メインメニューを開く

ロード・アルフレッド・ヘイズ

ロード・アルフレッド・ヘイズLord Alfred Hayes、本名:Alfred George James Hayes1928年8月8日 - 2005年7月21日)は、イギリスロンドン出身のプロレスラー

ロード・アルフレッド・ヘイズ
プロフィール
リングネーム ロード・アルフレッド・ヘイズ
ロード・アル・ヘイズ
ジュードー・アル・ヘイズ
ホワイト・エンジェル
本名 アルフレッド・ジョージ・ジェームズ・ヘイズ
身長 183cm
体重 108kg(全盛時)
誕生日 1928年8月8日
死亡日 (2005-07-21) 2005年7月21日(76歳没)
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドロンドン
スポーツ歴 柔道
デビュー 1950年代
引退 1995年
テンプレートを表示

1970年代初頭にアメリカに渡り、現役引退後の1980年代からはWWF(現・WWE)でアナウンサーやインタビュアーを務めた。

目次

来歴編集

1950年代英国にてデビュー。プロレス入りする以前はスモール・タニこと日本人柔道家の谷幸雄に師事し[1]柔道の有段者であったことから、当時はジュードー・アル・ヘイズ"Judo" Al Hayes)なるリングネームを用い、正統派のベビーフェイスとして活動していた。

1957年5月、ロンドンロイヤル・アルバート・ホールにて英国遠征中の木村政彦と対戦するも敗退(柔道マッチであったかどうかは不明)[1]1964年、マイク・マリノを破り世界ミッドヘビー級王座を獲得[2]1968年9月には、当時ヨーロッパを外国人供給ルートとしていた国際プロレスに初代ケンドー・ナガサキのミスター・ギロチンジョージ・ゴーディエンコらと共に初来日している[3]

1970年代に入り、英国貴族ロード・アル・ヘイズ"Lord" Al Hayes)を名乗ってアメリカ・マット界に進出。ドリー・ファンク・シニアが主宰していたテキサス西部のアマリロ地区(NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ)を主戦場に、キラー・カール・コックスサイクロン・ネグロと抗争する。アマリロ地区のフラッグシップ・タイトルだったNWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を通算5回獲得し[4]、タッグでは英国マットで活躍した実績を持つリッキー・スターと組み、1972年8月24日にボビー・ダンカン&ディック・マードックから同タッグ王座を奪取した[5]

その後ヒールに転向し、1973年下期より中西部NWAセントラル・ステーツ地区に参戦。ロジャー・カービーブルドッグ・ボブ・ブラウンをパートナーに、マイク・ジョージ&ジム・ブランゼルの若手チームとNWA世界タッグ王座を争った[6]1975年にはカナダ沿海州に進出、5月13日にミシェル・デュボアとの英仏コンビで同地区版のインターナショナル・タッグ王座を獲得している[7]。古巣のアマリロでは1976年2月5日にレッド・バスチェンと組み、アメリカ遠征中だったジャイアント馬場&ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座に挑戦[8]。同年5月にはNWAルートで全日本プロレスに来日した[9]

以降、1977年3月よりバーン・ガニア主宰のAWAに定着。ペドロ・モラレスクラッシャー・リソワスキーと抗争を繰り広げ[10][11]ビル・ロビンソンとも英国人同士の遺恨試合を展開[12]。トークの才能を活かしてマネージャーも兼任し、ボビー・ヒーナンとのマネージャー同士の抗争も行われた[13]。AWA時代はセントルイス・レスリング・クラブキール・オーディトリアムでの興行にも再三出場しており、1979年12月7日にはディック・ザ・ブルーザーとシングルマッチで対戦した[14]

1980年7月からはNWAフロリダ地区に参戦、プレイング・マネージャーとしてディック・スレーターボビー・ジャガーズらと共闘し、ダスティ・ローデスバリー・ウインダム、そして同地区のマネージャーだったサー・オリバー・フンパーディンクと抗争した[15]1981年9月からはNWAミッドアトランティック地区にてクリス・マルコフ&ニコライ・ボルコフロシア系コンビをコントロール[16]。カナダのモントリオールでは旧敵ビル・ロビンソンのマネージャーも担当した[17]

現役引退後の1982年下期より、ニューヨークWWFにスタッフとして参加[18]。その能弁さを見込まれ、ビンス・マクマホンの全米侵攻が始まった1984年からは、トーク番組 "Tuesday Night Titans" にマクマホンの相方役でレギュラー出演。タキシード姿で格式ばったクイーンズ・イングリッシュを話す英国人キャラクターを演じた。WWFではベビーフェイスのポジションに回り、ジェシー・ベンチュラジョニー・バリアント、ボビー・ヒーナンなどヒールのコメンテーターを相手に実況アナウンサーを担当することもあった。

1995年、交通事故で怪我を負いWWFを退団、フルタイムのプロレスリング・ビジネスから引退した。リタイア後はテキサスのダラスに居住していたが、事故の影響で壊疽を起こし片足を切断。2001年のカリフラワー・アレイ・クラブのOB会には車椅子で出席した[18]。その後は脳梗塞を患い闘病生活を送り、2005年7月21日に自宅にて死去した[18]。76歳没。

2018年WWE殿堂のレガシー部門に迎えられた[19]

得意技編集

獲得タイトル編集

ブリティッシュ・チャンピオンシップ
  • 世界ミッドヘビー級王座:1回[2]
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAビッグタイム・レスリング
イースタン・スポーツ・アソシエーション
ワールド・レスリング・エンターテインメント

マネージャー担当選手編集

脚注編集

  1. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.21』P64(2011年、辰巳出版ISBN 4777809463
  2. ^ a b World Mid-Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月21日閲覧。
  3. ^ IWE 1968 Dynamite Series”. Puroresu.com. 2015年5月16日閲覧。
  4. ^ a b NWA Western States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年6月26日閲覧。
  5. ^ a b NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月21日閲覧。
  6. ^ a b NWA World Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月21日閲覧。
  7. ^ a b International Tag Team Title [Maritime Provinces]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月16日閲覧。
  8. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史(6)プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P155(1986年、ベースボール・マガジン社
  9. ^ AJPW 1976 NWA World Champion Series”. Puroresu.com. 2015年5月16日閲覧。
  10. ^ The AWA matches fought by Lord Alfred Hayes in 1977”. Wrestlingdata.com. 2015年5月16日閲覧。
  11. ^ The AWA matches fought by Lord Alfred Hayes in 1978”. Wrestlingdata.com. 2015年5月16日閲覧。
  12. ^ The AWA matches fought by Lord Alfred Hayes in 1979”. Wrestlingdata.com. 2015年5月16日閲覧。
  13. ^ The AWA matches fought by Lord Alfred Hayes in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年5月16日閲覧。
  14. ^ The SLWC matches fought by Lord Alfred Hayes in 1979”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。
  15. ^ The CWF matches fought by Lord Alfred Hayes in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。
  16. ^ The WCW matches fought by Lord Alfred Hayes in 1981”. Wrestlingdata.com. 2015年5月16日閲覧。
  17. ^ Friends remember Lord Alfred Hayes”. SLAM! Sports (July 25, 2005). 2009年12月10日閲覧。
  18. ^ a b c Lord Al Hayes dead at 76”. SLAM! Sports (July 21, 2005). 2009年12月10日閲覧。
  19. ^ a b Congratulations to the 2018 WWE Hall of Fame Legacy inductees”. WWE.com. 2018年4月7日閲覧。

外部リンク編集