ローズマリーの赤ちゃん

ローズマリーの赤ちゃん』(ローズマリーのあかちゃん、Rosemary's Baby)は、アイラ・レヴィンの小説、およびこれを原作とした1968年制作のアメリカ映画

小説編集

映画編集

ローズマリーの赤ちゃん
Rosemary's Baby
 
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
製作 ウィリアム・キャッスル
製作総指揮 ロバート・エヴァンス
出演者 ミア・ファロー
音楽 クシシュトフ・コメダ
撮影 ウィリアム・A・フレイカー
編集 ボブ・ワイマン
サム・オスティーン
配給 パラマウント映画
公開   1968年6月12日
  1969年1月11日
上映時間 136分
製作国   アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,200,000
次作 続・ローズマリーの赤ちゃん/悪魔の子が生まれて8年が経った…
テンプレートを表示

ストーリー編集

ローズマリー・ウッドハウスと売れない役者の夫ガイは、ニューヨークのアパートに引っ越してくる。隣人のローマン・カスタベットとミニーの夫妻は、少々お節介なほど世話好きな人達だ。カスタベット夫妻にはテレサ・ジオノフリオというアフリカ系アメリカ人女性の養女がいたが、若くして自殺していた。ガイはカスタベット夫妻と親密になり、ミニーはテレサの形見のペンダントをローズマリーにプレゼントする。その後ガイとローズマリーの夫婦は計画を立てて子供を作ろうとするが、その当夜ローズマリーは気分が悪くなって失神し、悪魔に犯されるという、夢とも幻覚ともつかない体験をする。

実はカスタベット夫妻も、彼らが勝手に変えたかかりつけの産婦人科医も、それどころか夫すら役欲しさに悪魔に魂を売り渡した悪魔崇拝者だった。自殺したとされるテレサはローズマリーの前任の悪魔の子を宿す候補者であり真相を知ってしまったため、自殺であるかどうかすら怪しく、ローズマリーを心配して再訪を約束した唯一の味方である初老の童話作家エドワード・ハッチも謀殺されてしまう。悪魔崇拝者に囲まれたローズマリーの運命は?

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
東京12ch旧版 東京12ch新版 VOD
ローズマリー・ウッドハウス ミア・ファロー 武藤礼子 杉山佳寿子 能登麻美子
ガイ・ウッドハウス ジョン・カサヴェテス 天田俊明 堀勝之祐 小山力也
ミニー・カスタベット ルース・ゴードン 川路夏子 麻生美代子 鈴木れい子
ローマン・カスタベット シドニー・ブラックマー 真木恭介 島宇志夫 川口啓史
エドワード・ハッチ モーリス・エヴァンス 大久保正信 阪脩 小林操
ドクター・サプスティン ラルフ・ベラミー 藤本譲
ミスター・ニクラス エリシャ・クック
ドクター・ヒル チャールズ・グローディン
  • 東京12ch旧版:初回放送1975年10月2日『木曜洋画劇場
  • 東京12ch新版:初回放送1977年7月7日『木曜洋画劇場』 ※ノーカット放送

エピソード編集

  • ロマン・ポランスキーは、当初はスポーツ映画を撮りたいと考えていたが、ロバート・エヴァンスからスキー競技について描かれた『白銀のレーサー』と本作の原作が送られ、結果として後者の方に興味を抱き、脚本のみならず監督まで熱望した。
  • 舞台となるアパートの外観は、ジョン・レノンオノ・ヨーコ夫婦が住んでいたことで有名なダコタ・ハウスである(室内はセット撮影)。
  • プロデューサーのウィリアム・キャッスルは、悪魔崇拝者とされる謎の人物から「苦痛を伴う病気を発症するだろう」という手紙を受け取った後で腎不全を起こし、回復するまでに映画の成功で得た勢いは失われた。
  • 映画公開から半年後の1968年12月、ポランスキーと同郷で音楽を担当したクシシュトフ・コメダは、同じくポーランド出身の脚本家だったマレク・フラスコらとの屋外パーティの最中、ふざけたフラスコに突き飛ばされて崖から転落し、脳血腫を起こして昏睡状態となった。また担ぎ込まれた先の病院はキャッスルが入院した病院であった。コメダは翌1969年4月23日に37歳という若さで死亡。結果的にコメダを死に追いやったフラスコは、ポランスキーに呼ばれる前に住んでいたドイツに戻り、コメダの死のわずか2か月後に35歳で謎の死を遂げた。
  • 映画公開から約1年後の1969年8月9日、ロマン・ポランスキー監督宅がチャールズ・マンソンのカルト教団に襲われ、監督の妻だった女優のシャロン・テート、ヘア・スタイリストのジェイ・セブリング、監督の親友ヴォイテック・フライコウスキー、その恋人で有名コーヒーブランド「フォルジャーズ」の社長令嬢アビゲイル・フォルジャーが惨殺される「テート・ラビアンカ殺人事件」が起きた。亡くなったシャロン・テートも劇中のローズマリー同様、当時妊娠8か月の妊婦だった。

続編編集

1976年に続編として、『続・ローズマリーの赤ちゃん/悪魔の子が生まれて8年が経った…』(Look What's Happened to Rosemary's Baby)がテレビ映画として制作された。前作から8年後、成長した“ローズマリーの赤ちゃん”が引き起こす惨劇を描いた。

前作の編集を担当したサム・オスティーンが監督し、パティ・デューク・アスティンが主演、ルース・ゴードンが前作に引き続いてミニー・カスタベット役で出演した。

スタッフ
キャスト

放送編集

  • 新たにTVドラマとして2014年5月に全米NBCネットワークで放送された。日本では『ローズマリーの赤ちゃん〜パリの悪夢〜』のタイトルでWOWOWプレミアにて2015年10月25日(日)に放送。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

外部リンク編集