メインメニューを開く
thumb}

ワシントン大聖堂: Washington National Cathedral)はアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.にあるキリスト教 聖公会教会米国聖公会のワシントン教区の主教がいる主教座聖堂で、総裁主教のいるところでもある。正式名称はワシントン市並びに同教区における聖ペトロ聖パウロ大聖堂 (Cathedral Church of Saint Peter and Saint Paul in the City and Diocese of Washington)[1]

目次

概要編集

 
ワシントン大聖堂の内部(東側の聖所を望む)
 
ワシントン大聖堂の内部(西側のバラ窓を見上げる)

セオドア・ルーズベルト大統領時代の1907年に建設を始め、83年の年月をかけて1990年ジョージ・H・W・ブッシュ大統領の時に完成した。ネオ・ゴシック建築で、米国ではこの分野で2番目に大きな建築物である。

さまざまな国家行事にも使われており、アイゼンハワー大統領(1969年)、レーガン大統領(2004年)、フォード大統領(2007年)の葬儀もここで行われた。

近年では、ハイチ大地震東日本大震災などの際に超教派の祈りの会も開かれている [2]

関連項目編集

外部サイト編集

補注編集