ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ

ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ(Wachtell, Lipton, Rosen & Katz)は、ニューヨークの大手法律事務所である。

沿革編集

1965年、弁護士のハーバート・ワクテルとジェリー・カーンによって設立。その後、マーティン・リプトン、レオナルド・ローゼン及びジョージ・カッツも参加[1][2]

M&Aプラクティスが特に著名で、1980年代にリプトン弁護士がいわゆる「ポイズンピル」を敵対的買収の防衛策として開発した[3]AT&TファイザーJPモルガン・チェース等の大手企業を代理したことがある[4]。企業関連訴訟のスキルも評価され、デラウェア会社法の主要判例に係わったことがある。

近年、パートナーの平均収益は米国内トップとなることが多く、アメリカの最も権威のある法律事務所の一つと言われる[5]

関連人物編集

参考文献編集

  1. ^ The Scoop: Wachtell, Lipton, Rosen & Katz
  2. ^ Cole, Brett (2008). “Godfathers—Flom and Lipton”. M&A Titans: The Pioneers Who Shaped Wall Street's Mergers and Acquisitions Industry. Wiley. ISBN 9780470126899 
  3. ^ https://www.marr.jp/marr/entry/3080
  4. ^ Summary of corporate practice
  5. ^ 2007 Law Firm Rankings

外部リンク編集