メインメニューを開く

ワズゲン・マヌキャン1946年2月13日 -)は、アルメニア共和国の政治家。首相、国防相を歴任。アルメニア共和国軍の創設者の1人。

  • 1972年~1996年:大学講師
  • 1988年:カラバフ委員会の委員となる。同年12月、逮捕され、6ヶ月間刑務所に服役。
  • 1989年~1990年:アルメニア全国民運動第一副理事
  • 1990年~1991年:アルメニア首相
  • 1991年:国民民主連合党を創設
  • 1992年:国防相代行に任命
  • 1992年:戦略研究センター長

1990年~1999年、アルメニア最高会議(国会)代議員。

パーソナル編集

レニナカン(現ギュムリ)出身。1969年、エレバン国立大学を卒業。1985年、物理・数学科学準博士。