メインメニューを開く

ワイルド・フロンティア

ゲイリー・ムーアのアルバム

ワイルド・フロンティア』(Wild Frontier)は、北アイルランドギタリストゲイリー・ムーア1987年に発表した8作目のスタジオ・アルバム[11]ヴァージン・レコード傘下の10レコードからリリースされた[12]。ムーアは本作で、ヨーロッパにおいて大きな成功を収めた。

ワイルド・フロンティア
ゲイリー・ムーアスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ハードロック
時間
レーベル 10レコード
プロデュース ゲイリー・ムーア、ジェイムス・バートン、ピート・スミス、ピーター・コリンズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(ノルウェー[1]
  • 2位(スウェーデン[2]
  • 7位(スイス[3]
  • 8位(イギリス[4]
  • 9位(ドイツ[5]
  • 11位(ニュージーランド[6]
  • 13位(オランダ[7]
  • 16位(オーストリア[8]
  • 23位(日本[9]
  • 139位(アメリカ[10]
  • ゲイリー・ムーア アルバム 年表
    ラン・フォー・カヴァー
    (1985年)
    ワイルド・フロンティア
    (1987年)
    アフター・ザ・ウォー
    (1989年)
    テンプレートを表示

    背景編集

    アイルランドの伝統音楽へのオマージュとして作られた作品で[13]、1986年1月に死去した旧友フィル・ライノット(元シン・リジィ)に捧げられた。ムーアは『Guitar World』誌の1987年9月号に掲載されたインタビューにおいて「僕が育っていた時に自分と共にあった音楽を思い出したかった」「僕達が共にシン・リジィで演奏した音楽は、アルバム『ブラック・ローズ』を筆頭に、ケルト音楽からの影響があった」「フィルが"Wild Frontier"を歌っているところが本当に目に浮かぶ」と語っている[14]。また、ムーアは同じインタビューで、タイトル曲「ワイルド・フロンティア」の歌詞について「かなり政治的な曲だ。ベルファストで育って、何年も後になって帰ってきた人々の運命を描いている。どれほど街が変わり果てたか衝撃を受けるんだ」と説明している[14]

    「ザ・ローナー」は、元ジェフ・ベック・グループのマックス・ミドルトン英語版コージー・パウエルのアルバム『オーヴァー・ザ・トップ』(1979年)のために書き下ろした曲のカヴァー。『オーヴァー・ザ・トップ』のレコーディングにはムーアも参加していたが、この曲のオリジナル・ヴァージョンではデイヴ・クレムソンがギターを担当した[15]。「フライデイ・オン・マイ・マインド英語版」はイージービーツ英語版が1966年に発表した曲のカヴァー。

    CDのみの収録となった「クライング・イン・ザ・シャドウズ」は、ムーアが本田美奈子に提供した曲「the Cross -愛の十字架-」のセルフ・カヴァー[16]。日本では1986年に「クライング・イン・ザ・シャドウ」というタイトルでシングルとしてリリースされ、B面には「ワンス・イン・ア・ライフタイム」が収録された[17]。また、イギリスでは「オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ〜望郷の果て」がシングルとしてリリースされた際、そのB面に収録された[18]

    録音編集

    レコーディングは主にムーア、ボブ・デイズリー、元UFOのニール・カーターの3人で行われた。また、前作『ラン・フォー・カヴァー』で多くのキーボード・パートを担当したアンディ・リチャーズ(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドニック・カーショウとの仕事で知られる)も本作のレコーディングに参加[19]。ムーアはリチャーズについて「彼はフェアライト3を持っていて、ニュー・アルバムの何曲かでは、それが自然と重要な役割を果たした」と語っている[19]

    当初はゲイリー・ファーガソンがドラマーとして起用されたが、最終的にはドラマーの代わりにドラムマシンを使用することになった[19]。なお、本作に伴うツアーでは、ブラック・サバスのアルバム『エターナル・アイドル』のレコーディングでボブ・デイズリーと共演したエリック・シンガーが、デイズリーの推薦によりドラマーとして参加した[20]

    「オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ〜望郷の果て」にはチーフタンズのパディ・モローニ、ショーン・キーン、マーティン・フェイが参加した[21]。ニール・カーターはレコーディング当時のことについて「フェアライトなど最新式のキーボードがいっぱいあったし、それにもちろんチーフタンズが本物のサウンドを提供してくれたから、皮肉なことに、このアルバムは僕の堅実な演奏が一番少ない作品になった」と振り返っている[22]

    リリース編集

    LPは8曲入りだが[12]、同時に発表されたCDには「ワイルド・フロンティア」「オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ〜望郷の果て」の12インチ・シングル・ヴァージョンと「クライング・イン・ザ・シャドウズ」が追加された[23]

    なお、リマスターCDではボーナス・トラックが更に3曲追加されて14曲入りとなり、曲順も旧来のCDと異なっている[24]

    反響編集

    本作からの先行シングル「オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ〜望郷の果て」は全英シングルチャートで20位に達した[25]。また、ノルウェーのシングル・チャートでは7週連続で1位を獲得する大ヒットとなり[26]、スウェーデンのシングル・チャートでは7週連続でトップ20入りして最高7位を記録[27]。続く第2弾シングル「ワイルド・フロンティア」は、2月28日付の全英シングル・チャートに初登場し[25]、3月14日には35位を記録[28]

    そして本作が発表されると、ノルウェーのアルバム・チャートでは3週連続で1位を獲得し、13週連続でトップ20入りした[1]。スウェーデンのアルバム・チャートでは初登場2位となって自身初のトップ5入りを果たし、8週連続でトップ20入りした[2]全英アルバムチャートでは14週チャート圏内に入って最高8位を記録し、自身初のトップ10入りを果たした[4]。ドイツのアルバム・チャートでは自身初のトップ20入りを果たし、最高9位を記録[5]。オランダのアルバム・チャートでは自身初のトップ40入りを果たし、最高13位を記録して、合計11週にわたりトップ100入りした[7]

    その後、「フライデイ・オン・マイ・マインド」(全英26位[25])、「ザ・ローナー」(全英53位[25])、「テイク・ア・リトル・タイム」(全英75位[25])もシングル・カットされた。

    評価編集

    Eduardo Rivadaviaはオールミュージックにおいて5点満点中2点を付け「"Over the Hills and Far Away"、タイトル曲、それに美しくムードのあるギター・インストゥルメンタル"The Loner"を別とすれば、ムーアはただ型通りのことをしているだけのように感じられる」「特に致命的なのが、アルバム全体でドラムマシンを使うという決断だ」と評した[29]。なお、RivadaviaはアメリカのウェブサイトUltimate Classic Rockにおいて「ゲイリー・ムーアの曲トップ10」を選出した際に、アルバムの音作りについては「80年代中期の標準だったつややかな音作りは、フォーク音楽へ傾倒する試みの障害となっていたようにも思える」としながらも、「ワイルド・フロンティア」を6位に挙げている[30]

    一方、『BURRN!』誌の1987年4月号に掲載されたレヴューでは、大野奈鷹美が100点満点中99点を付け「音楽の持つ普遍の威力‐人々の心の中に言いようのない感情を生み出す力を改めて教えてくれる」と評した[31]

    収録曲編集

    4.はインストゥルメンタル

    LP編集

    Side A編集

    1. 望郷の果て - "Over the Hills and Far Away" (Gary Moore) - 5:22
    2. ワイルド・フロンティア - "Wild Frontier" (G. Moore) - 4:15
    3. テイク・ア・リトル・タイム - "Take a Little Time" (G. Moore) - 4:06
    4. ザ・ローナー - "The Loner" (Max Middleton, G. Moore) - 5:56

    Side B編集

    1. フライデイ・オン・マイ・マインド英語版 - "Friday on My Mind" (George Young, Harry Vanda) - 4:12
    2. 暗黒の侵入者 - "Strangers in the Darkness" (G. Moore, Neil Carter) - 4:38
    3. 雷鳴 - "Thunder Rising" (G. Moore, N. Carter) - 5:43
    4. ジョニー・ボーイ - "Johnny Boy" (G. Moore) - 3:14

    CD編集

    1. 望郷の果て - "Over the Hills and Far Away" (G. Moore) – 5:22
    2. ワイルド・フロンティア - "Wild Frontier" (G. Moore) – 4:15
    3. テイク・ア・リトル・タイム - "Take a Little Time" (G. Moore) – 4:06
    4. ザ・ローナー - "The Loner" (Max Middleton, G. Moore) – 5:56
    5. ワイルド・フロンティア(12インチ・ヴァージョン) - "Wild Frontier (12" version)" (G. Moore) – 6:42
    6. フライデイ・オン・マイ・マインド - "Friday on My Mind" (G. Young, H. Vanda) – 4:12
    7. 暗黒の侵入者 - "Strangers in the Darkness" (G. Moore, N. Carter) – 4:38
    8. 雷鳴 - "Thunder Rising" (G. Moore, N. Carter) – 5:43
    9. ジョニー・ボーイ - "Johnny Boy" (G. Moore) – 3:14
    10. 望郷の果て(12インチ・ヴァージョン) - "Over the Hills and Far Away (12" version)" (G. Moore) - 7:27
    11. クライング・イン・ザ・シャドウズ - "Crying in the Shadows" (G. Moore) – 5:09

    リマスターCD編集

    1. オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ〜望郷の果て - "Over the Hills and Far Away" (G. Moore) - 5:22
    2. ワイルド・フロンティア - "Wild Frontier" (G. Moore) - 4:15
    3. テイク・ア・リトル・タイム - "Take a Little Time" (G. Moore) - 4:06
    4. ザ・ローナー - "The Loner" (Max Middleton, G. Moore) - 5:56
    5. フライデイ・オン・マイ・マインド - "Friday on My Mind" (G. Young, H. Vanda) - 4:12
    6. ストレンジャーズ・イン・ザ・ダークネス - "Strangers in the Darkness" (G. Moore, N. Carter) - 4:38
    7. サンダー・ライジング - "Thunder Rising" (G. Moore, N. Carter) - 5:43
    8. ジョニー・ボーイ - "Johnny Boy" (G. Moore) - 3:14
    9. オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ〜望郷の果て(12インチ・ヴァージョン) - "Over the Hills and Far Away (12" version)" (G. Moore) - 7:27
    10. ワイルド・フロンティア(12インチ・ヴァージョン) - "Wild Frontier (12" version)" (G. Moore) - 6:42
    11. クライング・イン・ザ・シャドウズ - "Crying in the Shadows" (G. Moore) - 5:09
    12. ザ・ローナー(エクステンデッド・ミックス) - "The Loner (Extended mix)" (M. Middleton, G. Moore) - 7:17
    13. フライデイ・オン・マイ・マインド(12インチ・ヴァージョン) - "Friday on My Mind (12" version)" (G. Young, H. Vanda) - 6:15
    14. アウト・イン・ザ・フィールズ(ライヴ) - "Out in the Fields (Live)" (G. Moore) - 5:29

    カヴァー編集

    参加ミュージシャン編集

    アディショナル・ミュージシャン[21]

    • アンディ・リチャーズ - キーボード
    • パディ・モローニ - パイプス
    • ショーン・キーン - フィドル
    • マーティン・フェイ - フィドル
    • ジュディ・ツーク - バッキング・ボーカル
    • Paul Muggleton - バッキング・ボーカル
    • John Savannah - バッキング・ボーカル

    脚注編集

    1. ^ a b norwegiancharts.com - Gary Moore - Wild Frontier
    2. ^ a b swedishcharts.com - Gary Moore - Wild Frontier
    3. ^ Gary Moore - Wild Frontier - hitparade.ch
    4. ^ a b GARY MOORE | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される - 2015年2月22日閲覧
    5. ^ a b charts.de - Discographie - Gary Moore - 2014年6月22日閲覧
    6. ^ charts.org.nz - Gary Moore - Wild Frontier
    7. ^ a b dutchcharts.nl - Gary Moore - Wild Frontier
    8. ^ Gary Moore - Wild Frontier - austriancharts.at
    9. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.136
    10. ^ Gary Moore | Awards | AllMusic
    11. ^ ゲイリー・ムーア・バンド名義の『グライディング・ストーン』とG-FORCE名義の『G-FORCE』を含む
    12. ^ a b Gary Moore - Wild Frontier (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    13. ^ Gary Moore obituary | Music | The Guardian - 2014年2月25日閲覧
    14. ^ a b Gary Moore Discusses His Latest Album, Gear and Phil Lynott in 1987 Guitar World Interview - Page 4 | Guitar World - 2014年2月25日閲覧
    15. ^ Cozy Powell - Over The Top (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    16. ^ Minako With Wild Catsを覚えていますか? 本田美奈子さんのロックバンド時代 (1988-89年) | かの残響、清冽なり—本田美奈子.と日本の音楽史 | ダイヤモンド・オンライン - 2014年2月25日閲覧
    17. ^ Amazon.co.jp: Crying In The Shadow: 音楽 - 2014年2月25日閲覧
    18. ^ Gary Moore - Over The Hills And Far Away (Vinyl) at Discogs
    19. ^ a b c Gary Moore Discusses His Latest Album, Gear and Phil Lynott in 1987 Guitar World Interview - Page 5 | Guitar World - 2014年2月25日閲覧
    20. ^ Eric Singer: Gary Moore'Played Every Note Like It Was The Last Time He Would Ever Play It' - Blabbermouth.net - 2014年2月25日閲覧
    21. ^ a b Gary Moore Wild Frontier (information) Thin Lizzy Guide made by Peter Nielsen - 2014年2月25日閲覧
    22. ^ Gary Moore | The Neil Carter Homepage - 2014年2月25日閲覧
    23. ^ Gary Moore - Wild Frontier (CD, Album) at Discogs - 1987年当時のCDの情報
    24. ^ Gary Moore – Wild Frontier (CD, Albums) at Discogs - 2003年のヨーロッパ盤の情報
    25. ^ a b c d e GARY MOORE | Artist | Official Charts - 2015年2月22日閲覧
    26. ^ norwegiancharts.com - Gary Moore - Over The Hills And Far Away
    27. ^ swedishcharts.com - Gary Moore - Over The Hills And Far Away
    28. ^ 1987-03-14 Top 40 Official Single Charts UK Archive | Official Charts - 2015年2月22日閲覧
    29. ^ Wild Frontier – Gary Moore | AllMusic - Review by Eduardo Rivadavia
    30. ^ Top 10 Gary Moore Songs - ultimateclassicrock.com - 2014年2月26日閲覧
    31. ^ 『BURRNIN' VINYL Vol.2』バーン・コーポレーション、1991年、p70. ISBN 4-401-61347-3
    32. ^ THE METAL OBSERVER - Review - THYRFING - Urkraft
    33. ^ finnishcharts.com - Nightwish - Over The Hills And Far Away