メインメニューを開く

ワッツタックス/スタックス・コンサート

ワッツタックス/スタックス・コンサート』(原題: Wattstax)は、1972年8月20日ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで行われたコンサートを記録したドキュメンタリー映画。

ワッツタックス
スタックス・コンサート
Wattstax
監督 メル・スチュアート
製作 ラリー・ショウ
メル・スチュアート
製作総指揮 アル・ベル
デヴィッド・L・ウォルパー
出演者 ザ・ステイプル・シンガーズ
アルバート・キング
ルーファス・トーマス
ルーサー・イングラム
アイザック・ヘイズ
ジェシー・ジャクソン
リチャード・プライヤー
撮影 ジョン・A・アロンゾ
ラリー・クラーク
ロバート・マークス
ホセ・ミグノン
ロデリック・ヤング
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年2月4日
日本の旗 1973年7月21日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

第31回ゴールデングローブ賞のドキュメンタリー賞にノミネートされた[1]

目次

概要編集

1965年8月11日から8月17日にかけて、カリフォルニア州ワッツ市(その後、ワッツ市はロサンゼルス市に吸収される)で大規模な暴動事件が起こる。そのワッツ暴動から7年後、ワッツ地区の人々を称えるためにスタックス・レコードはロサンゼルス・メモリアル・コロシアムでのコンサートを企画した。1972年8月20日に開催されたコンサート「ワッツタックス」は、開演の午後3時から午後10時までのあいだに10万人を集客したと言われている。そしてそのほとんどがアフリカ系アメリカ人であった。入場料は誰でも入れるよう1ドルに抑えられた。

翌1973年、コンサートを収録した本作品がスタックス・レコードによって制作され、公開された。

2004年9月、DVD化された(本国)。

映画に収録された音楽(登場順)編集

曲名 演奏者 時間 備考
1 Whatcha See Is Whatcha Get ザ・ドラマティックス 0:45 クレジットタイトルのBGM
2 Oh La De Da ザ・ステイプル・シンガーズ 6:46
3 We the People ザ・ステイプル・シンガーズ 8:33
4 星条旗 キム・ウェストン 11:07
5 Lift Ev'ry Voice and Sing キム・ウェストン 17:50
6 Someone Greater Than I ジミー・ジョーンズ 21:17
7 Lying on the Truth ランス・アレン・グループ 23:10
8 Peace Be Still ジ・エモーションズ 25:05 教会での演奏
9 Old-Time Religion ウィリアム・ベル、ルイス・マッコードほか 30:11
10 Respect Yourself ザ・ステイプル・シンガーズ 33:23
11 Son of Shaft/Feel It バーケイズ 40:16
12 I'll Play The Blues For You アルバート・キング 47:29
13 Walking the Back Streets and Crying リトル・ミルトン 51:25
14 Jody's Got Your Girl and Gone ジョニー・テイラー 54:57 ライブハウスでの演奏
15 I May Not Be What You Want メル・アンド・ティム 1:01:49
16 Pick Up the Pieces カーラ・トーマス 1:05:14
17 Breakdown ルーファス・トーマス 1:10:58
18 ドゥ・ザ・ファンキー・チキン ルーファス・トーマス 1:15:11
19 (If Loving You Is Wrong) I Don't Want to Be Right ルーサー・イングラム 1:24:02
20 黒いジャガーのテーマ アイザック・ヘイズ 1:32:04
21 Soulsville アイザック・ヘイズ 1:36:55
22 Lift Ev'ry Voice and Sing キム・ウェストン 1:41:19 エンドロールのBGM

その他編集

  • 映画は演奏と市民へのインタビューが交互に映し出されるが、コメディアンのリチャード・プライヤーの寸劇とモノローグが何度も登場する。

脚注編集

関連事項編集

外部リンク編集