メインメニューを開く

ローラ・LC90 (Lola LC90) はラルース1990年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。ドライバーは1989年ザクスピードで全16レースに予備予選落ちした日本人ドライバーの鈴木亜久里、そしてフランス人ドライバーエリック・ベルナールが起用された。

ローラ・LC90
2012年日本GPにてデモラン走行中のLC90 ドライバーは鈴木亜久里
2012年日本GPにてデモラン走行中のLC90
ドライバーは鈴木亜久里
カテゴリー F1
コンストラクター ローラ
デザイナー クリス・マーフィー
ジェラール・ドゥカルージュ
先代 ローラ・LC89B
後継 ローラ・LC91
主要諸元
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プルロッド
トレッド 前:1,810 mm, 後:1,620 mm
ホイールベース 2,850 mm
エンジン ランボルギーニ 3512 3,493cc V12・80度, 640馬力 / 13,000 rpm NA ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ラルース 6速 MT
重量 500 kg (1,100 lb)
燃料 BP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム エスポ・ラルースF1
ドライバー フランスの旗 エリック・ベルナール
日本の旗 鈴木亜久里
出走時期 1990年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 11
初戦 1990年アメリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
0 0 0
テンプレートを表示

開発編集

前年型マシンLC89の後継車として開発された。設計者はクリス・マーフィージェラール・ドゥカルージュ。エンジンは昨年に引き続きランボルギーニV12を搭載、タイヤはグッドイヤーを装着。

レース戦績編集

LC90はシーズン序盤2戦で使用されたLC89Bに代わって、第3戦1990年サンマリノグランプリでデビューした。シーズン前半、ラルースは前年の獲得ポイントが1ポイントのみであったため、予備予選での戦いを強いられた。しかしながら、他チームとは桁違いの速さを示す。ランボルギーニエンジンの開発が進むにつれて予備予選は問題ではなくなり、予選でもトップ10に加わることができるようになっていった。

鈴木亜久里は地元の鈴鹿でチーム初(ランボルギーニにとっては唯一)の表彰台を獲得した。主要なチームの大半(マクラーレンホンダおよびフェラーリ)がレースをリタイアした後、亜久里はホームグランプリでベネトンネルソン・ピケロベルト・モレノに次ぐ3位でフィニッシュした。これはルノーV10を搭載したウィリアムズリカルド・パトレーゼティエリー・ブーツェンを抑えてのものであった[1]

亜久里はまたイギリススペインでもポイントを獲得した。エリック・ベルナールモナコ、イギリス、ハンガリーでポイントを獲得した。チームは11ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング6位でシーズンを終えた。

しかし、ローラの車体を使用しながらコンストラクターを「ラルース」として登録していたことが問題視され、1991年3月にコンストラクターズポイントとランキングを剥奪された(ただし、ドライバーズランキングはそのまま)。

スペック編集

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1990 LC89B
LC90
USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
11 -
29   エリック・ベルナール 13 6 9 Ret 8 4 Ret 6 9 Ret Ret Ret Ret Ret
30   鈴木亜久里 Ret Ret 12 Ret 7 6 Ret Ret Ret Ret 14 6 3 Ret

(前年型のLC89Bの成績を含む。)

  • コンストラクターズランキング-位
  • ドライバーズランキング13位:エリック・ベルナール(予選最高位8位1回 決勝最高位4位1回)
  • ドライバーズランキング12位:鈴木亜久里(予選最高位9位1回 決勝最高位3位1回)

参照編集

  1. ^ F1technical - Larrouse”. www.f1technical.net. 2014年4月11日閲覧。

外部リンク編集