ワイタンギ条約(ワイタンギじょうやく、Treaty of Waitangi, マオリ語: Te Tiriti o Waitangi)とは、1840年2月6日ニュージーランド北島ワイタンギにおいて、先住民族マオリ族とイギリス王権との間で締結された条約である。

ワイタンギ条約
署名 1840年2月6日
署名場所 ニュージーランド北島ワイタンギ
締約国 先住民族マオリ族とイギリス王権
主な内容 主権と土地の所有権を明確にする
テンプレートを表示

内容編集

3か条からなる。

  1. 全てのマオリ族は英国女王の臣民となりニュージーランドの主権を王権に譲る。
  2. マオリの土地保有権は保障されるが、それらの土地は全てイギリス政府へのみ売却される。
  3. マオリはイギリス国民としての権利を認められる。

が要約した内容である。

概要編集

当時、ヨーロッパ人入植者とマオリの間で紛争が多発しており、主権と土地の所有権を明確にするために制定された。

しかしながら条約を英語からマオリ語に翻訳した訳文に問題があり、土地を巡る紛争も無くならなかったことから1845年から30年間続くマオリ族の反乱が起こる事態となった。反乱は鎮圧されたものの、この問題はその後も長きに渡って議論されることになった。

例えば「主権」(sovereignty) を表すマオリ語が存在しなかったため、マオリ語の造語「カワナタンガ」(kawanatanga) を使った。だがその造語の意味は「主権」よりも「行政権」(governance) に近かった。また、マオリの土地所有権は部族の長に属していたが、イギリス側の認識では個人間の土地取引を前提としていた。

1975年に至り、ワイタンギ審判所が創立され、ワイタンギ条約で認められた権利について再度審議が開始された。その結果、権利の侵害があったと認定された過去の事例に関してはマオリに対して損害賠償が支払われた。

1987年英語だけだったニュージーランドの公用語マオリ語を加えた。