メインメニューを開く

ワルシャワの悲劇 神父暗殺』(TO KILL A PRIEST)は、1988年に製作されたフランス合作のテレビ映画。監督はアニエスカ・ホランド。音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。この映画は、ポーランドの共産主義政権下でのイエジ・ポピエウシュコ神父殺害に基づいた物語[1]。クリストファー・ランバートが小説化版のポピエウシュコ神父を主演し、エド・ハリスが神父を暗殺する秘密警察指揮官を演ずる[2]。日本未公開だが、VHSビデオが発売されている[3]

ワルシャワの悲劇/神父暗殺
TO KILL A PRIEST
監督 アニエスカ・ホランド
脚本 アニエスカ・ホランド
ジャン・イブ・ピトゥン
製作 ジャン=ピエール・アレッサンドリ
出演者 クリストファー・ランバート
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 アダム・ホールダー英語版
編集 Hervé de Luze英語版
配給 フランス3
公開 1988年
上映時間 117分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

ディスコグラフィ編集

ジョルジュ・ドルリューが作曲し演奏されたサウンドトラックCDは、Music Box Recordsレーベルで入手可能である[4]。メインテーマの「Crimes of Cain」は、ジョーン・バエズによって書かれ,演奏された。

脚注編集

外部リンク編集