ワスコ郡 (オレゴン州)

オレゴン州の郡

ワスコ郡(ワスコぐん、: Wasco County)は、アメリカ合衆国オレゴン州にあるの一つ。郡の名称は、ワスコと呼ばれるコロンビア川南側で生活していたチヌーク系部族の名に由来する。2000年の時点での人口は23,791人。郡庁所在地は、ザ・ダルズ

オレゴン州ワスコ郡
ワスコ郡の位置を示したオレゴン州の地図
郡のオレゴン州内の位置
オレゴン州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1854年1月11日
郡庁所在地 ザ・ダルズ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

6,204 km2 (2,395 mi2)
6,167 km2 (2,381 mi2)
37 km2 (14 mi2), 0.60%
人口
 - (2000年)
 - 密度

23,791人
10人/km2 (26人/mi2)
ウェブサイト co.wasco.or.us

歴史編集

 
ザ・ダルズにあるワスコ郡庁舎

コロンビア川のセライロの滝は、古くからワスコ族、パイユート族、ウォーム・スプリングス族などの先住民が集まる場所だったため、民族間の主要な貿易中心として栄えた。フランス系カナダ人の毛皮商たちは、この渓流を Le Grand Dalles de la Columbia (コロンビアの大滝)と名付けた。

ザ・ダルズは当初、ウィラメット渓谷へ向かう移民者達の道の途中駅であった。カスケード山脈を越える開拓者道路の建設(1845年)や、Donation Land Claim Act (1850年)により、この地に定住する家庭が多くなった。その後、ワスコ郡は河川交通や陸上交通の要所として栄えた。

1854年1月11日、オレゴン準州議会によりクラカマス郡レーン郡リン郡マリオン郡の一部分離させてワスコ郡が発足。発足当初、ワスコ郡は340,000 km2(130,000 mi2)の面積を有し、アメリカ合衆国で最大の郡であった。ワシントン準州や他のオレゴンの郡が発足していくに従って、ワスコ郡は現在の面積まで縮小した。郡成立時に郡庁がダ・ダルズに置かれた。

コロンビア川の河川交通は、マルトノマ郡のボンネビル・ダム(1935年)、ワスコ郡のザ・ダルズ・ダム(1957年)の建設により、大きな影響を受けた。

経済編集

郡の経済は、農業(果樹、小麦、牧場)、伐木業、製造業、発電、交通、観光に頼っている。アルミニウムの生産はかつてこの地域の主要産業であったが、電気代の変動と世界規模でのアルミニウム価格の下落により、郡にあった多くのアルミニウム鋳造工場が閉鎖した。

地理編集

アメリカ合衆国国勢調査局によれば、ワスコ郡の総面積 6,204 km2(2,395 mi2)の内、6,167 km2(2,381 mi2)が陸地、37 km2(14 mi2)が水地である。

隣接郡編集

自治体編集

行政都市編集

非法人地域、国勢調査指定地域編集

ゴーストタウン編集

関連項目編集

外部リンク編集