メインメニューを開く

ワセリン(欧文表記:Vaseline)は、保湿剤のひとつ、ユニリーバ商標で世界各地で一般名詞化されている。石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。大部分は、分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)および脂環式炭化水素(シクロパラフィンナフテン)を含む。ワセリンという場合、一般的には白色ワセリンを指す事が多い。英語での一般名称はpetroleum jellyであるが、日常会話では、同種の軟膏は包括してvaselineと呼ばれることの方が多い。

ワセリン
識別情報
CAS登録番号 8009-03-8
RTECS番号 SE6780000
特性
化学式 CXHY
混合物につき不定。
概ねX=15~20。
外観 ペースト状の油脂
密度 0.9 g/cm3
融点

36~60

沸点

302℃

危険性
安全データシート(外部リンク) ICSC 1440
主な危険性 可燃性
引火点 182 - 221℃
発火点 290℃
半数致死量 LD50 50 g/kg以上 (経口)
出典
ICSC番号:1440
RTECS #: SE6780000
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
ワセリン
Vaseline Logo.svg
使用会社 ユニリーバ (所持会社)
主要使用国 グローバル
テンプレートを表示

目次

名称編集

スペイン語圏ポルトガル語圏の国々でもvaselineは一般名詞であり、ユニリーバの商品はVasenolとして売られている。ドイツでは、ユニリーバ以外の製薬会社でもVaselineとして販売している。

日本では日本薬局方において白色ワセリンは「石油から得た炭化水素類の混合物脱色して精製したものである」と定義されている[1]。日本では商標として登録されているが(第5280546号)、恐らくそれ以前から日本薬局方に一般名称として記載されていたためか、複数の医薬品会社から「白色ワセリン」が販売されている。

種類編集

鉱物油からの精製による純度の違いにより黄色ワセリンと白色ワセリンがある。医療用では白色ワセリンを用いることがほとんどである。眼軟膏には特に純度の高いものを用いることが多い。

用途編集

ワセリンは皮膚表面にパラフィンの膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあることから、鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられる。また潤滑剤皮膚の保湿保護剤としても用いられる。

湿潤療法のために、使用されることがある。乾燥をきっかけとする皮膚病や、切り傷からの出血を一時的に止めるためにも多用されている。

米国では、「切創擦過傷熱傷、ひび割れ、乾燥肌に使う」と製品ラベルに明記されている。

脂漏性皮膚炎では、ワセリンを使用すると悪化する傾向がある[2]。保湿剤としてよく使われるが、石油原料で可燃性のため、シーツや髪などに付着したものにタバコの火などが接触しないよう、炎を避け、また衣類や寝具を定期的に洗濯すること[3]

塑造用粘土の一種である、プラスティシンはワセリンをカルシウム塩、脂肪酸を合成して製造したパテ状のもので、クレイアニメ作品『ウォレスとグルミット』で使用されている。

副作用編集

アレルギー、発赤、発疹、かゆみなど。プロペトの添付文書には接触皮膚炎と記載されている[4]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ “白色ワセリン”. 日本薬局方 (第十六改正 ed.). 厚生労働省. (2011). p. 1441. http://moldb.nihs.go.jp/jp/DetailList_ja.aspx?submit=%E8%A9%B3%E7%B4%B0%E6%A4%9C%E7%B4%A2%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%90%8D%29&keyword=%E7%99%BD%E8%89%B2%E3%83%AF%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3. 
  2. ^ Seborrheic Dermatitis: Tips for Managing”. American Academy of Dermatology. 2018年12月10日閲覧。
  3. ^ How To Care For Your Hands”. British Association of Dermatologists (2016年1月). 2018年12月10日閲覧。
  4. ^ プロペト 添付文書” (2015年2月). 2016年7月3日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集