ワリード2世709年 - 744年4月17日)は、ウマイヤ朝の第11代カリフ(在位:743年 - 744年)。大酒呑みの遊蕩児で、カアバ神殿の屋根で酒を飲んでやろうとメッカ巡礼をしたというほどの不心得者だった。在位1年4ヶ月で反乱が起り、首を打たれた。その首は槍に刺されて、シリア砂漠中の離宮からダマスカスに運ばれた。[1]

ワリード2世
الوليد بن يزيد
ウマイヤ朝カリフ
Umayyad fresco of Prince (future caliph) Walid bin Yazid.jpg
在位 743年 - 744年

出生 709年
死去 744年4月17日
子女 ウスマーン、ハカム
家名 ウマイヤ家
王朝 ウマイヤ朝
父親 ヤズィード2世
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

父は第9代カリフのヤズィード2世。第10代カリフ・ヒシャームの甥にあたる。743年のヒシャームの死で跡を継いだ。だがカリフとしての才能や器量に欠けていたため、744年に従兄弟のヤズィード3世に反乱を起こされて廃された。

血筋編集

初代カリフムアーウィヤ1世と第2代カリフヤズィード1世の女系子孫にあたる。

ムアーウィヤ1世ーヤズィード1世ーアティカ(ムアーウィヤ2世の姉妹)ーヤズィード2世ーワリード2世

ムアーウィヤ1世の外玄孫、ヤズィード1世の外曾孫となる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 前嶋信次 (2000410). 千夜一夜物語と中東文化. 東洋文庫 

参考文献編集

  • アミール・アリ『回教史 A Short History of the Saracens』(1942年、善隣社)
  • 前嶋信次『千夜一夜物語と中東文化』(2000年、東洋文庫)

関連項目編集

先代:
ヒシャーム
ウマイヤ朝
743年 - 744年
次代:
ヤズィード3世