哲学 > 古代哲学 > ローマ哲学

ローマ哲学 (ローマてつがく、: Roman philosophy)[3] すなわち古代ローマにおける哲学は、ギリシア哲学ヘレニズム哲学の諸派を継承または折衷する形でおこなわれた。

キケロ(前1世紀)- 「ローマ最大の哲学者」と評される[1]アカデメイア派ストア派折衷する立場をとった。哲学用語のラテン語訳を多く考案した[2]
マルクス・アウレリウス(2世紀)- 『自省録』を著した哲人皇帝。セネカエピクテトスと並ぶ代表的なストア派哲学者。
アウグスティヌス(4-5世紀)- 代表的なキリスト教哲学者。キケロや新プラトン主義を受容し『アカデメイア派論駁』などを著した。
ヒュパティア(4-5世紀)- 代表的な女性哲学者。新プラトン主義に属した。

言い換えれば、ローマ哲学はギリシアからの「輸入学問」に過ぎず[4]、「ローマ自家製の哲学」は無きに等しかった[2]。また内容についても「独創性を欠いた折衷主義」などの低評価が与えられてきた[4]

しかし20世紀末から、ローマ哲学は徐々に再評価されている[4]。例えばキケロルクレティウスセネカセクストス・エンペイリコスプロティノスらの著作は、ルネサンス期に再発見され、近世哲学の発展を促した。ディオゲネス・ラエルティオスギリシア哲学者列伝』などの主要な学説誌や、最初のプラトン全集アリストテレス全集キリスト教哲学が生まれたのも、ローマ哲学においてだった。哲学用語のラテン語への翻訳は、元来ギリシアのローカルな学問に過ぎなかった哲学が、世界的な学問となる一つの契機になった[4]

特徴編集

低評価編集

旧来の哲学史において、ローマ哲学は「独創性を欠いた折衷主義」「実践の偏重と理論の欠如」「内面に引きこもることによる心の平静の希求[注釈 1]」などのイメージによる低評価が与えられてきた[4]。これらはみな根拠がないわけではないが、実態はより複雑とされる[4]

ローマ哲学に対する低評価は、19世紀ドイツヘーゲル学派哲学史家ツェラー英語版シュベーグラーにより醸成され、ニーチェハイデガーにも受け継がれた[5]

学説誌編集

ローマ哲学の文献の多くは学説誌の役割も担う[6]。つまり例えば、ヘレニズム期の初期ストア派の学説は、ローマ期のディオゲネス・ラエルティオスセクストス・エンペイリコスガレノスプルタルコスらの引用や言及のおかげで現代に伝わっている[7]キケロの著作の数々も、ストア派、アカデメイア派エピクロス派などの資料になっている[8]アレクサンドリアのクレメンスストロマテイス』、エウセビオス福音の準備英語版』、ラクタンティウス神的教理英語版』など、キリスト教哲学者の著作も同様である。

ラテン語編集

使用言語はギリシア語ラテン語が併存していた[2]。例えば、マルクス・アウレリウスプルタルコスはギリシア語で、ルクレティウスキケロはラテン語で哲学書を著した。

ルクレティウスは、ラテン語の哲学詩『事物の本性について英語版』のなかで、ラテン語の哲学語彙の乏しさに言及している[2]。キケロは、ラテン語は哲学に不向きであるとする当時の通説に反論し[9]、「哲学にラテン語を教え、哲学にローマ市民権を贈る」ことを理想に掲げた[10][11]。キケロはあたかも日本の西周のように、自作の造語を訳語とすることもあった[12]。キケロの訳語のいくつかは、後世のラテン世界の諸言語に継承された。例: ギリシア語の「ポイオテース」(ποιότης)→ キケロのラテン語訳「クアリタス」(qualitas)→ 英語の「クオリティ」(quality[2][13][14]

プラトンアリストテレスのラテン語訳が、キケロ、アプレイウスマリウス・ウィクトリヌス英語版ボエティウスらにより作られたが、その大半は現存しない[12]。わずかな現存例として、カルキディウスティマイオス注解』やボエティウス命題論注解』がある。

文献学・注解書編集

前88年から東方でおこなわれたミトリダテス戦争の戦利品として、スラが持ち帰ったテオスのアペリコン英語版の蔵書には、アリストテレスの『形而上学』をはじめとする当時未公開の講義草稿が含まれていた[8][注釈 2]。これを文法学者のテュラニオン英語版が整理した後、ペリパトス派のロドスのアンドロニコスが、最初のアリストテレス全集として編纂した[8]。この背景には、プトレマイオス朝プトレマイオス8世が、アレクサンドリアから学者を追放したことによる「アレクサンドリア文献学英語版」のローマ伝来もあった[15]

一方、1世紀初頭のティベリウスに使えた文法学者アレクサンドリアのトラシュロスは、最初のプラトン全集を編纂した[16]

古代末期には、アフロディシアスのアレクサンドロスや上記のカルキディウスらにより、アリストテレス注解英語版プラトン注解英語版などの、哲学書の注解書(注釈書)の伝統も確立された[17][18]

歴史編集

前2世紀: 哲学伝来編集

伝説では、前8世紀王政ローマ第2代王ヌマが、ピタゴラス南イタリアクロトンを拠点とした)の教えを学んだとされる[19][20][注釈 3]。しかし年代的に矛盾するため(ピタゴラスは前6世紀の人物)、この伝説は古代から疑問視されていた[20]

哲学が明確に伝来したのは、共和政ローマ後期・ヘレニズム期後期の前155年アテナイから外交使節として3人の哲学者がローマに来訪したときである[21][22][注釈 4]。その3人とは、アカデメイア派カルネアデスペリパトス派クリトラオス英語版ストア派バビロニアのディオゲネス英語版であり、3人とも当代きっての哲学者だった[21]。とくにカルネアデス懐疑論の立場から、正義論を演説した翌日に反正義論を演説する、というパフォーマンスをしてローマ人に衝撃を与えた[23]。これ受けた大カトーは、哲学がローマの若者を堕落させるとして[24]、哲学者の追放を企てた[25][注釈 5]。しかし結局哲学はローマに浸透した[25]

哲学の浸透を促したのは、前150年代から前130年代頃の小スキピオを中心とする知識人サークル「スキピオ・サークル英語版」だった[25]。このサークルにはストア派のパナイティオスも属した[25]

前1世紀: 共和政末期編集

前88年から東方でおこなわれたミトリダテス戦争の戦火を避けて、ストア派ポセイドニオス(パナイティオスの弟子)、アカデメイア派ラリッサのピロン英語版エピクロス派ピロデモスらがローマに移った[28][29]。同じ頃、キケロとその友人の小カトーアッティクスウァロらが[注釈 6]、ローマや留学先のアテナイで、中期プラトン主義者のアンティオコス(ラリッサのピロンの弟子)、ストア派のディオドトス英語版ペリパトス派クラティッポス英語版らと交流した[24][31]。キケロの友人ニギディウス・フィグルス新ピタゴラス主義を興した[19]

キケロは「ローマ最大の哲学者」とも評される[1]。キケロは特定の学派に属さず、穏健な懐疑主義、あるいはアカデメイア派やストア派を取捨選択する折衷主義の立場をとったが[14][32]プラトンへの讃美とエピクロス派への批判は一貫していた[32]。キケロは哲学を修辞学政治実践と統合させることを目指していた[1][33]。キケロの哲学著作に『国家について』『ストア派のパラドックス英語版』『アカデミカ英語版』『ホルテンシウス英語版』『善と悪の究極について英語版』『トゥスクルム荘対談集英語版』『神々の本性について英語版』『運命について英語版』『老年について』『友情について英語版』『義務について英語版』などがある。

共和政末期は、ローマにおけるエピクロス派の最盛期でもあった[30]ルクレティウス[34]ピロデモス[34]アマフィニウス英語版[34]エピクロス派のシロン英語版らがエピクロス派の教説を伝え、キケロの友人アッティクス[30]や、「パピルス荘」の主人と推定されるカエサルの義父ピソ[30]らに信奉された。

前44年カエサル暗殺英語版の首謀者たちのなかでも、ブルトゥスがストア派を信奉したのに対し、カッシウスはエピクロス派を信奉していた[35]。カエサル自身もおそらくエピクロス派の教説に通じていた[30]

1-2世紀: 帝政前期編集

1世紀から2世紀には、「ローマ哲学の代名詞[36]」とも言える3人のストア派哲学者、セネカエピクテトスマルクス・アウレリウスが活動した[36][37]

1世紀には、ネロドミティアヌスの専政に反対した政治家のトラセア・パエトゥス英語版ヘルウィディウス・プリスクス英語版もストア派を信奉した[38]

1世紀はキュニコス派の再燃期でもあり[39]ペレグリノス英語版デモナクス英語版が活動した。またキュニコス派とストア派が互いに接近した時期でもあり[40]、セネカに称賛されたキュニコス派のデメトリオス英語版[40]、エピクテトスの師であるストア派のムソニウス・ルフス[41]第二次ソフィストディオン・クリュソストモス[40]にその傾向が見られる。

セネカ『倫理書簡集英語版』に言及のあるクイントゥス・セクスティウス英語版ソティオン英語版は、ストア派の倫理学と新ピタゴラス派菜食主義を折衷したような「セクスティウス派英語版」を形成した。この学派は唯一「ローマ自家製の学派」と言い得るが、活動期間が短く、注意を惹くような学派でもない[24]

マルクス・アウレリウスは皇帝として哲学を庇護し、176年にはプラトン派・ペリパトス派・ストア派・エピクロス派の4学派の教授職をアテナイに設置した[42]

その他、『英雄伝(対比列伝)』でも知られる中期プラトン主義者のプルタルコス[36]、風刺作家のルキアノス[30]、ラテン語著作家のゲッリウス[24]、ラテン語修辞学者のクインティリアヌスらも、哲学に言及している。

3-6世紀: 古代末期・中世初期編集

3世紀前期、セウェルス朝の皇后ユリア・ドムナが、新ピタゴラス主義者の伝記『テュアナのアポロニオス伝』を、第二次ソフィストピロストラトスに書かせた。ユリア・ドムナは、一説には同時代のディオゲネス・ラエルティオスギリシア哲学者列伝』の献呈相手とされる[43]

3世紀中期、軍人皇帝ガッリエヌスの寵愛を受けたプロティノスが、新プラトン主義を興した。以降のローマ哲学は、新プラトン主義に収斂していく[44]ポルピュリオスの『反キリスト教論英語版』に顕著なように、新プラトン主義は「異教の哲学」として古代末期のキリスト教と対立したが、一方ではキリスト教と交わることもあった(新プラトン主義とキリスト教)。新プラトン主義では、プラトン・アリストテレス・ストア派が折衷された。また、イアンブリコスの『エジプト人の秘儀について』や『ピタゴラス伝』に顕著なように、オリエントの思想風土や新ピタゴラス主義も折衷された[44]。イアンブリコス派新プラトン主義には、背教者ユリアヌス[45]、代表的な女性哲学者ヒュパティアも属した(古代の女性哲学者自体は他にもいた)[46]

529年ユスティニアヌス1世がアテナイの4学派の学園を「異教の哲学」として閉鎖した[47]。その一つアカデメイアの学頭だった新プラトン主義者ダマスキオス英語版とその弟子シンプリキオスらは、ホスロー1世の庇護を求めてササン朝ペルシアに移ったが、やがてそこからも去り離散した[48]

6世紀前期、ラテン語で新プラトン主義を伝えたボエティウスは、古来「最後のローマ人にして最初のスコラ哲学者」と呼ばれる[49]

ローマ哲学の後は、中世哲学、あるいはビザンツ哲学イスラム哲学に続く。

後世の影響編集

キケロの著作は、古代から近代までラテン世界に影響を与え続けた[50]。とくに『義務について英語版』は、倫理学の古典としてのみならず、ラテン散文の模範としても受容された[51]カント義務論を代表する著作の一つ『道徳形而上学原論』は、カントと『義務について』との対話により生まれた著作とも言える[52]

中世哲学では、ギリシア語文献が受容されなかった一方、古代末期のラテン語文献が主に受容された。その例として、カルキディウスティマイオス注解』、マクロビウススキピオの夢注解』、ボエティウス哲学の慰め』、ポルピュリオス著・ボエティウス訳『エイサゴーゲー』などがある。なかでも『エイサゴーゲー』は、普遍論争の発端となった文献とされる[53]

ルネサンス期には、ギリシア語文献とラテン語文献の双方が多く再発見され、近世哲学の発展を促した。例えば、ルクレティウスの『事物の本性について英語版』は、ポッジョ・ブラッチョリーニによって発見され、ガッサンディらに受容された。セネカの『倫理書簡集英語版』や『怒りについて』は、モンテーニュリプシウスに受容された。セクストス・エンペイリコスの『ピュロン主義哲学の概要』は、モンテーニュやデカルトヒュームに受容された[54]プロティノスエネアデス英語版』やイアンブリコスエジプト人の秘儀について』などの新プラトン主義文献は、プラトン・アカデミーケンブリッジ・プラトン学派に受容された。

他分野との関わり編集

宗教編集

ユダヤ教哲学では、1世紀にアレクサンドリアのピロンが、アレクサンドリア文献学英語版中期プラトン主義により、ヘブライ語聖書を寓意的に解釈した[55]

キリスト教哲学では、1世紀に使徒パウロが、アテナイのアレオパゴスでストア派やエピクロス派と論じあったとされる(『使徒言行録』17:16以下)[56]など、哲学を批判をしつつも活用する態度をとった[57]。以降のギリシア教父ラテン教父も、基本的にはパウロと同様の態度をとった[57]

キケロ、セネカ、エピクテトスは、異教の哲学者でありながら、キリスト教徒にも好意的に受容された。とくにセネカは、使徒パウロとの往復書簡が偽作されるほどだった[47]セネカとパウロの往復書簡英語版)。

代表的なラテン教父アウグスティヌスは、キケロ『ホルテンシウス英語版』を読んで哲学を志し、晩年の『アカデメイア派論駁』でそのキケロに反駁した[58]。またアウグスティヌスは、マリウス・ウィクトリヌス英語版がラテン語に訳したプロティノス『美について』を読んで回心への一歩を踏み出した[53]

グノーシス主義は、中期プラトン主義の影響のもとに形成された[55]

科学技術編集

古代ローマの医学英語版は哲学と関わる。アレクサンドリアからローマに移った医師アスクレピアデス英語版は、エピクロス派の原子論を踏まえた医学を展開した[59]ガレノス中期プラトン主義の影響を受けつつ、そのアスクレピアデスやストア派を批判した[59]ピュロン主義者のセクストス・エンペイリコスは、方法主義学派英語版に対する経験主義学派英語版に所属の医学者でもあった。

古代ローマの天文学英語版も哲学と関わる。マニリウスの天文学詩『アストロノミカ英語版』には、ストア派の影響が見られる[60][24]プトレマイオスは、新ピタゴラス派の同時代人でありながら、ピタゴラス派を批判的に継承して自説を構築した[61]

新プラトン主義者のプロクロスは、エウクレイデス原論』の注釈書を著した。

ラテン文学編集

ラテン文学は元々、哲学が伝来する前の前3世紀からギリシア文学の影響を受けていた[22]

キケロの著作は後世ラテン散文の模範とされた。セネカの著作はラテン文学白銀期の典型とされ[62]、『倫理書簡集英語版』は、ラテン文学において栄えたジャンル「書簡文学」にも位置付けられる[63]ルクレティウス事物の本性について英語版』は、ラテン文学における最初の「教訓叙事詩」にも位置付けられ、ウェルギリウス農耕詩』にも影響を与えた[60]

ウェルギリウスとホラティウスは、エピクロス派やストア派からの題材を詩に取り入れている[24]ペルシウス英語版の『風刺詩』や、ルカヌスの叙事詩『内乱について英語版』には、ストア派の影響が見られる[24]

ローマ法編集

ローマ法史において、共和政後期の法学は「ヘレニズム法学」と呼ばれ、正義の概念や演繹分類の手法などでギリシア哲学から影響を受けたとされる[64]。例えば、鳥占官のスカエウォラ神官のスカエウォラトゥベロ英語版らはストア派の影響、セルウィウス・スルピキウス・ルフスガイウス・アクィッリウス・ガッルスドイツ語版らはアカデメイア派の影響のもとに法学を扱った[64]

キケロは『法律について英語版』で、ストア派の影響を受けつつ、慣習法的な十二表法不文法的な父祖の遺風英語版を、自然法と一致させることを目指した[65]

主な哲学者一覧編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ストア派の「アパテイア」、エピクロス派の「アタラクシア」、ピュロン主義の「エポケー」などを指す。
  2. ^ それまでアリストテレスの著作は、『哲学のすすめ英語版』などの「公開的著作」しか流通していなかった。キケロのアリストテレス受容もそのような状況でおこなわれた。
  3. ^ キケロトゥスクルム荘対談集英語版』第4巻では、他にも様々なローマ文化にピタゴラス派の影響を見出している[19]
  4. ^ この使節来訪については、キケロプルタルコスポリュビオスなど多くの資料がある[23]。使節の目的は、アテナイとオロポス英語版の紛争をめぐってローマがアテナイに課した罰金を、減免させることにあった[23]
  5. ^ 当の大カトー自身は、アテナイへの留学経験があり[26]、ギリシア文化全般の教養があった[26]。大カトーが戒めていたのは、ローマ文化を捨ててギリシア文化に盲従してしまうことだった[27]
  6. ^ 小カトーはストア派を信奉[24]、アッティクスはエピクロス派を信奉[30]、ウァロはアンティオコスを信奉した[24]。またウァロの文法学書『ラテン語について』には、ストア派の音声論の影響も見られる[24]

出典編集

  1. ^ a b c 角田 2006, p. 3.
  2. ^ a b c d e ロング 2009, p. 169f.
  3. ^ ロング 2009, 章題.
  4. ^ a b c d e f 近藤 2020, p. 31f.
  5. ^ 角田 2014, p. 1-3.
  6. ^ 近藤 2020, p. 46.
  7. ^ 内山 2007, p. 23.
  8. ^ a b c 瀬口 2007, p. 358f.
  9. ^ 瀬口 2007, p. 378.
  10. ^ 角田 2001, p. 168.
  11. ^ キケロ『善と悪の究極について英語版』1.1-10 ; 3.40
  12. ^ a b 2014/06/05”. clsoc.jp. 日本西洋古典学会. 2022年7月16日閲覧。
  13. ^ 荻野 2016, p. 129.
  14. ^ a b 近藤 2020, p. 42.
  15. ^ 瀬口 2007, p. 360.
  16. ^ 内山 2007, p. 38.
  17. ^ 内山 2007, p. 40;44.
  18. ^ 西村 2020, p. 164.
  19. ^ a b c チェントローネ, ブルーノ 著、斎藤憲 訳 『ピュタゴラス派 その生と哲学』岩波書店、2000年。ISBN 9784000019231 216頁。
  20. ^ a b リウィウスローマ建国以来の歴史』1.18、キケロトゥスクルム荘対談集英語版』4.2、キケロ『弁論家について英語版』2.37.154、プルタルコス英雄伝』ヌマ伝.1
  21. ^ a b 近藤 2020, p. 34.
  22. ^ a b 瀬口 2007, p. 356f.
  23. ^ a b c 近藤智彦「カルネアデスの反正義論の射程」『ギリシャ哲学セミナー論集』8巻、ギリシャ哲学セミナー、2011年。24頁。
  24. ^ a b c d e f g h i j ロング 2009, はじめに.
  25. ^ a b c d 近藤 2020, p. 35.
  26. ^ a b 角田 2006, p. 316.
  27. ^ 角田 2001, p. 165.
  28. ^ 荻野 2017, p. 127.
  29. ^ 瀬口 2007, p. 363f.
  30. ^ a b c d e f ロング 2003, p. 26f.
  31. ^ 内山 2007, p. 37.
  32. ^ a b 瀬口 2007, p. 369-376.
  33. ^ 近藤 2020, p. 43.
  34. ^ a b c 近藤 2020, p. 39.
  35. ^ Sedley, David (1997-11). “The Ethics of Brutus and Cassius” (英語). Journal of Roman Studies 87: 41–53. doi:10.2307/301367. ISSN 0075-4358. JSTOR 301367. https://www.cambridge.org/core/product/identifier/S0075435800058068/type/journal_article. 
  36. ^ a b c 近藤 2020, p. 44.
  37. ^ 國方 2019.
  38. ^ ロング 2003, p. 318.
  39. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “キュニコス派”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. {{subst:今日}}閲覧。
  40. ^ a b c ロング 2003, p. 352.
  41. ^ 國方 2019, p. 153-156.
  42. ^ 近藤 2020, p. 45.
  43. ^ ディオゲネス・ラエルティオス 著、加来彰俊 訳『ギリシア哲学者列伝 下』岩波文庫、1994年。357f頁(訳者解説)
  44. ^ a b 内山 2007, p. 41f.
  45. ^ 中西恭子 著「ユリアヌスの「生きられた哲学」」、伊藤邦武山内志朗中島隆博納富信留 編 『世界哲学史 2』筑摩書房ちくま新書〉、2020年。ISBN 9784480072924 
  46. ^ エドワード・J・ワッツ著、中西恭子訳 『ヒュパティア 後期ローマ帝国の女性知識人』白水社、2021年。ISBN 9784560097946 319頁。
  47. ^ a b ロング 2003, p. 354.
  48. ^ 西村 2020, p. 162.
  49. ^ 秋山 2007, p. 571f.
  50. ^ 角田 2001, p. 249-265.
  51. ^ 瀬口 2007, p. 382.
  52. ^ 角田 2001, p. 259.
  53. ^ a b 荻野 2016, p. 139.
  54. ^ ジュリア・アナスジョナサン・バーンズ 著『古代懐疑主義入門』金山弥平 訳、岩波書店〈岩波文庫〉、2015年、ISBN 9784003369814 25-28頁。
  55. ^ a b 荻野 2016, p. 136.
  56. ^ 秋山 2017, p. 607f.
  57. ^ a b 土橋茂樹 著「教父哲学」、神崎繁熊野純彦鈴木泉 編 『西洋哲学史 II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社〈講談社選書メチエ〉、2011年。ISBN 978-4062585156 99f頁。
  58. ^ ロング 2003, p. 306.
  59. ^ a b 内山2007 & 35, p. 35.
  60. ^ a b 山下太郎高橋宏幸 著「教訓文学」、高橋宏幸 編 『はじめて学ぶラテン文学史』ミネルヴァ書房、2008年。ISBN 9784623052530 173ff頁。
  61. ^ ファーガソン, キティ 著、柴田裕之 訳 『ピュタゴラスの音楽』白水社、2011年。ISBN 9784560081631 262頁。
  62. ^ 荻野 2007, p. 129.
  63. ^ 高橋宏幸 著「書簡文学」、高橋宏幸 編 『はじめて学ぶラテン文学史』ミネルヴァ書房、2008年。ISBN 9784623052530 198頁。
  64. ^ a b ウルリッヒ・マンテ 著、田中実瀧澤栄治 訳『ローマ法の歴史』ミネルヴァ書房、2008年。ISBN 978-4623052400
  65. ^ 角田 2001, p. 161-163.

参考文献編集