ワイパーズ・タイムズ

ワイパーズ・タイムズ』(英語: The Wipers Times) は第一次世界大戦の最中にベルギーイーペルの最前線で、イギリス軍兵士たちが塹壕で刊行していた定期刊行物である。1916年の初頭に第12歩兵大隊シャーウッド・フォレスターズがイーペルの前線に駐屯していた時、印刷機が発見され、それをきっかけに刊行されるようになった。刊行物の名前は英国軍兵士の間でスラングとして通用していたイーペル (Ypres) の発音「ワイパーズ」(Wipers) に由来している。

ワイパーズ・タイムズ
"The Wipers Times", front page of the first issue (12 February 1916)
『ワイパーズ・タイムズ』創刊号(1916年2月12日)
刊行頻度 不定期刊行
形式 27.8 cm x 18 cmくらい
創刊号 1916年2月
最終号 1918年12月
ベルギーフランス
言語 英語
テンプレートを表示

来歴編集

1916年の初頭に第24師団第12歩兵大隊シャーウッド・フォレスターズがイーペルの前線に駐屯していた時、打ち捨てられた印刷機が見つかった[1]。平時に印刷業者を営んでいたことのある軍曹がいたため、印刷ができるようになった[2]編集長はフレデリック・ジョン・ロバーツ大尉(後に中佐、戦功十字章受章者)、編集補佐はジョン・ヘスケス・「ジャック」・ピアソン中尉(後に中佐、殊功勲章、戦功十字章受章者)であった[3][4]

初めは『ワイパーズ・タイムズ・アンド・セイリアント・ニュース』(The Wipers Times and Salient News) というタイトルで、1916年2月12日に創刊号が100部印刷された[3]。創刊号も含めてたいてい12ページほどで、その後22号まで発行された[3]。タイトルは、英国軍兵士が地名のイーペル (Ypres) を「ワイパーズ」(Wipers) のように発音していたことに由来している[3]

刊行物の大きさやレイアウトはあまり大きく変わらなかったものの、タイトルは数回変わっており、The new church timesThe Kemmel timesThe Somme timesThe B.E.F. timesThe Better Timesなどと呼ばれていたこともある[3][5]。B.E.F.はBritish Expeditionary Force(英国海外派遣軍)の頭字語である[3]。1918年、状況好転を願ってThe Better Times (『より良き時代』)というタイトルで最終号が刊行された[3]

内容編集

 
無人地帯の不動産売却に関する冗談広告

内容の大部分は塹壕での暮らしを主題とするジョーク風刺であり、イギリスの著名な老舗風刺雑誌である『プライヴェート・アイ英語版』にたとえられている[1]。兵士から投稿された自作の風刺漫画が多く掲載されていた[2]ユーモアが非常に重視されており、無人地帯不動産の売却に関する広告など、ジョーク広告も多数掲載されていた[2]

第一次世界大戦期の英国軍兵士の間では詩作が盛んで、多数の戦争詩人英語版が活躍していた[6][7]。『ワイパーズ・タイムズ』には詩が投稿されるばかりではなく、塹壕の兵士たちの間で詩の人気が高まりすぎていることを指摘し、危険な任務の最中も常に詩のことばかり考えていて仕事をおそろかにする者に注意を促すなど、詩に関する面白おかしい内容の冗談記事が掲載されていた[1]

刊行履歴編集

初版編集

塹壕で書かれた日記や刊行物はあまりきちんと残っていない[6]。『ワイパーズ・タイムズ』もそれほど多数は残っていないが、イーペルのフランドル戦場博物館英語版には1916年2月12日の創刊号が所蔵されている[8]大英図書館にも1916年7月31日の号などが所蔵されている[9][10]

ファクシミリ版編集

ファクシミリ版は複数刊行されている。

  • The Wipers Times: A facsimile reprint of the trench magazines: The Wipers Times-The New Church Times-The Kemmel Times-The Somme Times-The B.E.F. Times. Herbert Jenkins Ltd.. (1918) 
  • The Wipers Times: Including for the first time in one volume a facsimile reproduction of the complete series of the famous wartime trench magazines. Eveleigh Nash & Grayson. (1930) 
  • The Wipers Times. P. Davies. (1973). ISBN 0-432-01292-3 
  • The Wipers Times. Macmillan. (1988). ISBN 0-333-47653-0 
  • The Wipers Times: The Complete Series of the Famous Wartime Trench Newspaper. Little Books. (January 2006). ISBN 1-904435-60-2 
  • Suffering from Cheerfulness: The best bits from The Wipers Times. Little Books. (May 2007). ISBN 978-1-904435-66-2 
  • The Wipers Times: The Famous First World War Trench Newspaper. Conway. (September 2013). ISBN 9781844862337 

受容編集

テレビ番組編集

2013年にBBCが『ワイパーズ・タイムズ』にもとづいてイアン・ヒスロップとニック・ニューマン脚本でテレビドラマ The Wipers Times を制作した[11]。ヒスロップとニューマンは『プライヴェート・アイ』で働いていた[12]ベン・チャップリンがフレッド・ロバーツ大尉を、ジュリアン・リンド=タットがジャック・ピアソン中尉を演じ、マイケル・ペイリンエミリア・フォックスも出演した[11]

舞台化編集

2016年9月にテレビドラマの The Wipers Times を原作とする同名の舞台劇がテレビ版の脚本家であるイアン・ヒスロップとニック・ニューマンにより執筆され、ニューベリーのウォーターミル・シアターで初演された後、ロンドンウェスト・エンドにあるアーツ・シアターで上演された[13][12]。ヒスロップとニューマンはテレビドラマが制作される前の2006年から『ワイパーズ・タイムズ』の戯曲化に取り組んでいたという[14]。2017年の9月から11月にかけて、本作はカーディフのニュー・シアター、オックスフォードのオクスフォード・プレイハウス、ウェストクリフ=オン=シーのパレス・シアター、ギルフォードのイヴォンヌ・アルノー・シアター、マンチェスターのマンチェスター・オペラ・ハウス、グラスゴーのシアター・ロイヤル、チェルトナムのエヴリマン・シアターを巡回した[12]。2017年のリメンブランス・デーの週末にはグラスゴーのシアター・ロイヤルで上演された[15]。2018年8月から12月まで再度UKツアーを行った後、10月16日から12月1日までウェスト・エンドのアーツ・シアターでまた上演された[16][17]

脚注編集

  1. ^ a b c Watch out for The Wipers Times (aka Private Eye in the Ypres trenches)” (英語). the Guardian (2013年7月3日). 2021年5月8日閲覧。
  2. ^ a b c Cahal Milmo (2013年7月5日). “Trenches humour: The satirical newspaper that was a masterclass in use” (英語). The Independent. 2021年5月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Shute, Joe (2016年2月12日). “Wipers Times: why the newspaper from WWI's trenches is making a comeback”. The Telegraph 
  4. ^ Army Medal Office. WWI Medal Index Cards
  5. ^ Beaver, Patrick, ed (1988). The Wipers times: a complete facsimile of the famous World War One trench newspaper, incorporating The 'New Church' times, The Kemmel times, The Somme times, The B.E.F. times, and The 'Better times'. London: Papermac. ISBN 978-0-333-47653-6. OCLC 17984117. https://catalogue.nla.gov.au/Record/6039008 
  6. ^ a b Laugesen, Amanda. “The comfort of reading in WWI: the bibliotherapy of trench and hospital magazines” (英語). The Conversation. 2021年5月13日閲覧。
  7. ^ 5 influential WW1 poets you should know about” (英語). HistoryExtra. 2021年5月13日閲覧。
  8. ^ The Wipers times 12 February 1916| Nieuws van de Groote Oorlog”. nieuwsvandegrooteoorlog.hetarchief.be. 2021年5月13日閲覧。
  9. ^ The Somme-Times: with which are incorporated The Wipers Times, The 'New Church' Times & The Kemmel Times, 1, 'Sommewhere' in France: Sherwood, Forester & Co. Ltd., (July 31, 1916) 
  10. ^ British Library Item details - The Somme-times : with which are incorporated The Wipers Times, The ’New Church’ Times, The Kemmel Times.”. primocat.bl.uk. 2021年5月13日閲覧。
  11. ^ a b Hughes, Sarah (2013年9月12日). “TV review: The Wipers Times, BBC2 - A bit like Blackadder, only true”. The Independent (London: INM). ISSN 0951-9467. OCLC 185201487. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/reviews/tv-review-the-wipers-times-bbc2--a-bit-like-blackadder-only-true-8810148.html 2014年12月3日閲覧。 
  12. ^ a b c Will Longman (2017年4月3日). “The Wipers Times to embark on UK tour” (英語). https://www.whatsonstage.com/london-theatre/news/the-wipers-times-uk-tour-ian-hislop_43275.html 2018年6月5日閲覧。 
  13. ^ Judi Herman. “Review: The Wipers Times (Watermill, Newbury) | WhatsOnStage” (英語). www.whatsonstage.com. 2021年5月13日閲覧。
  14. ^ Will Longman. “Ian Hislop: 'The Wipers Times is the authentic voice of the trenches' | WhatsOnStage” (英語). www.whatsonstage.com. 2021年5月13日閲覧。
  15. ^ McMillan, Joyce (2017年11月10日). “Theatre reviews: The Wipers Times / Meat Market”. The Scotsman. https://www.scotsman.com/lifestyle/culture/theatre/theatre-reviews-the-wipers-times-meat-market-1-4610059 2017年11月30日閲覧。 
  16. ^ “The Wipers Times to return to the West End this autumn” (英語). London Theatre Guide. (2018年2月19日). https://www.londontheatre.co.uk/theatre-news/news/the-wipers-times-to-return-to-the-west-end-this-autumn 2018年6月5日閲覧。 
  17. ^ “THE WIPERS TIMES Will Tour The UK In 2018 Before Returning To The West End” (英語). BroadwayWorld.com. (2018年2月19日). https://www.broadwayworld.com/westend/article/THE-WIPERS-TIMES-Will-Tour-The-UK-In-2018-Before-Returning-To-The-West-End-20180219 2018年6月5日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集