メインメニューを開く

ローレウス世界スポーツ賞 (The Laureus World Sports Awards) は、各年に世界のスポーツの各分野で活躍した個人及び団体を選出してたたえる賞である。「スポーツ界のアカデミー賞」として、ダイムラーリシュモンが共同で創設した。パートナーとしてメルセデス・ベンツインターナショナル・ウォッチ・カンパニーがサポートを行っている。2018年からは三菱UFJフィナンシャル・グループがパートナーに加わった。1999年創設のローレウスは「ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー」「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード」から構成される、スポーツを通じて社会貢献活動をおこなうプロジェクトであり「スポーツの力をもって社会問題に立ち向かい、スポーツの素晴らしさを世の中に広める」ことを理念とする。

2019年、女子テニス世界ランク1位の大坂なおみが、日本人として初めて「年間最優秀成長選手賞(ブレークスルー賞)」を受賞した。

概要編集

現在は8つのカテゴリーで受賞者が選出され、受賞者にはカルティエのデザインによる「ローレウス像」が授与される。各年の受賞候補者は、世界中のスポーツ・ジャーナリストの投票で毎年一度選出され、候補者の中から最終的にローレウス・アカデミー会員の投票で受賞者が決定する。アカデミー会員は各競技の元著名選手で構成される。第1回は2000年に開催され5月25日にモンテカルロで授賞式が行われた。この際にはネルソン・マンデラがスピーチを行っている。授賞式は毎回盛大に行われるが、2009年は世界的な不況を受けて、派手な式は催されなかった。最多受賞はロジャー・フェデラー(テニス)で、計6回(年間最優秀男子選手賞5回・年間最優秀復帰選手賞1回)である。

日本人とローレウス編集

日本人としては、2019年に大坂なおみが「年間最優秀成長選手賞」を受賞している。他にノミネート歴として2005年の野村忠宏、2010年の国枝慎吾、2011年の澤穂希なでしこジャパン、2018年の上地結衣、2019年の羽生結弦がある。

各部門編集

  • 年間最優秀男子選手 (Laureus World Sportsman of the Year)
  • 年間最優秀女子選手 (Laureus World Sportswoman of the Year)
  • 年間最優秀チーム (Laureus World Team of the Year)
  • 年間最優秀成長選手 (Laureus World Breakthrough of the Year)
    • ※2006年までは年間最優秀新人選手 (Laureus World Newcomer of the Year)
  • 年間最優秀復帰選手 (Laureus World Comeback of the Year)
  • 年間最優秀障害者選手 (Laureus World Sportsperson of the Year with a Disability)
  • 年間最優秀Xスポーツ選手 (Laureus World Action Sportsperson of the Year)
  • スピリット・オブ・スポーツ賞 (Laureus Spirit of Sport Award)
    • ※2005年に創設
  • 偉業達成賞 (Exceptional Achievement Award)
    • ※2013年に創設
  • スポーツ貢献賞 (Laureus Sport for Good Award)
  • 生涯功労賞 (Laureus Lifetime Achievement Award)

歴代受賞者編集

年間最優秀男子選手賞編集

受賞者(競技種目)
2019   ノバク・ジョコビッチ(テニス)
2018   ロジャー・フェデラー(テニス)
2017   ウサイン・ボルト(陸上競技)
2016   ノバク・ジョコビッチ(テニス)
2015   ノバク・ジョコビッチ(テニス)
2014   セバスチャン・ベッテル(F1)
2013   ウサイン・ボルト(陸上競技)
2012   ノバク・ジョコビッチ(テニス)
2011   ラファエル・ナダル(テニス)
2010   ウサイン・ボルト(陸上競技)
2009   ウサイン・ボルト(陸上競技)
2008   ロジャー・フェデラー(テニス)
2007   ロジャー・フェデラー(テニス)
2006   ロジャー・フェデラー(テニス)
2005   ロジャー・フェデラー(テニス)
2004   ミハエル・シューマッハ(F1)
2003   ランス・アームストロング[1](ロードレース)
2002   ミハエル・シューマッハ(F1)
2001   タイガー・ウッズ(ゴルフ)
2000   タイガー・ウッズ(ゴルフ)

年間最優秀女子選手賞編集

受賞者(競技種目)
2019   シモーネ・バイルズ(体操競技)
2018   セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
2017   シモーネ・バイルズ(体操競技)
2016   セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
2015   ゲンゼベ・ディババ(陸上競技)
2014   メリッサ・フランクリン(競泳)
2013   ジェシカ・エニス(陸上競技)
2012   ビビアン・チェルイヨット(陸上競技)
2011   リンゼイ・ボン(アルペンスキー)
2010   セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
2009   エレーナ・イシンバエワ(陸上競技)
2008   ジュスティーヌ・エナン(テニス)
2007   エレーナ・イシンバエワ(陸上競技)
2006   ヤニツァ・コステリッチ(アルペンスキー)
2005   ケリー・ホームズ(陸上競技)
2004   アニカ・ソレンスタム(ゴルフ)
2003   セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
2002   ジェニファー・カプリアティ(テニス)
2001   キャシー・フリーマン(陸上競技)
2000   マリオン・ジョーンズ[1](陸上競技)

年間最優秀チーム賞編集

受賞チーム(競技種目)
2019   サッカーフランス代表(サッカー)
2018   メルセデスAMG(F1)
2017   シカゴ・カブス(野球)
2016   ラグビーニュージーランド代表(ラグビー)
2015   サッカードイツ代表(サッカー)
2014   バイエルン・ミュンヘン(サッカー)
2013   ライダーカップヨーロッパ代表(ゴルフ)
2012   FCバルセロナ(サッカー)
2011   サッカースペイン代表(サッカー)
2010   ブラウンGP(F1)
2009   2008年北京オリンピックの中国選手団(北京五輪)
2008   ラグビー南アフリカ代表(ラグビー)
2007   サッカーイタリア代表(サッカー)
2006   ルノーF1(F1)
2005   サッカーギリシャ代表(サッカー)
2004   ラグビーイングランド代表(ラグビー)
2003   サッカーブラジル代表(サッカー)
2002   クリケットオーストラリア代表(クリケット)
2001   サッカーフランス代表(サッカー)
2000   マンチェスター・ユナイテッドFC(サッカー)

年間最優秀成長選手賞編集

受賞者(競技種目)
2019   大坂なおみ(テニス)
2018   セルヒオ・ガルシア(ゴルフ)
2017   ニコ・ロズベルグ(F1)
2016   ジョーダン・スピース(ゴルフ)
2015   ダニエル・リチャルド(F1)
2014   マルク・マルケス(MotoGP)
2013   アンディ・マレー(テニス)
2012   ローリー・マキロイ(ゴルフ)
2011   マルティン・カイマー(ゴルフ)
2010   ジェンソン・バトン(F1)
2009   レベッカ・アドリントン(競泳)
2008   ルイス・ハミルトン(F1)
2007   アメリ・モレスモ(テニス)
2006   ラファエル・ナダル(テニス)
2005   劉翔(陸上競技)
2004   ミシェル・ウィー(ゴルフ)
2003   姚明(バスケットボール)
2002   ファン・パブロ・モントーヤ(F1)
2001   マラト・サフィン(テニス)
2000   セルヒオ・ガルシア(ゴルフ)

※2006年までは年間最優秀新人選手

年間最優秀復帰選手賞編集

受賞者(競技種目)
2019   タイガー・ウッズ(ゴルフ)
2018   ロジャー・フェデラー(テニス)
2017   マイケル・フェルプス(競泳)
2016   ダニエル・カーター(ラグビー)
2015   スカルク・バーガー(ラグビー)
2014   ラファエル・ナダル(テニス)
2013   フェリックス・サンチェス(陸上競技)
2012   ダレン・クラーク(ゴルフ)
2011   バレンティーノ・ロッシ(MotoGP)
2010   キム・クライシュテルス(テニス)
2009   ビタリ・クリチコ(ボクシング)
2008   ポーラ・ラドクリフ(陸上競技)
2007   セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
2006   マルチナ・ヒンギス(テニス)
2005   アレッサンドロ・ザナルディ(WTCC)
2004   ヘルマン・マイヤー(アルペンスキー)
2003   ロナウド(サッカー)
2002   ゴラン・イワニセビッチ(テニス)
2001   ジェニファー・カプリアティ(テニス)
2000   ランス・アームストロング[1](ロードレース)

年間最優秀障害者選手賞編集

受賞者(競技種目)
2019   ヘンリエッタ・ファルカショバ(アルペンスキー)
2018   マルセル・フグ(陸上競技)
2017   ベアトリーチェ・ヴィオ(フェンシング)
2016   ダニエル・ディアス(競泳)
2015   タチアナ・マクファーデン(車いすマラソン)
2014   マリー・ブシェ(アルペンスキー)
2013   ダニエル・ディアス(競泳)
2012   オスカー・ピストリウス(陸上競技)
2011   ベレーナ・ベンテレ(バイアスロン/クロスカントリースキー)
2010   ナタリー・デュトワ(競泳)
2009   ダニエル・ディアス(競泳)
2008   エステル・フェルヘール(車いすテニス)
2007   マルティン・ブラクセンターラー(アルペンスキー)
2006   エレンスト・ヴァン・ダイク(車いすマラソン)
2005   シャンタル・プチクレール(車いす陸上競技)
2004   アール・コナー(陸上競技)
2003   マイケル・ミルトン(アルペンスキー)
2002   エステル・フェルヘール(車いすテニス)
2001   ヴィニー・ロワース(ヨット単独世界一周)
2000   ルイーズ・ソバージュ(車いす陸上競技)

年間最優秀Xスポーツ選手賞編集

受賞者(競技種目)クロエ・キム
2019   クロエ・キム(スノーボード)
2018   Armel Le Cléac'h(セーリング)
2017   レイチェル・アサートン(ダウンヒル(DHI)&フォークロス(4X))
2015   アラン・ユースタス(スカイダイビング)
2014   ジェイミー・ベストウィック(BMX)
2013   フェリックス・バウムガルトナー(スカイダイビング)
2012   ケリー・スレーター(サーフィン)
2011   ケリー・スレーター(サーフィン)
2010   ステファニー・ギルモア(サーフィン)
2009   ケリー・スレーター(サーフィン)
2008   ショーン・ホワイト(スノーボードスケートボード)
2007   ケリー・スレーター(サーフィン)
2006   アンジェロ・ダリーゴ(ハンググライダー)
2005   エレン・マッカーサー(セーリング)
2004   レイン・ビーチリー(サーフィン)
2003   ディーン・ポッター(フリークライミング)
2002   ボブ・バーンクイスト(スケートボード)
2001   マイク・ホーン(探検家)
2000   ショーン・パーマー(スノーボード)

スピリット・オブ・スポーツ賞編集

※2005年に創設

偉業達成賞編集

※2013年に創設

スポーツ貢献賞編集

生涯功労賞編集

スポーツインスピレーション編集

ローレウス・アカデミー会員編集

人数 国籍 会員名(競技種目)
13   アメリカ合衆国 マーカス・アレン(アメリカンフットボール)
マービン・ハグラー(ボクシング)
トニー・ホーク(スケートボード)
マイケル・ジョンソン(陸上競技)
ダン・マリーノ(アメリカンフットボール)
ジョン・マッケンロー(テニス)
エドウィン・モーゼス(陸上競技)
ロビー・ナッシュ(ウインドサーフィン、カイトサーフィン)
マルチナ・ナブラチロワ(テニス)
ジャック・ニクラス(ゴルフ)
モニカ・セレシュ(テニス)
ウィリー・シューメーカー※(競馬)
マーク・スピッツ(競泳)
4   イギリス セバスチャン・コー(陸上競技)
タニ・グレイ=トンプソン(車いす陸上競技)
デイリー・トンプソン(陸上競技)
スティーヴ・レッドグレーヴ(ボート)
4   オーストラリア ドーン・フレーザー(競泳)
キャシー・フリーマン(陸上競技)
スティーヴ・ウォー(クリケット)
マイケル・ドゥーハン(モーターサイクル)
3   ドイツ フランツ・ベッケンバウアー(サッカー)
ボリス・ベッカー(テニス)
カタリナ・ヴィット(フィギュアスケート)
3   南アフリカ共和国 マイク・ホーン(探検家)
ゲーリー・プレーヤー(ゴルフ)
モーン・ド・プレッシ(ラグビー)
2   イタリア ジャコモ・アゴスチーニ(モーターサイクル)
アルベルト・トンバ(アルペンスキー)
2   スペイン セベ・バレステロス※(ゴルフ)
ミゲル・インドゥライン(自転車競技)
2   ニュージーランド ピーター・ブレイク※(ヨット)
ショーン・フィッツパトリック(ラグビー)
2   イングランド イアン・ボーサム(クリケット)
ボビー・チャールトン(サッカー)
2   ルーマニア ナディア・コマネチ(体操)
イリ・ナスターゼ(テニス)
2   フランス マルセル・デサイー(サッカー)
ダビド・ドゥイエ(柔道)
1   ウクライナ セルゲイ・ブブカ(陸上競技)
1   中国 トウ亞萍(卓球)
1   インド カピル・デヴ(クリケット)
1   ブラジル エマーソン・フィッティパルディ(モーターレース)
1   フィンランド ミカ・ハッキネン(モーターレース)
1   ケニア キプチョゲ・ケイノ(陸上競技)
1   オーストリア フランツ・クラマー(アルペンスキー)
1   モロッコ ナワル・エル・ムータワキル(陸上競技)
1   ロシア アレクセイ・ネモフ(体操)
1   アルゼンチン ヒューゴ・ポルタ(ラグビー)
1   アンティグア・バーブーダ ヴィヴ・リチャーズ(クリケット)

※故人

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ドーピングにより剥奪。

外部リンク編集