ロープ (映画)

1948年アルフレッド・ヒッチコック監督のアメリカの映画

ロープ』(Rope)は、1948年アメリカ合衆国サスペンス映画。監督はアルフレッド・ヒッチコック、出演はジェームズ・スチュワートジョン・ドールなど。パトリック・ハミルトン英語版同名舞台劇英語版の映画化で、1924年に実際に起きた少年の誘拐殺人事件「レオポルドとローブ事件」を元にしている。

ロープ
Rope
Rope3 1948.jpg
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 アーサー・ローレンツ英語版
ベン・ヘクト[注 1]
原案 ヒューム・クローニン(脚色)
原作 パトリック・ハミルトン英語版
ロープ英語版
製作 アルフレッド・ヒッチコック[注 1]
シドニー・L・バーンスタイン英語版[注 1]
出演者 ジェームズ・スチュワート
ジョン・ドール
ファーリー・グレンジャー
音楽 デヴィッド・バトルフ英語版[注 1]
レオ・F・フォーブスタイン英語版(音楽監督)
撮影 ジョセフ・ヴァレンタイン英語版
ウィリアム・V・スコール英語版
編集 ウィリアム・H・ジグラー英語版
製作会社 トランスアトランティック・ピクチャーズ英語版
配給 ワーナー・ブラザースユニバーサル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年8月28日
日本の旗 1962年10月20日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,500,000
興行収入 $2,200,00[2]
テンプレートを表示

アルフレッド・ヒッチコック監督はこの映画の全編をワンシーンで繋げたうえ、映画の本編と実際の時間が同時に進むという実験的な試みをしている。当時の撮影用のフィルムは10 - 15分が限界なので、実際には背中や蓋を大写しにするワンカットを入れることで全体がつながっているように演出している。また、本作品はヒッチコック初のカラー作品である(テクニカラー)。

ストーリー編集

摩天楼を見渡せるアパートの一室。優秀な学歴のフィリップとブラントンが殺人を犯したのは、まさにその場所だった。動機はなく、自分たちがずば抜けて人より秀れていることを試す、ニーチェの理論を実践したに過ぎなかった。2人はもっとスリルを味わうために被害者の父、恋人、被害者の恋仇だったケネス、伯母、青年たちの先生だった大学教授を招いてパーティを催す。死体入りのチェストの上にごちそうを並べて皆に食べさせたり、殺人に使ったロープで本を縛って父親に贈ったりして、優越感を味わっていた。それでもデイヴィッドがなかなか現れないので、みんな心配し始める。冷静なブラントンとは対照的に、フィリップは罪の恐ろしさに次第に冷静さを失っていく。教授がかつて世の中には法律など超越した超人がいてもいいと話し、パーティでも繰り返す。2人の異常さに徐々に気づいた教授は、帰りに偶然被害者の帽子を見つける。帰るが、煙草入れを忘れたと電話して、再び部屋を訪れる。フィリップはすっかりとり乱していた。教授はブランドンのポケットの拳銃をとりあげようとする。そして、推理が始まり、チェストを開ける。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
PDDVD版 BD版 テレビ版
ルパート・カデル ジェームズ・スチュワート 加藤亮夫 根本泰彦 津嘉山正種
ブランドン・ショー ジョン・ドール 乃村健次 浜田賢二 玄田哲章
フィリップ・モーガン ファーリー・グレンジャー 中國卓郎 佐藤拓也
ジャネット・ウォーカー ジョアン・チャンドラー英語版 水野千夏 小林さやか
ヘンリー・ウィルソン セドリック・ハードウィック 西垣俊作 勝部演之
アニータ・アトウォーター コンスタンス・コリアー英語版 七瀬みーな 片岡富枝
ミセス・ウィルソン イディス・エヴァンソン英語版 田中結子 立石涼子
デイヴィッド・ケントレイ ディック・ホーガン英語版
ケネス・ローレンス ダグラス・ディック英語版 小浅和大
演出:大谷康之、翻訳:恩田薫子、制作:ミックエンターテイメント株式会社
演出:宇出喜美、翻訳:税田春介、制作:ニュージャパンフィルム
  • テレビ版:初回放送日不明、深夜に放送。
翻訳:鈴木導

ヒッチコックのカメオ出演編集

映画冒頭で新聞を持って通りを歩いている。

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「物語的に見事であると同時に形式的には大胆である『ロープ』は、このジャンルの巨匠による暗くて満足感のある犯罪スリラーのために強力なアンサンブルを結び付けている。」であり、49件の評論のうち高評価は94%にあたる46件で、平均点は10点満点中7.8点となっている[3]Metacriticによれば、10件の評論のうち、高評価は6件、賛否混在は4件、低評価はなく、平均点は100点満点中73点となっている[4]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b c d クレジットなし[1]

出典編集

  1. ^ Rope (1948) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2021年2月3日閲覧。
  2. ^ "Top Grossers of 1948". Variety (英語). 5 January 1949. p. 46. 2021年2月3日閲覧
  3. ^ Rope (1948)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年2月3日閲覧。
  4. ^ Rope Reviews” (英語). Metacritic. 2021年2月3日閲覧。

外部リンク編集