人では足りない印象であり、福岡や仙台など100万人クラスの都市にならないと、ローカルアイドルが十分な活動をその地域の需要だけで行うのは難しい状況であるとしている[38]

ローカルアイドルの場合、活動の基盤となるファン数が少ないため、一人ひとりのファンの需要動向に市場全体が大きく左右されることになり、ファンの少数が離れるだけで市場全体がなくなる危険性を孕んでいる[39]

アイドル1人に集中投資するのではなく、多人数に分散投資して事業リスクを下げている[40]

田中秀臣は、アイドル同士の攻防は必ずしもゼロサムゲームではなく、ファン層によって棲み分けたり、相乗効果で市場を大きく拡大していったりすることもありえるとしている[41]

逆ストロー効果編集

田中秀臣は、地域経済学では、地方の中核都市が新幹線・高速道路で東京・大阪など大都市と結ばれると、便利になるのと裏腹に人が首都圏に移動してしまうというマイナスの経済効果が生まれることが知られているが(ストロー効果)、アイドル市場においては、首都圏からファンを吸い寄せる「逆ストロー効果」という逆の現象が起きる可能性があるとしている[42]

社会学者仲川秀樹は、地方発というのことは、中央に目を向ける地元民に認知される機会が少なく、マイナーという見地から批判の対象にされやすいが、逆にポピュラーカルチャーの動きが加速されているのも事実であるとしている[43]。仲川は、中央の人々が周辺としての地方に目を向け、そのアイドルを選択することも多いとして、中央から地方を目指している人も増えているとしている[44]

田中秀臣は、ご当地アイドルは、それほどの雇用を生み出せないし、日本全体で考えたらゼロサムでしかないとしている[45]

各地域のグループ編集

北海道編集

東北地方編集

関東地方編集

中部地方編集

近畿地方編集

中国地方編集

四国地方編集

九州地方編集

関連作品編集

ローカルアイドルを描いた作品には以下のものがある。

メディア 作品名 ユニット・
キャラクター名
活動拠点としている地域 公開年
漫画 幕張サボテンキャンパス ピーナッツ娘。 千葉県千葉市 1996年
漫画
テレビアニメ
かんなぎ ざんげちゃん[46] 宮城県[† 2] 2006年
漫画 つぶらら つぶらら (架空)富士岡県静浜市 2006年
テレビドラマ スキップ!〜商店街が生んだアイドル〜 SKIP[† 3] 山形県[† 4] 2009年
漫画
テレビアニメ
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 流川ガールズ (架空)流川市(千葉県流山市 2011年
グラスキュート (架空)信能町
AWA2GiRLS (架空)徳波市
漫画 村ドル[47] 芦原あおい[48] (架空)北賀茂郡玉川村 2012年
杉山紅子[48] (架空)汐田村
テレビドラマ あまちゃん 潮騒のメモリーズ (架空)岩手県北三陸市 2013年
仙台牛たんガールズ 宮城県仙台市
ウェブコミック 地元がステージ!
〜ご当地アイドル♪アンアイリスの活動日誌〜
[49]
アンアイリス 三重県鈴鹿市
映画 あすなろ参上![50] あすなろA 愛媛県松山市
漫画 ミリオンドール[51] イトリオ 福岡県糸島市
テレビアニメ
アニメ映画
Wake Up, Girls! Wake Up, Girls! 宮城県仙台市 2014年
男鹿なまはげーず 秋田県
テレビアニメ フランチェスカ フランチェスカ[52] 北海道
ウェブコミック まろに☆えーる[53][54] まろに☆えーる 栃木県
漫画 ツブ★ドル[55] ツブ★ドル 神奈川県相模原市
小説 農業ラヴストーリー[56] あいたいガールズ 愛媛県松山市 2015年
映画 みんな好いとうと♪[57] LinQ[† 5] 福岡県 2016年
アダルトゲーム なないろ*クリップ ~最後のステージ~[58] なないろ*クリップ (架空)東京都星見ヶ島
テレビアニメ ゾンビランドサガ[59] フランシュシュ 佐賀県 2018年

事件・トラブル編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 地方のほか、アキバ系アイドルライブアイドルなど、東京の秋葉原ライブハウスがある地域に密着して活動する関東ローカルのアイドルも含まれる場合もある[1]
  2. ^ アニメでは仙台都市圏ロケーション・ハンティングをしており、アイドル活動の場面では仙台市都心部各所を背景として用いている。
  3. ^ 実在した「SHIP」がモデル。
  4. ^ 架空の「さくらんぼ商店街」が舞台。どの都市に所在するかは設定なし。
  5. ^ メンバーが本人役で出演。

出典編集

  1. ^ 東京都のご当地アイドル”. Pigooポータル. 株式会社つくばテレビ. 2015年9月25日閲覧。
  2. ^ ローカルアイドル文化の隆盛(前編)」音楽ナタリー2021年2月4日
  3. ^ a b c d e f g h i ご当地アイドル(ローカルアイドル)とは」生活用語辞典
  4. ^ 仲川秀樹 『メディア文化の街とアイドル-酒田中町商店街「グリーン・ハウス」「SHIP」から中心市街地活性化へ』 学陽書房、2005年、253頁。
  5. ^ 吉羽侑稀 (2013-03-25). インターミディアリーアイドル -地域の媒介者としてのアイドル- (Report). 『地域文化政策研究』第8号. 2012年度高崎経済大学地域政策学部友岡研究室. p. 224 - 225. http://www.wh2.fiberbit.net/ktomooka/takasaki/TomookaSeminar2012Report.pdf 2015年9月25日閲覧。. 
  6. ^ a b c 『ローカルアイドル パーフェクトガイド (イカロス・ムック) 』 イカロス出版、2013年、6頁。
  7. ^ 『ローカルアイドル パーフェクトガイド (イカロス・ムック) 』 イカロス出版、2013年、7頁。
  8. ^ a b 『ローカルアイドル パーフェクトガイド (イカロス・ムック) 』 イカロス出版、2013年、41頁。
  9. ^ 地域の数だけアイドルあり! ご当地アイドル戦国時代」at home VOX(アットホームボックス)2015年6月3日
  10. ^ ローカルアイドル文化の隆盛(後編)」音楽ナタリー2021年2月15日
  11. ^ ホリプロオフィシャルサイト -エリア・アイドルNo.1決定戦「U.M.U AWARD 2010」-
  12. ^ a b 徳川家康公顕彰400年記念プレ事業「第1回家康公検定」開催PRイベント 『GO!おかざきジャンボリー』 徳川ワンダフル♪♪♪♪2013 開催のお知らせ (PDF) (岡崎青年会議所 2013年7月12日)
  13. ^ さくらHRとは・・・(さくらHR)
  14. ^ 青森「りんご娘」が結成20年ご当地アイドル、津軽弁で人気」東京新聞2020年4月29日
  15. ^ ばってん少女隊、サウンドの変化がもたらす新たな魅力「OiSa」から「YOIMIYA」まで、ダンスチューン3部作を徹底分析」RealSound2022年3月18日
  16. ^ チュニキャン、沖縄の名曲「ダイナミック琉球」カバー配信開始」ORICON MUSIC 2020年3月22日
  17. ^ 『ローカルアイドル パーフェクトガイド (イカロス・ムック) 』 イカロス出版、2013年、83頁。
  18. ^ アイドルの経済効果とファン心理 マジメに考えた」NIKKEI STYLE2017年1月28日
  19. ^ ご当地アイドル」疾走、発信力に行政も注目”. 東洋経済オンライン. p. 2 (2015年2月1日). 2016年4月30日閲覧。
  20. ^ 田中秀臣 『ご当地アイドルの経済学』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2016年、125頁。
  21. ^ a b 田中秀臣 『ご当地アイドルの経済学』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2016年、126頁。
  22. ^ 田中秀臣 『ご当地アイドルの経済学』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2016年、127頁。
  23. ^ a b 昭文社旅行ガイドブック編集部編著 『まっぷる ご当地アイドル (まっぷるマガジン)』 昭文社、2015年、109頁。
  24. ^ 志望者急減の「ご当地アイドル」 健全な受け皿づくりへ事務所連携 ブラック監視、育成法交換」西日本新聞me2019年1月10日
  25. ^ a b 志和浩司 (2017年6月26日). “ご当地アイドル、なんと1000組 LCCなどでブーム再燃 仕掛け人の仕事とは?”. THE PAGE(ザ・ページ). 2017年6月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月7日閲覧。
  26. ^ a b ご当地アイドル」疾走、発信力に行政も注目”. 東洋経済オンライン. p. 4 (2015年2月1日). 2022年2月7日閲覧。
  27. ^ 鈴木敦子 (2015年10月26日). “人模様:地方アイドルで地域活性化 金子正男さん”. 毎日新聞のニュース・情報サイト. 毎日新聞社. 2016年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月7日閲覧。
  28. ^ 薬局・農業・書道…2016年注目ご当地アイドルは個性派”. 日本経済新聞 (2016年1月1日). 2022年2月7日閲覧。
  29. ^ HITS ONE powered by Billboard JAPAN 2017年1月11日番組後記”. HITS ONE powered by Billboard JAPAN 番組の放送後記ブログ (2017年1月11日). 2017年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月7日閲覧。
  30. ^ 日本ご当地アイドル活性協会の『2018年下半期アイドルセレクト10』が発表!」ミニシアター通信2018年12月18日
  31. ^ 『2019年上半期(第12回)未発掘アイドルセレクト10』 発表!」ロピロピ2019年6月19日
  32. ^ 日本ご当地アイドル活性協会、<2019年下半期 未発掘アイドルセレクト10>発表」Pop'n'Roll(ポップンロール)2019年12月16日
  33. ^ 日本ご当地アイドル活性協会、<2020年上半期 未発掘アイドルセレクト10>発表」Pop'n'Roll(ポップンロール)2020年7月9日
  34. ^ 『2020年下半期(第15回)未発掘アイドルセレクト10』 『2020年ご当地アイドル肩書きランキングBEST20』発表」Myuu♪2020年12月22日
  35. ^ 日本ご当地アイドル活性協会、2021年上半期未発掘アイドルセレクト10を発表」Pop'n'Roll(ポップンロール)2021年7月3日
  36. ^ りんご娘、『キングオブご当地アイドル 2021』に決定!」Pop'n'Roll(ポップンロール)2021年12月17日
  37. ^ 田中秀臣『AKB48の経済学』p166-178
  38. ^ 田中秀臣 『ご当地アイドルの経済学』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2016年、55-56頁。
  39. ^ 田中秀臣 『ご当地アイドルの経済学』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2016年、76頁。
  40. ^ 日本経済新聞社編著 『思わず誰かに話したくなる経済の不思議-エコノ探偵団』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、311頁。
  41. ^ 田中秀臣 『ご当地アイドルの経済学』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2016年、85頁。
  42. ^ 田中秀臣 『ご当地アイドルの経済学』 イースト・プレス〈イースト新書〉、2016年、68頁。
  43. ^ 仲川秀樹 『メディア文化の街とアイドル-酒田中町商店街「グリーン・ハウス」「SHIP」から中心市街地活性化へ』 学陽書房、2005年、251頁
  44. ^ 仲川秀樹 『メディア文化の街とアイドル-酒田中町商店街「グリーン・ハウス」「SHIP」から中心市街地活性化へ』 学陽書房、2005年、251-252頁
  45. ^ 高橋洋一・田中秀臣 『日本経済再起動』 かや書房、2020年、211頁。
  46. ^ more games、大ヒットコミック「かんなぎ」をゲーム化 『かんなぎ forU』を「GREE Platform」にて配信開始 (PDF)more games 2011年4月8日)
  47. ^ 村ドル佐野妙作、芳文社まんがタイムファミリー」)
  48. ^ a b 作品紹介 村ドル(芳文社)
  49. ^ 地元がステージ!〜ご当地アイドル♪アンアイリスの活動日誌〜しまだわかば作、コミック・ダンガン掲載)
  50. ^ あすなろ参上!(公式Facebook)
  51. ^ ミリオンドールGANMA!
  52. ^ 北海道のアンデッド系ご当地アイドル『フランチェスカ』のアニメがいよいよ放送開始!(2014年7月3日)
  53. ^ まろに☆えーるとちぎテレビ
  54. ^ 街なかにアニメファン集合 6日まで宇都宮でフェス下野新聞 2014年5月6日)
  55. ^ アニメ・ツブ★ドル公式サイト(ツブ★ドル制作委員会)
  56. ^ 愛の葉ガールズをモチーフにした青春小説誕生!!(2015年5月2日)
  57. ^ 映画公式サイト
  58. ^ メーカー公式サイトディーオー(D.O.))(年齢認証あり)
  59. ^ TVアニメ「ゾンビランドサガ」公式サイト”. 2018年12月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集