ワシントン・オリンピックス

1871年のキャビネ版カード

ワシントン・オリンピックスWashington Olympics)は、1871年から1872年まで活動していたアメリカの野球チーム。ワシントンD.C.に初めて結成されたプロ野球の球団である。

球団史編集

ワシントンD.C.では1860年代に『ナショナル・ベースボール・クラブ』というアマチュアの強豪チームがあり、後にプロ球団なるが、オリンピックスは1871年ナショナル・アソシエーションが創設された際、首都ワシントンD.C.のプロ球団として結成され先にリーグに加盟した。チームはかつて無敗を誇ったシンシナティ・レッドストッキングスのプロ選手を招きいれ、投手エイサ・ブレイナード、捕手ダグ・アリソン、三塁手フレッド・ウォーターマンらを主力としたチームだった。

1871年こそ15勝15敗の5割の勝率だったが、翌年同じワシントンのナショナルズが加盟したことで経営が行き詰まる。加えてオリンピックスの控え投手だったビル・ステアーンズはナショナルズに移籍し、オリンピックスの投手は衰えが見えていたブレイナード一人になっていた。そのブレイナードも打ち込まれ勝てなくなってしまう。結局この年9試合を戦っただけでチームは解散。ナショナルズの方も0勝11敗と全く勝てず、両チームともあっけなく消滅してしまった。

戦績編集

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 順位 監督 本拠地
1871年 NA 32 15 15 2 .500 4位 ニック・ヤング Olympics Grounds
1872年 9 2 7 0 .222 10位

所属した主な選手編集

主な球団記録編集

  • 通算安打数:61(フレッド・ウォーターマン)
  • 通算打点:30(アンディ・レオナルド)
  • 通算勝利数:14(エイサ・ブレイナード)
  • 通算敗戦数:22(エイサ・ブレイナード)

関連項目編集

出典・外部リンク編集