メインメニューを開く

ローズボウルRose Bowl)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナにある多目的球技場。

ローズボウル
Rose Bowl
2008-1226-Pasadena-008-RoseBowl.jpg
施設情報
所在地 1001 Rose Bowl Drive Pasadena,
California 91103
位置 座標: 北緯34度9分41秒 西経118度10分3秒 / 北緯34.16139度 西経118.16750度 / 34.16139; -118.16750
起工 1921年
開場 1922年10月8日
所有者 パサデナ市
運用者 Rose Bowl Operating Company
グラウンド 天然芝
建設費 $272,198 USD
設計者 Myron Hunt(en)
使用チーム、大会
ローズボウル (NCAA)(1923-1941, 1943-)
ロサンゼルス・アズテックス(NASL) (1978-1979)
UCLAブルーインズ(NCAA) (1982-)
ロサンゼルス・ギャラクシー(MLS)(1996-2002)
1994 FIFAワールドカップ
1999 FIFA女子ワールドカップ
収容能力
92.542人

目次

概要編集

1921年に建設が開始され1922年に完成した。1923年1月1日には、南カリフォルニア大学ペンシルベニア州立大学(通称:ペン・ステート)の対戦でローズボウルゲームが開催された。1982年以降はUCLAフットボールチームがホームグラウンドとしている。収容人員は92,542人。1987年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。

サッカー編集

ローズボウルはサッカーにもしばしば使用される。1984年のロサンゼルスオリンピック、1994年のFIFAワールドカップ(男子)アメリカ大会、1999年のFIFA女子ワールドカップ、2011年のゴールドカップなどの国際大会の決勝戦が行われ、特にFIFA女子ワールドカップ決勝戦で90,185人、ブラジルがPK戦の末に優勝を果たしたFIFAワールドカップ決勝では94,194人の観客を集めた。現在の所、男子・女子共にFIFAワールドカップの決勝戦を開催したのは此処、ローズボウルだけである。 1996年から2003年まではメジャーリーグサッカークラブ、ロサンゼルス・ギャラクシーのホームグラウンドであり、1998年のMLSカップ決勝が開催された。

NFL編集

1977年に最初に第11回スーパーボウルを開催して以来、計5回のスーパーボウルが開催されている。

2015年7月、2016年以降にNFLチームへの短期レンタルを行うかどうか、オペレーションチームによる投票を行い、11-0の満場一致で拒否することを決定した[1]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ LA移転に影響?ローズボウルが臨時本拠地使用を拒否”. NFL JAPAN (2015年7月10日). 2015年7月10日閲覧。

外部リンク編集