ワイリー賞(Wiley Prize in Biomedical Sciences)はアメリカ合衆国のワイリー財団が、基礎医学や臨床応用の研究成果を促進することを目的に、2002年以来毎年授与している生命医学の賞。

賞金は35,000ドルで、受賞者はニューヨークロックフェラー大学で記念講演を行う。

これまでの受賞者総数39名(2019年10月現在)のうち、14名(約35.8%) が後にノーベル生理学・医学賞またはノーベル化学賞を受賞し(生理学・医学賞12名、化学賞2名)、ノーベル賞の一つの有力な先行指標とされている。

受賞者編集

太字はノーベル賞受賞者

参照編集