ワレラン2世・ド・リュクサンブール=リニー

ワレラン2世・ド・リュクサンブールWaléran II de Luxembourg(-Ligny), ? - 1354年)は、中世フランスリニー英語版ルシー英語版およびボールヴォワール英語版領主(1303年 - 1354年)。

ワレラン2世・ド・リュクサンブール=リニー
Waléran II de Luxembourg-Ligny
リニー領主
Berg Arms.svg
ワレラン2世の紋章
在位 1303年 - 1354年

死去 1354年
埋葬 カンブレー、聖母教会
配偶者 ギオット・ド・オーブールダン
子女 ジャン1世
家名 ルクセンブルク=リニー家
父親 リニー領主ワレラン1世
母親 ジャンヌ・ド・ボールヴォワール
テンプレートを表示

リニー領主ワレラン1世とその妻ジャンヌ・ド・ボールヴォワールの息子。リールの女城代(châtelaine de Lille)ギオット・ド・オーブールダン(Guyotte de Haubourdin)と結婚し、間に生まれた息子ジャン1世(1364年没)が後継ぎとなった。死後、カンブレーの聖母教会に葬られた。

外部リンク編集

先代
アンリ2世
リニー領主
1303年 - 1354年
次代
ジャン1世