ロールス・ロイス・ゴースト

ゴーストGhost)は、ロールス・ロイス・モーター・カーズが製造する、高級セダン。

初代編集

ロールスロイス・ゴースト シリーズII
ROLLS-ROYCE GHOST SERIES II
ゴーストシリーズII
販売期間 2010年 -
ボディタイプ 観音開き4ドア セダン
エンジン 6,591ccV型12気筒DOHC直噴ツインターボ
駆動方式 FR
最高出力 570PS/5,250rpm
最大トルク 780Nm/1,500rpm
変速機 8速AT
サスペンション 前:ダブルウイッシュボーンエアサスペンション
後:マルチリンクエアサスペンション
全長 5,400mm
5,570mm(ロングホイールベース)
全幅 1,950mm
全高 1,550mm
ホイールベース 3,295mm
3,465mm(ロングホイールベース)
車両重量 2,480kg
2,580kg(ロングホイールベース)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2009年3月のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで、コンセプトモデルの「ロールス・ロイス・200EX」が公開され、同年4月の上海モーターショーで「ゴースト」に改名した。開発当時の名称は「RR04」だった。同社のファントムを一回りほど小型化したサイズである。日本では2009年より販売が開始された。ドアはロールス・ロイスの例に漏れず観音開きである。

2014年に約5年ぶりにマイナーチェンジを行い、シリーズIIとなった。ヘッドライトの意匠変更のほか、ボンネット、フロントグリルがわずかに変更されている。ヘッドライトはステアリングの舵角によって向きを変える機能が搭載された。日本では同年10月31日に発売された[1]

派生車種として、クーペ版のレイス2013年より販売開始された。こちらは、エンジン出力がより引き上げられている。

ギャラリー編集

2代目編集

ロールス・ロイス・ゴースト
販売期間 2021年-
ボディタイプ セダン
エンジン V型12気筒DOHC48バルブツインターボ
エンジン位置 フロント
駆動方式 4WD
最高出力 420kw(571PS)/5000rpm
最大トルク 850Nm/1600rpm-4250rpm
変速機 8速AT
サスペンション フロント:ダブルウィッシュボーン リア:5リンク式
全長 5545mm
全幅 2000mm
全高 1570mm
ホイールベース 3295mm
車両重量 2540kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2020年に11年ぶりの2代目ゴーストが発表された。Post opulence(ポストオピュレンス)「脱・贅沢」をコンセプトとしプラットフォームは刷新され先代と同じなのはマスコットとリアドアの傘入れ以外はすべてゼロから開発された。

脚注編集

[脚注の使い方]


出典編集

  1. ^ 「ロールス・ロイス・ゴースト シリーズII」発売Web CG

外部リンク編集