ロータス・E21 (Lotus E21) は、ロータスF12013年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー

ロータス E21
Kimi Raikkonen 2013 Catalonia test (19-22 Feb) Day 2-1.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ロータス
デザイナー ジェームス・アリソン
先代 ロータス・E20
後継 ロータス・E22
主要諸元
エンジン ルノーRS27-2013
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ロータスF1チーム
ドライバー 7. フィンランドの旗 キミ・ライコネン
7. フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン
8. フランスの旗 ロマン・グロージャン
出走時期 2013年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 315
初戦 2013年オーストラリアGP
初勝利 2013年オーストラリアGP
最終戦 2013年ブラジルGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
3811402
テンプレートを表示

概要編集

2013年1月28日、ロータスはエンストンの本拠地において、他チームに先駆けて2013年シーズン用のマシンE21を公開した。今季のレギュレーションではノーズの段差を隠すパネルの装着が認められているが、ロータスでは数グラムの重量が増え、パフォーマンス上のメリットもないと判断して段差を残した[1]。このパネルを全く使用しないのは、11チーム中2チーム(ロータスとケータハム)だけとなった。

また、前年途中からテストしている受動式リアウィング失速装置(パッシブダブルDRS)の実戦投入を目指して、開発を継続している[2]。インダクションポッドの両サイドに専用のインテークが設置されており、ダブルDRSを使用しない時はカバーが付けられている。

最初のプレシーズンテストでは前年の終盤戦から投入したバルジ型コアンダエキゾーストを装着していたが、テスト後半ではレッドブルに似たエアダクトを持つ傾斜型エキゾーストへと変更した。

他チームの多くがカーボン製のギアボックスを使用するが、ロータスはチタニウム製のギアボックスを使用している、このギアボックスはラピッドプロトタイピング(いわゆる3Dプリンター)により製造されカーボン整形や鋳造に必要な「型」を製作する手間を省いている。

スペック編集

シャーシ編集

サイズ編集

  • 全長 5,088mm
  • 全幅 1,800mm
  • 全高 950mm
  • 前トレッド 1,450mm
  • 後トレッド 1,400mm
  • 重量 冷却水潤滑油、ドライバーを含めて642kg

エンジン編集

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
KOR
 
JPN
 
IND
 
ABU
 
USA
 
BRA
 
2013 7   ライコネン 1 7 2 2 2 10 9 5 2 2 Ret 11 3 2 5 7 Ret 315 4位
  コバライネン 14 14
8   グロージャン 10 6 9 3 Ret Ret 13 19† 3 6 8 8 Ret 3 3 3 4 2 Ret

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ "ロータス、E21にパッシブ式ダブルDRSシステムを導入 page2/2". オートスポーツ.(2013年1月29日)2013年3月13日閲覧。
  2. ^ "ロータス、E21にパッシブ式ダブルDRSシステムを導入 page1/2". オートスポーツ.(2013年1月29日)2013年3月13日閲覧。