ローレンス・ベル

ローレンス・デール・ベルLawrence Dale Bell1894年4月5日-1956年10月20日)は、アメリカの実業家であり、ベル・エアクラフト社の創立者である。

ローレンス・デール・ベル
Larrybell.gif
生誕 (1894-04-05) 1894年4月5日
アメリカ合衆国インディアナ州メントーン
死没1956年10月20日(1956-10-20)(62歳)
アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー
墓地フォーレスト・ローン墓地(ニューヨーク州バッファロー)
国籍アメリカ合衆国
職業実業家
著名な実績ベル・エアクラフト・コーポレーション
受賞ダニエル・グッゲンハイム賞 (1944)
公式サイトwww.bellaircraftmuseum.org

経歴および受賞歴編集

インディアナ州メントーンで生まれたベルは、1907年に家族と一緒にカリフォルニア州サンタモニカに移住するまで、そこで暮らした。1912年、兄のグローバー・ベルとスタント・パイロットであるリンカーン・ビーチェイの航空事業に整備員として加わった。翌年、グローバーが墜落事故で亡くなると、ローレンスは、航空事業から身を退くことを決意した。しかしながら、復帰するように友人たちから説得され、グレン・L・マーティン・カンパニーで働き始めた。20歳でマーティン社の工場長、その後同社の総支配人に就任したローレンスは、共同経営者になることを望んでいた。[1]

1915年7月17日、ルシール・マインウォーニング(Lucille Mainwaring、1891年-1970年)と結婚、2人に子供はなく結婚生活はその後33年間継続した。[2]

 
ニューヨーク州のナイアガラの滝近郊にあるベル社の組立ライン

1928年、マーティン社を退職し、ニューヨーク州バッファローのコンソリデーテッド・エアクラフト社に入社して、副社長兼総支配人に就任した。コンソリデーテッドがサンディエゴに移設された後もバッファローに留まったベルは、1935年7月10日、56名の従業員を持つベル・エアクラフト社を設立した[1]。1938年、44名の実業家たちと共に、アメリカ政府主催の視察旅行に参加し、ドイツを訪問したベルは、フォッケウルフ Fw 61というヘリコプターに出会った。帰国後は、ドイツの航空機工場のレイアウトを自分のナイアガラ・フォールズ工場に採用した。第2次世界大戦中、ベル・エアクラフト社は、P-39エアコブラおよびP-63キングコブラ戦闘機を製造した。同社が製造したP-59エアラコメットは、アメリカで製造された最初のジェット機であった。戦後、ベル・エアクラフト社は、初めて水平飛行中に音速を突破したベルX-1を製造した。1941年にはヘリコプターの製造を開始し、1943年にベル30が初飛行を行った。この機体から発展したベル47は、歴史上、最も有名な航空機の1つになった。

ローレンス・ベルは、X-1の初めての音速飛行の実現に果たした役割が認められ、パイロットのチャック・イェーガーおよびアメリカ航空諮問委員会(現在のアメリカ航空宇宙局)の設計科学者の1人であるジョン・スタックと共に、1947年のコリア・トロフィーを受賞した。また、1944年にSAE(米国自動車技術者協会)のダニエル・グッゲンハイム賞を受賞した。死後には、アメリカ国立航空殿堂(1977年)、陸軍飛行士殿堂(1986年)および国際航空宇宙殿堂(2004年)にそれぞれ殿堂入りを果たした。

ベルは、フリーメイソンのヨーク礼拝に招待され、最終的にはグランド・マスターの地位を得ている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b Pate, J'Nell L. Arsenal of Defense: Fort Worth's Military Legacy p. 137-138. Texas State Historical Association Press, 2011.
  2. ^ Norton, Donald J. Larry, a biography of Lawrence D. Bell p. 30. Nelson-Hall, Chicago, 1981. 0882296159

外部リンク編集