ワイドレシーバー (アメリカンフットボール)

ワイドレシーバーのポジション例

ワイドレシーバー (WR)は、アメリカンフットボールカナディアンフットボールの攻撃のポジションである。プレー開始時、通常はチームの中心から離れたサイドライン際に位置する。チームで最も足の速さが求められるポジションの1つであり、主にパスプレーにおけるパスキャッチのスペシャリストとしての役割を負う。

役割編集

レシーバーの主な役割は、コーナーバック等の守備のマークの隙を突いて、クォーターバックからのパスをキャッチすることである。

歴史編集

タイプ編集

レシーバーは単に「レシーバー」と呼ばれることが多いが、作戦上レシーバーには特定の名称が付けられているのがほとんどである。

  • スプリットエンド (X or SE):スナップ時に7人がスクリメージラインに居なければならないというルールに適合するため、スクリメージライン上にいるレシーバー[1]
  • フランカー (Z or FL or 6 back):スクリメージラインから下がってセットするレシーバー[2]
  • スロットバック(SB): タックルとスプリットエンドの間にセットし、スクリメージラインから下がってセットするレシーバー。フランカーと同様の役割を負うが、セットする位置によって呼び名が変わる。

背番号編集

ワイドレシーバーの番号は1973年80 - 89と規定されたが、1996年80番台に空きがなくなったニューヨーク・ジェッツに入団したキーション・ジョンソンは、19番の使用を求め、彼の主張は認められた。その後、2004年、空きがあってもワイドレシーバーが10 - 19番を使用することを正式に認められた[3]

脚注編集

  1. ^ Wide receiver terminology at phillyburbs.com
  2. ^ Wide receiver terminology at phillyburbs.com
  3. ^ Football 101 - Uniform Numbering System