ワルナスビ

ナス科の多年草

ワルナスビ(悪茄子、学名Solanum carolinense )はナス科多年草日本も含め世界的に帰化している外来種である。

ワルナスビ
Solanum carolinense in flower.jpg
ワルナスビ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ナス科 Solanaceae
: ナス属 Solanum
: ワルナスビ S. carolinense
学名
Solanum carolinense L.
和名
ワルナスビ(悪茄子)
英名
Carolina horsenettle
ワルナスビの果実

分布編集

アメリカ合衆国南東部(カロライナ周辺)の原産[1]ヨーロッパアジアオセアニアに移入分布する[2]

特徴編集

に鋭いとげが多い。種子が家畜の糞などに混じって広がり、垂直および水平に広がる地下茎を張ってよく繁茂する。耕耘機などですきこむと、切れた地下茎の一つ一つから芽が出てかえって増殖してしまう。除草剤も効きにくいため、一度生えると完全に駆除するのは難しい。

は白または淡青色で同科のナスジャガイモに似ており、からまで咲き続ける。果実は球形で黄色く熟しプチトマトに似るが、全草がソラニンを含み有毒であるため食用にはできず、家畜が食べると場合によっては中毒死することがある。また、見た目には美味しそうに見える果実でもあるため、子供などがプチトマトなどと勘違いして口にしてしまう危険性も高い。

和名は、これらのたちが悪い生態により付けられた[3]英語でも「Apple of Sodomソドムのリンゴ)」、「Devil's tomato悪魔のトマト)」などの悪名で呼ばれている。雑草ではあるが花言葉もつけられており、「悪戯」が花言葉であるが現実の害や性質の悪さからすれば悪戯どころでは済まない現状(下記、外来種問題参照)があり、この花言葉はむしろ手加減されているとさえ言える。

外来種問題編集

日本では1906年明治39年)に千葉県成田市御料牧場牧野富太郎により発見及び命名され、以降は北海道から沖縄まで全国に広がっている[4]1980年代頃から有害雑草として認識されるようになった[4]。鋭い刺や毒を有するため、家畜に被害を与え、作物の品質を低下させる[1]特にナス科であるため畑に生えるとナス、トマト、ジャガイモなどのナス科の作物に2年の連作障害を与える。また、直接畑などに生えなくとも付近の空き地などに生えただけでナスやジャガイモなどの作物の害虫であるニジュウヤホシテントウの温床ともなり[3]、付近のナス科作物に飛び火するため農業関係者からすると非常に厄介な雑草である。同様の被害は同じナス科の雑草であるイヌホオズキなどでも起こるが駆除の困難さがあるので本種の方がはるかに厄介である。

外来生物法により要注意外来生物に指定されている。

駆除方法編集

完全に根絶やしにするには

  1. 十分な量の大量の熱湯を撒き根も含め完全に熱死させる
  2. 土中に根を残さないように全て掘り起こし処分する

などの方法がある。これ以外の方法で完全に駆除するのは難しい。しかし、1の方法は付近に作物や園芸植物などがある場合、そちらにも害が及んでしまうためそうした環境では使えない。また、2の方法も1年目の株なら比較的容易いが、数年経過している株ではかなり困難となる。このため日々の管理、観察を徹底し、万一庭や畑に生えてきたら可能な限り早期に2の方法を採り駆除するのが望ましい。

上記、特徴の項でも記されている通り、鋤き込んで駆逐しようとは断じて考えてはならない。このような行為はワルナスビの駆除においては最もやってはならない行為で、実行した場合は個体数を数倍にも数十倍にも増殖させる結果となってしまう。

参考文献編集

  1. ^ a b 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著)『決定版 日本の外来生物』平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7 pp.326-327
  2. ^ ワルナスビ 国立環境研究所 侵入生物DB
  3. ^ a b 岩槻秀明『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』秀和システム、2006年11月5日。ISBN 4-7980-1485-0 pp.278-279
  4. ^ a b 宮崎桂「多年草雑草ワルナスビの根系による栄養繁殖 (PDF) 」 『根の研究』第14巻第3号、2005年、 99-104頁、2011年9月6日閲覧。