ローライズとは、衣服のデザインの一種。

ローライズジーンズ

パンツなどのボトムスにおいて股上(またがみ)が浅いものを指す。フロントボタンがへそより下にくることが特徴[1]

概要編集

主に女性向けのファッションであるが、ジーンズを中心に男性用のローライズパンツも販売されるようになった。

周りに注目が集まることで、ウエストから上半身がスマートに見えるという特徴がある。また、腹が出た場合に一番出っ張る部分はへその辺りだが、ローライズパンツの場合ベルトをそこより下で締めるため、結果として腹部を圧迫せずに穿くことができる。

ローライズおよびヒップハングの日本での流行は、1960年代から1970年代にすでに見られたが、当時は丈が長くゆったりとした上着と合わせる姿が一般的であった。2000年頃から欧米の女性歌手女優のファッションとして国内に入ってきたローライズでは、丈の短い上着と合わせて腰周りや腹部を露出したファッションで多く使用されている。

デメリットとしては、屈んだ際にショーツやパンティーなどの下着、あるいは臀部そのものが腰の上から見えやすいという点である。

出典編集

  1. ^ GAP|ローライズジーンズ・ローライズデニム|ONLINE STORE

関連項目編集

  • 腰パン - 厳密にはローライズとは違う。腰パンのパンツは標準サイズの股上で、これを意図的に下げている。
  • ヒップハング
  • ハイレグ - ローライズとは逆に、脚側の布地が深く切れ込んだ水着や下着。
  • ローレグ - 本来の意味はハイレグの対義語だが、サブカルチャーの世界では極端なローライズのことを指す場合もある。