ニュース

現在の出来事に関する厳選された情報の伝達
ローカルニュースから転送)

ニュース: news[1])とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治事件事故スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。

Al Jazeera English英語版アルジャジーラの英語チャンネル)のニュースルーム

媒体 編集

新聞テレビラジオ電光掲示板ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。

1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。

市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬にアメリカ国内の1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビをニュース情報源としているしたのは回答者の70%であり、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。2007年ではテレビの割合は68%、ウェブの割合は34%であり、急速にウェブの割合が増えている。[2]

歴史 編集

  • アクタ・ディウルナ - ローマ時代に壁に貼られることでニュースを伝えた最古の新聞。
  • 瓦版(読売、絵草紙、一枚摺とも) - 江戸時代に民間で出回った情報媒体。1684年(貞享1年)に読売禁止令が出される[3][4]
  • Canards、オカジオネル(occasionnel)、éphémères - フランスで16-17世紀に出された出版物。一枚刷りから、冊子の形で販売された[5][6]。1701年に書物監督局が設立され、特権許可状フランス語版(特認、出版特認などとも訳される)がない出版社以外の出版が禁じられた。そのため、パリ以外の地方で海賊版などの違法書籍と共に出版されることとなった[7]
  • イギリスでは、王室などへの誹謗中傷が問題になり、17世紀の星室庁によって報道出版社は取り締まり対象となり、許可のない出版が行えなくなった[8][9]


語源 編集

英語の綴りは「news」であり、「ニューズ(英国)」「ヌーズ(北米)」と読む。これは「new」を複数形にしたものであり、「(複数の)新しいこと」という意味の、中世ラテン語フランス語の単語から英訳された[10][11]

この語の語源が方角をあらわす「北」「東」「西」「南」のそれぞれを意味する英語「North」「East」「West」「South」の頭文字だという意味だといわれることがあるが、これは民間語源で間違いである。

脚注 編集

  1. ^   聞く[ヘルプ/ファイル]
  2. ^ Internet Overtakes Newspapers as News Outlet
  3. ^ 朝倉亀三『本邦新聞史』雅俗文庫〈附録: 日本新聞紙雑誌年表〉、1911年。doi:10.11501/897435全国書誌番号:41016795https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/897435 
  4. ^ 鎌田大資「日本出版統制史再考 : 序説・江戸時代初期享保以前」『金城学院大学論集. 社会科学編』第12巻第1号、金城学院大学、2015年9月、54-70頁、CRID 1050001202833440896ISSN 1880036X 
  5. ^ Fabula, Équipe de recherche. “Canards, occasionnels, éphémères : information et infralittérature en France à l’aube des temps modernes (Rouen)” (フランス語). https://www.fabula.org. 2022年10月23日閲覧。
  6. ^ Hirate, Tomohiko (2009年12月13日). “フランソワ1世治下のパリのブルジョワ日記(前) : 「パヴィアの敗戦」までのニュースあるいは「噂」”. Studies in European and American Culture. pp. 101–116. 2022年10月23日閲覧。
  7. ^ 本の歴史 (「知の再発見」双書) 著:Bruno Blasselle 訳:木村 恵一、監修:荒俣 宏
  8. ^ Cheyney, Edward P. (1913-07). “The Court of Star Chamber”. The American Historical Review 18 (4): 727. doi:10.2307/1834768. https://www.jstor.org/stable/10.2307/1834768?origin=crossref. 
  9. ^ コピーライトの史的展開(3) 17世紀イギリスにおける検閲制度とコピーライト”. 法政大学. 白田秀彰. 2022年10月23日閲覧。
  10. ^ Definition of news in English:”. Oxford dictionaries. Oxford University Press (2014年). 2014年3月14日閲覧。
  11. ^ news”. Online Etymology Dictionary. Douglas Harper (2001-2014). 2014年3月14日閲覧。

関連項目 編集