メインメニューを開く

ワイルドキャッツ』(原題:Wildcats)は、1986年制作のアメリカ合衆国の映画

ワイルドキャッツ
Wildcats
監督 マイケル・リッチー
脚本 エズラ・サックス
製作 アンシア・シルバート
製作総指揮 ゴールディ・ホーン
出演者 ゴールディ・ホーン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ドナルド・E・ソーリン
編集 リチャード・A・ハリス
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年2月14日
日本の旗 1986年4月29日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$26,285,544[1]
テンプレートを表示

高校のアメリカンフットボール部のコーチに就任した女性の奮闘ぶりを描いたスポーツコメディ映画ゴールディ・ホーン主演兼・製作総指揮。また、ウェズリー・スナイプスのデビュー作品でもある。


目次

あらすじ編集

シカゴにあるプレスコット高校の陸上部のコーチ、モリーは名フットボールコーチを父に持ち、離婚して2人の娘がいる。そんな彼女の夢はフットボール部のコーチになる事だが、体育部長のダーウェルは女なんかに務まる訳がないとそれに強く反対する。やがて彼女の熱意に負けたダーウェルは、スラムにあるセントラル高校のフットボールチーム・ワイルドキャッツのコーチを世話した。

しかし、そのセントラル高校は荒れた学校として悪名を馳せており、さらにワイルドキャッツは戦績がシカゴ最低という弱いチームだった。モリーはコーチを辞めようとするが娘や友人から励まされ、ヤル気を出す。だが、チームの連中はモリーを女とバカにし、彼女に嫌がらせをする。

頭にきたモリーは、彼らにモリーが負けたらコーチを辞めるという条件でランニング競争という挑戦状をたたきつける。結果は次々と脱落者が出て、ついに全員がギブアップ、モリーが勝利する。この一件でチームの連中は彼女に一目置くようになり、モリーはチームを強くするために奮闘、チームの連中も彼女の期待に応えて、チームはそれまでとは一転して強くなり、試合で連勝していく。

そして、チームはついに最終戦でモリーの古巣であるプレスコット高校との対戦を迎えた。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Wildcats (1986)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2014年3月20日閲覧。

外部リンク編集