メインメニューを開く

ローマ軍(ローマぐん)は、古代ローマ王政ローマ共和政ローマおよび帝政ローマ)における軍隊陸軍海軍)の総称。ラテン語では軍隊のことを「エクセルキトゥスexercitus)」といい、「ローマ軍」を「ローマーニー・エクセルキトゥス(Romani exercitus)」あるいは「ノステル・エクセルキトゥス(noster excercitus、我らの軍隊)」などと呼んでいた。

Roman Military banner.svg
古代ローマ軍
紀元前753年西暦476年
制度史
陸軍
(兵種と役職正規軍アウクシリア将軍の一覧)
海軍
(艦船提督の一覧)
戦史
戦争
著名な戦闘
戦功
兵器史
軍事技術 (個人装備攻城兵器カストラ凱旋門街道)
軍政史
歩兵戦術
攻城戦
国境防衛
(城壁ハドリアヌスの長城アントニヌスの長城)
再現イベントにおける第14軍団ゲミナローマ軍団
ローマ軍団のLegio XV Apollinaris(コスプレ

目次

ローマ陸軍編集

ローマ陸軍は、時代によっても異なるが、ローマ市民権を持つ者からなるレギオーlegioローマ軍団)およびローマ市民権を持たない者からなるアウクシリアauxilia、支援軍)に大別することができる。レギオー(軍団)は陸軍の編成単位でもあり、個々の軍団に支援軍が付随して戦闘を行なった。

編成単位としての1個のレギオーは10個のコホルス(cohors、歩兵大隊)に、1個のコホルスは3個のマニプルス(manipulus、歩兵中隊)に、1個のマニプルスは2個のケントゥリア(centuria、百人隊)によって構成されていた。すなわち1個のレギオー(軍団)は、60個のケントゥリア(百人隊)からなっていた。従って計算上は6,000名の軍団兵がいたことになるが、実際は定員割れを起こしていることも多かったという。

共和政時代のローマ陸軍は、本土イタリアではコンスル(執政官)とプラエトル(法務官)が、属州では属州総督プロコンスルプロプラエトル)がおもに全軍の指揮権(インペリウム)を握った。個々の軍団については、ガイウス・マリウス軍制改革以降は、レガトゥス(副官)のうちからレガトゥス・レギオニス(軍団長)を任命して指揮させることが多かった。各軍団の運用については、さらに各6名のトリブヌス・ミリトゥム(兵士長)によって補佐された。

帝政時代になり、国境がある程度画定してくると、防衛が主な目的になった。ローマの国境はケルト人ゲルマン人ならびにパルティアの侵攻頻度からライン川ドナウ川ユーフラテス川に主眼が置かれるようになり、これらに駐屯する軍団は精鋭として名を馳せた。また、彼らの駐屯地はそれぞれが「ミニ・ローマ」とも言うべき画一的な施設・設備を有していたため、特にライン・ドナウ沿いに位置する現在のヨーロッパ諸都市はローマ軍駐屯地を起源としているものが少なくない。

ローマ海軍編集

ラテン語では海軍または艦隊のことをクラッシス(Classis)と呼んだ。詳細は、ローマ海軍を参照。

ギャラリー編集

ビデオ編集

ビデオ、ローマ軍団の訓練。 再制定

関連項目編集