ワリード2世709年 - 744年4月17日)は、ウマイヤ朝の第11代カリフ(在位:743年 - 744年)。

ワリード2世
الوليد بن يزيد
ウマイヤ朝カリフ
在位 743年 - 744年

出生 709年
死去 744年4月17日
王家 ウマイヤ家
王朝 ウマイヤ朝
父親 ヤズィード2世
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

父は第9代カリフのヤズィード2世。第10代カリフ・ヒシャームの甥にあたる。743年のヒシャームの死で跡を継いだ。だがカリフとしての才能や器量に欠けていたため、744年に従兄弟のヤズィード3世に反乱を起こされて廃された。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
ヒシャーム
ウマイヤ朝
743年 - 744年
次代:
ヤズィード3世