メインメニューを開く

ワシントン・シャーリー (第5代フェラーズ伯爵)

第5代フェラーズ伯爵ワシントン・シャーリー英語: Washington Shirley, 5th Earl Ferrers, FRS1722年5月26日 - 1778年10月1日)は、イギリスの貴族、海軍軍人、天文学者。

経歴編集

1722年5月26日、初代フェラーズ伯爵英語版ロバート・シャーリー英語版の五男ローレンス・シャーリーとその妻エリザベス(旧姓ワシントン)の間の次男として生まれる。兄に第4代フェラーズ伯爵位を継承するローレンス・シャーリーがあり、弟に第6代フェラーズ伯爵位を継承するロバート・シャーリー英語版がいる[1]

1738年王立海軍に入隊。1746年に勅任艦長(Post Captain)、1775年に海軍中将(Rear Admiral)、1776年に海軍大将(Admiral)に昇進した[1]

1760年5月5日に兄が子供なく殺人罪で処刑されたため、第5代フェラーズ伯爵位を継承した[1][2]

1762年から1764年までフリーメイソンイングランド・首位グランドロッジ英語版のグランドマスターを務めた[1]

アマチュアの天文学者としても活躍し、太陽系儀を所有していた。1761年には金星通過の観察で王立協会フェローに選出された。ジョゼフ・ライト画の『太陽系儀の講義』を購入した。絵画の中で右側に子供とともに座っている人物がフェラーズ伯爵であるという[3]

1778年10月11日に死去。アン・エリオットと結婚していたが、子供はなかったため、爵位は弟のロバート英語版が継承した[1]

爵位・準男爵位編集

  • 1760年5月5日第5代フェラーズ伯爵英語版 (5th Earl Ferrers)
    (1711年創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 1760年5月5日、スタッフォード州におけるタムワースの第5代タムワース子爵 (5th Viscount Tamworth, of Tamworth in the County of Stafford)
    (1711年創設グレートブリテン貴族)
  • 1760年5月5日、スタントン・ハロルドの第11代シャーリー準男爵 (11th Baronet Shirley, of Staunton Harold)
    (1611年創設イングランド準男爵)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Ferrers, Earl (GB, 1711)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年10月2日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Vice-Admiral Washington Shirley, 5th Earl Ferrers” (英語). thepeerage.com. 2015年10月2日閲覧。
  3. ^ 1. A Philosopher Lecturing on the Orrery (1764-1766)” (英語). ダービー博物館・美術館. 2012年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月2日閲覧。
フリーメイソン
先代:
アバーダー卿
イングランド・首位グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1762年–1764年
次代:
第9代ブレイニー男爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ローレンス・シャーリー
第5代フェラーズ伯爵英語版
1760年–1778年
次代:
ロバート・シャーリー英語版