メインメニューを開く

ローマ帝国衰亡史』(ローマていこくすいぼうし、The History of the Decline and Fall of the Roman Empire)は、18世紀イギリス歴史家エドワード・ギボンによって、古代ローマ帝国の衰亡を記述した歴史書の古典大作である。ウィンストン・チャーチルジャワハルラール・ネルーアダム・スミス等の著名人が愛読した事でも知られる。

概要編集

本書は第1巻が1776年に刊行されると多くの読者を集め、1781年古代ローマ帝国の滅亡までを描いた第2・3巻が刊行され、いったんは完結した。しかし後に読者からの要望に応えてローマ帝国の概念をギリシア帝国東ローマ帝国)にまで拡張し、1788年に続編となる第4・5・6巻が刊行された。

五賢帝時代(96年より180年)における古代ローマ帝国の最盛期から始まり、ローマ帝国の東西分裂、ユスティニアヌス1世によるローマ帝国再興の試み、勃興するイスラーム勢力との抗争、十字軍などを描き、オスマン帝国によるコンスタンティノープル陥落(1453年)によって東ローマ帝国が滅亡するまでを記している。ただし、7世紀の皇帝ヘラクレイオスの後からは極端に記述が減り、ギリシア化した東ローマ帝国については否定的な著述が目立つ。特に軍事面では「根本的な問題を抱えており、勝利は全くの偶然によるもの」とまで酷評している。このため、東ローマ帝国最盛期の皇帝バシレイオス2世などについても、ほとんど述べられていない。

ギボンは優れた文章力の故に後の歴史家に大きな影響を与え[1]、ローマ帝国を東西に分割して西方正帝の廃止によって西ローマ帝国が滅亡したとする歴史観を発明した。このことによりギボンは「最初の古代ローマの近代史家」と呼ばれるようになった。しかし、こうしたギボンの見解は今日の歴史学においては学問的叙述とは見なされておらず[1][2]、しばしば「単なるメロドラマ[3]」などと痛烈に批判されることもある。一方でギボンの見解が歴史的に誤っていることを改めて指摘するまでもなくなった今日においては、かえって冷静に『ローマ帝国衰亡史』を楽しむことができるようにもなった[1]。いかにギボンの手法に欠点があろうともギボンは真の歴史家であり[1]、事実として誤っている部分が多々あるにせよ『ローマ帝国衰亡史』は現在も無数の読者を魅了しつづけている[1][2]19世紀末(1897年-1900年)にジョン・バグネル・ベリーによって編纂された『ローマ帝国衰亡史』の新版にはベリーによる学問的な追記と注が付されており、専門書としても利用価値が高いものになっている[1]

訳書編集

  • ローマ帝国衰亡史』全10巻、村山勇三訳、岩波書店岩波文庫〉、復刊1988年・1992年(原著1951年-1959年)。ISBN 4-00-200262-4
  • ローマ帝国衰亡史』全11巻、中野好夫朱牟田夏雄中野好之訳、筑摩書房、1976年-1993年。ISBN 4-480-34600-7
  • 『新訳 ローマ帝国衰亡史』中倉玄喜編訳、PHP研究所、2000年10月。ISBN 4-569-61122-2 - 抄訳版。
    • 『「新訳」ローマ帝国衰亡史 普及版』上、中倉玄喜編訳、PHP研究所、2008年3月。ISBN 978-4-569-69824-3 - 新書版の新版。
    • 『「新訳」ローマ帝国衰亡史 普及版』下、中倉玄喜編訳、PHP研究所、2008年3月。ISBN 978-4-569-69825-0
  • 『図説ローマ帝国衰亡史』吉村忠典後藤篤子編訳、東京書籍、2004年8月。ISBN 4-487-76175-1 - 抄訳版。

関連書籍ほか編集

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ゲオルグ・オストロゴルスキー『ビザンツ帝国史』和田廣訳、恒文社、2001年。ISBN 4770410344。pp.16-17。
  2. ^ a b [ローマ帝国衰亡史]『日本大百科全書小学館
  3. ^ イギリスの歴史学者ピーター・ブラウンによる評。

外部リンク編集

関連項目編集