メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • イライアス
  • アライアス

ジェフリー・シューロJeffrey Logan Sciullo1987年11月22日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーミュージシャンペンシルベニア州ピッツバーグ出身[1]。現在はイライアスElias)のリングネームWWEに所属。

イライアス
Elias concert Raw April 2018 crop.jpg
プロフィール
リングネーム イライアス
イライアス・サムソン
エル・バガブンド
ザ・ストラグラー
エル・バガボンド
イライアス・サンプソン
ローガン・シューロ
本名 ジェフリー・ローガン・シューロ
ニックネーム ドリフター
キング・オブ・ソング・スタイル
ヘビーメタル・ジーザス
フロントマン
ワイルドチャイルド
身長 185cm
体重 101kg
誕生日 (1987-11-22) 1987年11月22日(32歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Pennsylvania.svg ペンシルベニア州
Flag of Pittsburgh, Pennsylvania.svg ピッツバーグ
所属 WWE
トレーナー シャーリー・ドゥー
スーパー・ヘンタイ
デビュー 2008年6月7日
テンプレートを表示

来歴編集

インディー団体編集

2008年、地元であるペンシルベニア州を拠点とする団体であるIWC(International Wrestling Cartel)のトレーニングセンターであるICWA(Iron City Wrestling Academy)にてプロレスラーになる為、トレーニングを開始。6月7日、IWCのイベントであるSummer Sizzler 2008にてローガン・シューロLogan Shulo)のリングネームでCJセンセーションとのシングルマッチでプロレスラーデビューを果たすが敗戦した。8月2日にはCJセンセーションと再戦して勝利し、プロレスラーとしてのキャリア初の勝利を飾った。

2009年、中堅としてのポジションに定着するもののタイトル戦線に乗り込めないといった状態が続いたが2011年にIWCスーパーインディー王座争奪トーナメントに出場。12月10日の決勝まで進出して王座こそ奪取できなかったもののトップへの足掛かりを掴む[2]

2012年3月10日、IWC世界ヘビー級王座を保持するジミー・デマルコに挑戦して勝利し、キャリア初の王座を戴冠[3]。12月15日、サミ・キャラハンが保持するIWCスーパーインディー王座と自身のIWC世界ヘビー級王座を賭けてダブルタイトルマッチを行い勝利。二冠王者になるが直後にジョン・マチェスニーとのIWC世界ヘビー級王座戦を組まれてしまい敗戦。ベルトを奪取された[4]

WWE編集

NXT編集

2013年11月、WWEとディベロップメント契約を交わして入団[5]イライアス・サムソンElias Samson)のリングネームでWWEパフォーマンスセンターにてトレーニングを開始し、2014年4月にNXTに昇格。5月15日、NXTにてバディ・マーフィーとタッグを組んでジ・アセンションコナー & ビクター)を相手にデビューマッチを行うも敗戦[6]。10月23日、バロン・コービンとのシングルマッチを行うが秒殺敗戦を喫した[7]

2015年7月12日、NXT Liveにてギミックをカントリーミュージシャンへと変更してギターを持って入場する事がトレードマークになる[8]。12月23日、ブル・デンプシーと対戦。デンプシーよりショルダーブロックを喰らい倒されるが再度仕掛けてきたところへカウンターのジャンピングニーを決めて倒すと最後にダイビング・エルボードロップを決めて勝利した[9]

2016年1月27日、ジョン・スカイラーと対戦。最後にジャンピングニーからローリング・カッターへと繋げて勝利[10]。6月3日、NXT Liveにてアンドラーデ・アルマスとの対戦中に左足首を痛め試合は中止。長期の離脱となった[11][12]。9月29日、NXT Liveにて復帰[13]

2017年3月22日、NXTにてバックステージでインタビューを受けていたカシアス・オーノに因縁をつけると、オーノがルーザー・リーブス・NXTマッチを提案。これに承諾して対戦することが決定[14]。同月29日、カシアス・オーノとルーザー・リーブス・NXTマッチを行う。執拗な首への攻撃を徹底して終盤にはフォールを何度も繰り返しジャンピングニーからアンコールを狙うが切り返されるとローリング・エルボーを決められ敗戦。NXTから追放となった[15]。NXT追放後はエル・バガボンドEl Vagabondo)、ザ・ストラグラーThe Straggler)なるマスクマンに扮してNXT Liveに出場している[16][17]。4月5日、エル・バガブンドEl Vagabundo)としてオニー・ローキャンと対戦。終盤にマスクを取られると動揺してしまい、最後にブロックバスターを決められ敗戦。試合後、セキュリティに取り押さえられリングを後にした[18]

WWE編集

2017年4月10日、WWE・RAWにて8人タッグマッチで入場していたハーディー・ボーイズマット・ハーディー & ジェフ・ハーディー)に続いてバックステージより登場。試合には参加せず姿を消した[19]。5月22日、RAWにて試合前に弾き語りを披露。演奏中に対戦相手であるディーン・アンブローズに入場される。試合では関節技を中心に組み立てるが終盤にルナティック・ラリアットを喰らい両者倒れたところにザ・ミズが乱入すると襲撃され無効試合になる。試合後にアンブローズがミズを追い回しているところで捕まえるとアンコールを見舞い溜飲を下げた[20]。6月12日、ディーン・アンブローズと対戦。中盤にミズ & マリースが介入してアシストを受ける。終盤には試合よりもミズに意識したアンブローズが場外で揉め合うとカウントを取られた事に気づかず、カウント10間近でリングに上がったところへダブル・ニー・ドロップを見舞い、最後にアンコールを決めて勝利した[21]。7月27日、リングネームをイライアスElias)へとマイナーチェンジ[22]。リングネーム改名後、同月31日、カリストと対戦。終盤にセントーンから低空ドロップキックコルバタと連携技を喰らうが最後にドリフト・アウェイを決めて勝利した[23]

その他編集

  • 2015年よりプロレスでミュージシャンギミックで活動するが、2018年7月に正式にミュージシャンとしてデビューを果たしアルバムをリリースしている[24][25]

得意技編集

ドリフト・アウェイ
フィニッシャー。スウィンギング・フィッシャーマンズ・ネックブリーカー。
アンコール[26]
ローリング・カッター。
ダイビング・エルボードロップ
ジャンピングニー
ヘイローボム
インディー時代のフィニッシャー。相手を肩車で持ち上げ、上体を捻りスイングさせて相手の体位を振り返させると同時にシットダウン・パワーボムを決める。
高木三四郎のシットダウンヒマワリボム、旭志織のヒマワリボムと同型技。
ローリングラリアット
ボストンクラブ
バックハンド・チョップ
ギターショット
ギターを相手に叩きつける反則攻撃[27]
ジェフ・ジャレットホンキー・トンク・マンの代名詞を引き継ぐ形であり、2018年5月にジェフ・ジャレットとの対談が実現。お互いのギターショットについて比較している[28]

獲得タイトル編集

WWE
IWC
  • IWC世界ヘビー王座 : 1回
  • IWCスーパーインディー王座 : 2回

入場曲編集

  • "Darkside of the Road" - Ol' Style Skratch
  • "Drift" - CFO$

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

最高順位
US Country CAN Country
2018 WWE: Walk With Elias

脚注編集

  1. ^ Elias Samson”. Online World of Wrestling. 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ Winner Takes All 2011 - December 10th, 2011”. IWCwrestling.com. 2012年12月10日閲覧。
  3. ^ The Road to Super Indy XI - March 10th, 2012”. IWCwrestling.com. 2012年3月10日閲覧。
  4. ^ Winner Takes All 2012 - December 15th, 2012”. IWCwrestling.com. 2012年12月15日閲覧。
  5. ^ WWE Signs Independent Wrestler To Developmental Deal”. WrestleZone. 2013年11月26日閲覧。
  6. ^ WWE NXT results: May 15, 2014”. WWE.com. 2014年5月15日閲覧。
  7. ^ WWE NXT results - Oct. 23, 2014: Neville defends NXT Title against Titus, Bayley betrayed by Becky Lynch”. WWE.com. 2014年10月23日閲覧。
  8. ^ WWE News: Bayley Back In the Ring, Elias Samson Debuts New Gimmick”. 411mania.com. 2015年7月12日閲覧。
  9. ^ 12/23 WWE NXT Results – Zayn’s in-ring return, Takeover fall-out, more”. PWtorch.com. 2015年12月23日閲覧。
  10. ^ WWE NXT results - Jan. 27, 2016: Sami Zayn and Samoa Joe embroiled in controversy after No. 1 Contender's Match”. WWE.com. 2016年1月27日閲覧。
  11. ^ NXT injury update – “The Drifter” Elias Samson fractured ankle”. PWTorch.com. 2016年6月6日閲覧。
  12. ^ Elias Samson Possibly Injured at NXT House Show”. 411mania.com. 2016年6月3日閲覧。
  13. ^ WWE NXT Live Event Results From Lakeland (9/29): Six-Man Main Event, Asuka In Tag Action, More”. WrestlingInc.com. 2016年9月30日閲覧。
  14. ^ WWE NXT Results – 3/22/17 (6-Man Tag main event, female debut)”. Wrestleview.com. 2017年3月22日閲覧。
  15. ^ WWE NXT Results – March 29, 2017”. PWMania.com. 2017年3月29日閲覧。
  16. ^ WWE NXT Live Event Results From Miami (2/24): 3 Title Matches, Shinsuke Nakamura's Birthday, More”. WrestlingInc.com. 2017年2月25日閲覧。
  17. ^ NXT Live Event Results 3.25.17: No Way Jose, Kassius Ohno & Ruby Riot Battle Sanity”. 411mania.com. 2017年3月25日閲覧。
  18. ^ WWE NXT Results – 4/5/17 (Matches from before TakeOver: Orlando)”. Wrestleview.com. 2017年4月5日閲覧。
  19. ^ WWE RAW Results – 4/10/17 (Night #1 of the Superstar Shake Up)”. Wrestleview.com. 2017年4月10日閲覧。
  20. ^ WWE RAW Results – 5/22/17 (Build for Extreme Rules in two weeks)”. Wrestleview.com. 2017年5月22日閲覧。
  21. ^ WWE RAW Results – 6/12/17 (Brock Lesnar makes return to RAW)”. Wrestleview.com. 2017年6月12日閲覧。
  22. ^ WWE Shortens Elias Samson’s Name”. eWrestlingNews.com. 2017年7月27日閲覧。
  23. ^ WWE RAW Results – 7/31/17 (Reigns vs. Strowman vs. Joe)”. Wrestleview.com. 2017年7月31日閲覧。
  24. ^ GUITAR HERO WWE star Elias launches first album as he looks to break into music industry”. thesun.co.uk (2018年7月23日). 2018年11月28日閲覧。
  25. ^ Elias Officially Releases His EP Entitled 'Walk With Elias'”. fightful.com (2018年7月23日). 2018年11月28日閲覧。
  26. ^ WWE Live Event Results From Springfield (6/18): Samoa Joe Teams With The Miz, Roman Reigns Headlines | WrestlingInc.com
  27. ^ Elias Interrupted Again; Gets Cheered Following Guitar Shot To Baron Corbin”. fightful.com (2018年10月22日). 2018年11月28日閲覧。
  28. ^ Jeff Jarrett On Elias’ Guitar Shots, WWE Hall Of Famer Discusses Kayfabe”. pwmania.com (2018年5月15日). 2018年11月28日閲覧。

外部リンク編集