ワンダーウォール

ワンダーウォール」(Wonderwall)は、イギリスロックバンドオアシスの楽曲である。1995年10月2日にクリエイション・レコーズから発売されたアルバム『モーニング・グローリー』に収録された楽曲で、作詞作曲はノエル・ギャラガーによるもの。2002年にノエルは、本作の歌詞について「自分を救ってくれる架空の友人について歌ったもの」と明かしている[2]

ワンダーウォール
オアシスシングル
初出アルバム『モーニング・グローリー
B面
  • ラウンド・アー・ウェイ
  • ザ・スワンプ・ソング
  • ザ・マスタープラン
リリース
規格
録音 1995年5月
ジャンル ブリットポップ[1]
時間
レーベル
作詞・作曲 ノエル・ギャラガー
プロデュース
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
オアシス シングル 年表
  • ワンダーウォール
  • (1995年)
モーニング・グローリー 収録曲
ロール・ウィズ・イット
(2)
ワンダーウォール
(3)
ドント・ルック・バック・イン・アンガー
(4)
ミュージックビデオ
「Wonderwall」 - YouTube
テンプレートを表示

本作は1995年10月30日にアルバムから第3弾シングルとしてリカットされ、日本盤は同年11月23日にEpic/Sony Recordsからリリースされた。オーストラリアとニュージーランドのシングルチャートで首位[3][4]全英シングルチャートとアイルランドのシングルチャートで2位[5][6]、カナダのシングルチャートで5位[7]、アメリカのBillboard Hot 100で8位[8]を獲得した。シングルは、英国レコード産業協会から4×プラチナ[9]アメリカレコード協会からゴールド認定[10]を受けた。

2013年にオーストラリアのラジオ局Triple Jが発表した「Triple J Hottest 100 of the Past 20 Years, 2013」では1位に選出され[11]ライアン・アダムスキャット・パワーブラッド・メルドーなど多数のアーティストによってカバーされた[12]

背景編集

本作は当初「Wishing Stone」というタイトルの楽曲で、1996年のNME誌のインタビューで、ノエルは本作について(当時の彼女でのちに妻となった)メグ・マシューズに向けて書いたものであると話していた[13][14]。その後2001年にノエルとメグが離婚して以降は、メグに向けた歌であることを否定し、「自分を救ってくれる架空の友人について歌ったもの。」としている[2]。現行のタイトルは、ジョージ・ハリスンのソロ・アルバム『不思議の壁』(Wonderwall Music)にインスパイアされたもの[15]

本作は、アルバム『モーニング・グローリー』のレコーディング・セッションが行われていた1995年5月に、ウェールズにあるロックフィールド・スタジオでレコーディングされた。オーウェン・モリス英語版は、ノエルと共に半日かけて曲の制作を行い、ブリックウォールを駆使して音を増強させた[16]。なお、リード・ボーカルはノエルが「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」のリードを務める関係から、リアム・ギャラガーが務めた[14]

「ワンダーウォール」は、F minorで書かれており、穏やかなダンスグルーヴをもたせた普通拍子で構成されている。なお、本作におけるリアムの声域は、E3からF4となっている[17]

ミュージック・ビデオ編集

本作のミュージック・ビデオは、ジョアンナ・バウティスタによって考案され、1995年9月30日にUnit 217Bで撮影されたもの。監督はナイジェル・ディック英語版。撮影当時、ベーシストのポール・ "ギグジー" ・マッギーガン神経衰弱によりバンドを一時的に脱退していたため、代役としてスコット・マクロード英語版が他のメンバー4人と共に出演した[18]。このミュージック・ビデオは、ブリット・アワード1996の最優秀ブリティッシュ・ビデオ賞を受賞した。

なお、ミュージック・ビデオは2種類が制作されており、そのうちの一つがYouTubeVEVOチャンネルで公開されて再生回数3億5800万回、もう一つがオアシスの公式チャンネルで公開されて再生回数2億5700万回を突破した。

アートワーク編集

本作のアートワークは、ルネ・マグリットの絵画に触発されたものでマイケル・スペンサー・ジョーンズ英語版によってプリムローズ・ヒルで撮影された写真が使用された。なお、フレームを持っている手は、アートディレクターのブライアン・キャノン英語版の手。フレームの中に入っている女性は、クリエイション・レコーズのスタッフであるアニータ・ヘリエットで[19]、当初はノエルがフレームを持ち、そのフレームの中にリアムが入るというアイデアが挙がっていた[20]

演奏編集

シングル収録曲(オアシス版)編集

CD(イギリス・日本)
全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.「ワンダーウォール」(Wonderwall)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー 
2.「ラウンド・アー・ウェイ」(Round Are Way)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
3.「ザ・スワンプ・ソング」(The Swamp Song)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー 
4.「ザ・マスタープラン」(The Masterplan)ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
  • ニック・イングマン
  • ノエル・ギャラガー(ブラス編曲)
合計時間:
CD(アメリカ)
#タイトル作詞・作曲編曲時間
1.「ワンダーウォール」(Wonderwall)ノエル・ギャラガー 
2.「ラウンド・アー・ウェイ」(Round Are Way)ノエル・ギャラガー
  • ニック・イングマン
  • ノエル・ギャラガー(ブラス編曲)
3.「トーク・トゥナイト」(Talk Tonight)ノエル・ギャラガー 
4.「ロッキンチェアー」(Rockin' Chair)ノエル・ギャラガー 
5.アイ・アム・ザ・ウォルラス(I Am the Walrus (Live Glasgow Cathouse June 1994))レノン=マッカートニー 
合計時間:
7inchシングル(イギリス・アメリカ)
全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Wonderwall (Album Version)」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
合計時間:
12inchシングル(イギリス)
全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
3.「The Swamp Song」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
合計時間:
12inchシングル(イギリス)
全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
3.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
4.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
合計時間:
カセット(イギリス)
全作詞・作曲: ノエル・ギャラガー。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
2.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
3.「Talk Tonight」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
4.「Wonderwall」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
5.「Round Are Way」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
6.「Talk Tonight」ノエル・ギャラガーノエル・ギャラガー
合計時間:

チャート成績(オアシス版)編集

週間チャート編集

チャート (1995年 - 1996年) 最高位
オーストラリア (ARIA)[3] 1
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[21] 6
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[22] 7
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[23] 7
Canada Top Singles (RPM)[7] 5
Canada Rock/Alternative (RPM)[24] 1
デンマーク (Tracklisten)[25] 9
ヨーロッパ (Eurochart Hot 100)[26] 8
フィンランド (Suomen virallinen lista)[27] 11
フランス (SNEP)[28] 10
ドイツ (Official German Charts)[29] 17
ハンガリー (Mahasz)[30] 8
アイスランド (Íslenski Listinn Topp 40)[31] 2
アイルランド (IRMA)[32]
2
アイルランド (IRMA)[6] 2
オランダ (Dutch Top 40)[33] 9
オランダ (Single Top 100)[34] 8
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[4] 1
ノルウェー (VG-lista)[35] 5
ポーランド (LP3)[36] 15
スコットランド (Official Charts Company)[37] 2
スウェーデン (Sverigetopplistan)[38] 12
スイス (Schweizer Hitparade)[39] 17
UK Singles (Official Charts Company)[5] 2
US Billboard Hot 100[8] 8
US Adult Alternative Songs (Billboard)[40]
5
US Adult Contemporary (Billboard)[41]
36
US Adult Top 40 (Billboard)[42]
30
US Alternative Airplay (Billboard)[43]
1
US Hot Dance Singles Sales (Billboard)[44] 17
US Mainstream Rock (Billboard)[45]
9
US Mainstream Top 40 (Billboard)[46]
10
US Cash Box Top 100[47] 6
ジンバブエ (ZIMA)[48] 9

年間チャート編集

チャート (1995年) 順位
アイスランド (Íslenski Listinn Topp 40)[49] 28
スウェーデン (Sverigetopplistan)[50] 82
UK Singles (Official Charts Company)[51] 10
チャート (1996年) 順位
オーストラリア (ARIA)[52] 19
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[53] 37
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[54] 38
カナダ (RPM)[55] 26
Canada Rock/Alternative (RPM)[56] 2
ヨーロッパ (Eurochart Hot 100)[57] 31
ドイツ (Official German Charts)[58] 80
オランダ (Dutch Top 40)[59] 52
オランダ (Single Top 100)[60] 98
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[61] 29
スウェーデン (Sverigetopplistan)[62] 90
UK Singles (Official Charts Company)[63][64] 51
US Billboard Hot 100[65] 56
チャート (2018年) 順位
ポルトガル (AFP)[66] 168
チャート (2019年) 順位
ポルトガル (AFP)[67] 177

年代末チャート編集

チャート (2010年 - 2019年) 順位
UK Singles (Official Charts Company)[68] 78

認定(オアシス版)編集

国/地域 認定 認定/売上枚数
オーストラリア (ARIA)[69] 8× Platinum 560,000^
イタリア (FIMI)[70] 2× Platinum 100,000*
メキシコ (AMPROFON)[71] Gold 30,000^
ニュージーランド (RMNZ)[72] Gold 5,000*
ノルウェー (IFPI Norway)[73] Gold  
イギリス (BPI)[9] 4× Platinum 1,995,940[74]
アメリカ合衆国 (RIAA)[10] Gold 500,000^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数
 認定のみに基づく売上枚数と再生回数

カバー・バージョン編集

マイク・フラワーズ・ポップスによるカバー編集

ワンダーウォール
マイク・フラワーズ・ポップス英語版シングル
初出アルバム『グルーヴィー・プレイズ』
B面
  • サン・オブ・ゴッド
  • メモリー・マンのテーマ
リリース
ジャンル イージーリスニング
時間
レーベル ロンドン・レコード
作詞・作曲 ノエル・ギャラガー
プロデュース
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
マイク・フラワーズ・ポップス英語版 シングル 年表
  • ワンダーウォール
  • (1995年)
ミュージックビデオ
「Wonderwall」 - YouTube
テンプレートを表示

マイク・フラワーズ・ポップス英語版によるカバー・バージョンは、オアシスによるオリジナル・バージョンが発売された2か月後に、1作目のシングルとして発売された。このカバー・バージョンは、全英シングルチャートで最高位2位を獲得[75]するなどのヒットを記録した。

BBCラジオ1でこのカバー・バージョンが初めてオンエアされた際に、ノエル・ギャラガーは「『ワンダーウォールのオリジナル・バージョン』を見つけたよ」と冗談めかして紹介した[注釈 1]

2008年にトータル・ギター英語版誌が発表した「世界のワーストカバー曲」ランキングで、マイク・フラワーズ・ポップスによるカバー・バージョンが5位にランクインした[76]

シングル収録曲(マイク・フラワーズ・ポップス版)編集

#タイトル作詞・作曲時間
1.「ワンダーウォール」(Wonderwall)ノエル・ギャラガー
2.「サン・オブ・ゴッド」(Son Of God)マイク・ロバーツ
3.「メモリー・マンのテーマ」(Theme From Memory Man)マイク・ロバーツ
合計時間:

チャート成績(マイク・フラワーズ・ポップス版)編集

週間チャート
チャート (1995年 - 1996年) 最高位
オーストラリア (ARIA)[77] 48
デンマーク (IFPI)[78] 5
オランダ (Single Top 100)[79] 40
ヨーロッパ (Eurochart Hot 100)[80] 8
アイスランド (Íslenski listinn Topp 40)[81] 18
アイルランド (IRMA)[32]
10
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[82] 1
ノルウェー (VG-lista)[83] 13
スコットランド (Official Charts Company)[84] 1
スウェーデン (Sverigetopplistan)[85] 5
UK Singles (Official Charts Company)[75] 2
チャート (1995年) 順位
UK Singles (Official Charts Company)[86] 47

認定(マイク・フラワーズ・ポップス版)編集

国/地域 認定 認定/売上枚数
イギリス (BPI)[87] Silver 200,000^

^認定のみに基づく出荷枚数

他のアーティストによるカバー・バージョン編集

ライアン・アダムスは、2001年にカバー・バージョンを発表し、2003年に発売したEP『Love Is Hell pt. 1』に収録した。このEPについてノエル・ギャラガーは賞賛しており、アダムスによるカバー・バージョンについて「ライアン・アダムスだけが、この曲を正しく理解している」と語っている[88]

ポール・アンカは、2005年に発売したアルバム『Rock Swings』にカバー・バージョンを収録。アンカによるカバー・バージョンは、2018年の平昌オリンピックでフィギュアスケート選手のパウル・フェンツによって競技中のBGMとして使用した[89]

ジェイ・Zは、2008年にグラストンベリー・フェスティバルにラッパーが出演することを批判したノエル・ギャラガーへの言及とする「Jockin' Jay-Z」[90]を歌唱する際に、しばしば観客に「ワンダーウォール」を歌わせている。ゲム・アーチャーは、ジェイ・Zのこの行動を「8歳の少女のようだ」と評している[91]

また、アメリカのDJであるパーティ・ベン英語版は、2004年に本作とグリーン・デイの「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス[注釈 2]」をマッシュアップした「Boulevard of Broken Songs」、ニール・シチェレガ英語版は本作をサンプリングした「Wndrwll」と「Wallspin」を発表している[94][95]

出典編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2006年に発売された『ストップ・ザ・クロックス』(スペシャルBOXエディション)に収録の「ロック・ザ・ボックス」でも確認できる。
  2. ^ 「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」は、「ワンダーウォール」との類似点があることを指摘されており、ノエル・ギャラガーは「グリーン・デイが『ワンダーウォール』を盗んだ」「聴いてみれば、まったく同じアレンジだと言うことがわかる。どうせ盗むなら、俺が死ぬまで待て。それが礼儀というものだ」と批判している[92][93]

出典編集

  1. ^ Bennett, Andy (2010). Britpop and the English Music Tradition. Ashgate Publishing, Ltd. p. 148. ISBN 978-0-7546-6805-3. https://books.google.com/?id=cK-gFIUijQYC 
  2. ^ a b “Noel: Wonderwall 'not about Meg'”. BBC NEWS (BBC). (2002年10月17日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/2337721.stm 2020年6月24日閲覧。 
  3. ^ a b "Australian-charts.com – Oasis – Wonderwall". ARIA Top 50 Singles. 2020年9月6日閲覧。
  4. ^ a b Charts.nz – Oasis – Wonderwall”. Top 40 Singles. 2021年2月8日閲覧。
  5. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年9月6日閲覧。
  6. ^ a b "The Irish Charts – Search Results – Wonderwall". Irish Singles Chart. 2020年9月6日閲覧。
  7. ^ a b "Top RPM Singles: Issue 2906." RPM. Library and Archives Canada. 2020年9月6日閲覧。
  8. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (2021年2月8日). 2021年2月8日閲覧。
  9. ^ a b "British single certifications – Oasis – Wonderwall". British Phonographic Industry. 2020年9月6日閲覧 Enter Wonderwall in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Platinum in the field By Award. Click Search
  10. ^ a b "American single certifications – Oasis – Wonderwall". Recording Industry Association of America. 2020年9月6日閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  11. ^ Countdown – Twenty Years of triple j's Hottest 100 - triple j”. Australian Broadcasting Corporation (2013年4月18日). 2020年6月24日閲覧。
  12. ^ Brad Mehldau Trio Add To The "Wonderwall" Cover Canon, Ryan Adams To Tour with the Guys Who First Recorded That Song”. Stereogum (2008年4月10日). 2020年6月24日閲覧。
  13. ^ Harris, John (2004). Britpop!: Cool Britannia and the Spectacular Demise of English rock. Cambridge, Massachusetts: Da Capo Press. p. 226. ISBN 0-306-81367-X. https://books.google.com/?id=fXQCAvSLoAoC 
  14. ^ a b Krugman, Michael (1997). Oasis: supersonic supernova. Macmillan Publishers. pp. 99-102. ISBN 0-312-15376-7. https://books.google.com/?id=BfjKZJOFCowC 
  15. ^ “Liam Gallagher's foul-mouthed reaction to Oasis' Wonderwall - and why he still hates it”. Mirror Online (MGN Limited). (2019年10月30日). https://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/liam-gallaghers-foul-mouthed-reaction-20743647 2020年6月24日閲覧。 
  16. ^ Bennett, Andy (2010). Britpop and the English Music Tradition. Ashgate Publishing, Ltd. p. 148. ISBN 978-0-7546-6805-3. https://books.google.com/?id=cK-gFIUijQYC 
  17. ^ Digital Sheet Music, Oasis "Wonderwall"”. musicforte.com. Peer International Music Publishing (2011年). 2014年3月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年6月24日閲覧。
  18. ^ Robinson, John (2004年6月19日). “Not Here Now”. The Guardian (London). http://arts.guardian.co.uk/glastonbury2004/story/0,,1242267,00.html 2020年6月24日閲覧。 
  19. ^ Oasis – Fun Facts, Answers, Factoids, Info, Information”. Funtrivia.com. 2020年6月24日閲覧。
  20. ^ Q Special Edition – Oasis: Ten Years Of Rock 'n' Roll Mayhem (EMAP Metro)
  21. ^ "Austriancharts.at – Oasis – Wonderwall" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2020年9月6日閲覧。
  22. ^ "Ultratop.be – Oasis – Wonderwall" (in French). Ultratop 50. 2020年9月6日閲覧。
  23. ^ "Ultratop.be – Oasis – Wonderwall" (in Dutch). Ultratop 50. 2020年9月6日閲覧。
  24. ^ "Top RPM Rock/Alternative Tracks: Issue 2856." RPM. Library and Archives Canada. 2020年9月6日閲覧。
  25. ^ Hits of the World – Eurochart Hot 100”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc. (1996年3月16日). 2020年9月6日閲覧。
  26. ^ “Eurochart Hot 100 Singles”. Music & Media 13 (9): 16. (2 March 1996). https://www.americanradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1996/MM-1996-03-02.pdf 2020年9月6日閲覧。. 
  27. ^ "Oasis: Wonderwall" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2020年9月6日閲覧。
  28. ^ "Lescharts.com – Oasis – Wonderwall" (in French). Les classement single. 2020年9月6日閲覧。
  29. ^ "Offiziellecharts.de – Oasis – Wonderwall". GfK Entertainment Charts. 2020年9月6日閲覧。
  30. ^ “Top National Sellers”. Music & Media 13 (13): 21. (30 March 1996). https://www.americanradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1996/MM-1996-03-30.pdf 2020年9月6日閲覧。. 
  31. ^ “Íslenski Listinn Topp 40 (18.11. '95 – 24.11. '95)” (アイスランド語). Dagblaðið Vísir: p. 50. (1995年11月18日). https://timarit.is/page/2933623#page/n41/mode/2up 2020年9月6日閲覧。 
  32. ^ a b The Irish Charts - Search Results - Wonderwall”. Irish Singles Chart. 2022年3月27日閲覧。
  33. ^ "Nederlandse Top 40 – week 7, 1996" (in Dutch). Dutch Top 40 2020年9月6日閲覧。
  34. ^ "Dutchcharts.nl – Oasis – Wonderwall" (in Dutch). Single Top 100. 2020年9月6日閲覧。
  35. ^ "Norwegiancharts.com – Oasis – Wonderwall". VG-lista. 2020年9月6日閲覧。
  36. ^ (ポーランド語) Notowanie nr738. LP3. (22 March 1996). http://lp3.polskieradio.pl/notowania/?numer=738 2020年9月6日閲覧。. 
  37. ^ "Official Scottish Singles Sales Chart Top 100". Scottish Singles Top 40. 2020年9月6日閲覧。
  38. ^ "Swedishcharts.com – Oasis – Wonderwall". Singles Top 100. 2020年9月6日閲覧。
  39. ^ "Swisscharts.com – Oasis – Wonderwall". Swiss Singles Chart. 2020年9月6日閲覧。
  40. ^ Oasis Chart History (Adult Alternative Songs)”. Billboard. 2022年3月27日閲覧。
  41. ^ Oasis Chart History (Adult Contemporary)”. Billboard. 2022年3月27日閲覧。
  42. ^ Oasis Chart History (Adult Pop Songs)”. Billboard. 2022年3月27日閲覧。
  43. ^ Oasis Chart History (Alternative Airplay)”. Billboard. 2022年3月27日閲覧。
  44. ^ “Oasis Chart History (Dance Singles Sales)”. Billboard. https://www.billboard.com/artist/oasis/chart-history/DSA 2020年9月6日閲覧。. 
  45. ^ Oasis Chart History (Mainstream Rock)”. Billboard. 2022年3月27日閲覧。
  46. ^ Oasis Chart History (Pop Songs)”. Billboard. 2022年3月27日閲覧。
  47. ^ “Cash Box Top 100 Pop Singles”. Cash Box 59 (23): 10. (24 February 1996). https://worldradiohistory.com/Archive-All-Music/Cash-Box/90s/1996/CB-1996-02-24.pdf 2020年9月6日閲覧。. 
  48. ^ Kimberley, C (2000). Zimbabwe: singles chart book. C. Kimberley. ASIN B0000CPFTW 
  49. ^ “Árslistinn 1995” (アイスランド語). Dagblaðið Vísir: p. 16. (1996年1月2日). https://timarit.is/page/2935413?iabr=on#page/n15/mode/2up 2020年9月6日閲覧。 
  50. ^ Årslista Singlar, 1995” (スウェーデン語). Sverigetopplistan. 2020年9月6日閲覧。
  51. ^ “Top 100 Singles 1995”. Music Week: 9. (13 January 1996). 
  52. ^ ARIA Charts – End of Year Charts – Top 50 Singles 1996”. ARIA. 2020年9月6日閲覧。
  53. ^ Jaaroverzichten 1996” (オランダ語). Ultratop. 2020年9月6日閲覧。
  54. ^ Rapports annuels 1996” (フランス語). Ultratop. 2020年9月6日閲覧。
  55. ^ “RPM Year End Top 100 Hit Tracks”. RPM (Library and Archives Canada). (16 December 1996). http://www.bac-lac.gc.ca/eng/discover/films-videos-sound-recordings/rpm/Pages/image.aspx?Image=nlc008388.9730&URLjpg=http%3a%2f%2fwww.collectionscanada.gc.ca%2fobj%2f028020%2ff4%2fnlc008388.9730.gif&Ecopy=nlc008388.9730 2020年9月6日閲覧。. 
  56. ^ “RPM Year End Alternative Top 50”. RPM (Library and Archives Canada). (16 December 1996). http://www.bac-lac.gc.ca/eng/discover/films-videos-sound-recordings/rpm/Pages/image.aspx?Image=nlc008388.9740&URLjpg=http%3a%2f%2fwww.collectionscanada.gc.ca%2fobj%2f028020%2ff4%2fnlc008388.9740.gif&Ecopy=nlc008388.9740 2020年9月6日閲覧。. 
  57. ^ “Music & Media 1996 in Review - Year End Sales Charts”. Music & Media 13 (51/52): 12. (21 December 1996). https://www.americanradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1996/MM-1996-12-21.pdf 2020年9月6日閲覧。. 
  58. ^ Top 100 Single-Jahrescharts 1996” (ドイツ語). GfK Entertainment. 2020年9月6日閲覧。
  59. ^ Top 100-Jaaroverzicht van 1996”. Dutch Top 40. 2020年9月6日閲覧。
  60. ^ Jaaroverzichten – Single 1996” (オランダ語). MegaCharts. 2020年9月6日閲覧。
  61. ^ End of Year Charts 1996”. Recorded Music NZ. 2020年3月3日閲覧。
  62. ^ Årslista Singlar, 1996” (スウェーデン語). Sverigetopplistan. 2020年9月6日閲覧。
  63. ^ “Top 100 Singles 1996”. Music Week: 25. (18 January 1997). 
  64. ^ Najlepsze single na UK Top 40-1996 wg sprzedaży” (ポーランド語). Official Charts Company. 2015年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年9月6日閲覧。
  65. ^ Billboard Top 100 - 1996”. the longbored surfer. 2006年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年9月6日閲覧。
  66. ^ Top AFP - Audiogest - Top 200 Singles 2018” (ポルトガル語). Associação Fonográfica Portuguesa. 2020年9月6日閲覧。
  67. ^ Top AFP - Audiogest - Top 3000 Singles + EPs Digitais” (ポルトガル語). Associação Fonográfica Portuguesa. 2020年9月6日閲覧。
  68. ^ Copsey, Rob (2019年12月11日). “The UK's Official Top 100 biggest songs of the decade”. Official Charts Company. 2020年9月6日閲覧。
  69. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2020 Singles”. Aria Charts. 2020年9月6日閲覧。
  70. ^ "Italian single certifications – Oasis – Wonderwall" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2020年9月6日閲覧 Select Online in the field Sezione. Enter Oasis in the field Filtra. The certification will load automatically
  71. ^ Mexican sales certification” (スペイン語). AMPROFON (2014年1月). 2020年9月6日閲覧。
  72. ^ "New Zealand single certifications – Oasis – Wonderwall". Recorded Music NZ. 2020年9月6日閲覧
  73. ^ "Norwegian single certifications – Oasis – Wonderwall" (Norwegian). IFPI Norway. 2020年9月6日閲覧
  74. ^ Copsey, Rob (2017年9月19日). “The UK's Official Chart 'millionaires' revealed”. Official Charts Company. 2020年9月6日閲覧。
  75. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2021年2月8日閲覧。
  76. ^ “「世界で最もひどいカバー曲」、1位はセリーヌ・ディオン”. AFPBB News (株式会社クリエイティヴ・リンク). (2008年6月23日). https://www.afpbb.com/articles/-/2409186 2021年2月8日閲覧。 
  77. ^ "Australian-charts.com – The Mike Flowers Pops – Wonderwall". ARIA Top 50 Singles. 2021年2月8日閲覧。
  78. ^ “Top National Sellers”. Music & Media 13 (12): 19. (23 March 1996). https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1996/MM-1996-03-23.pdf. 
  79. ^ "Dutchcharts.nl – The Mike Flowers Pops – Wonderwall" (in Dutch). Single Top 100. 2021年2月8日閲覧。
  80. ^ “Eurochart Hot 100 Singles”. Music & Media 13 (2): 11. (13 January 1996). https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1996/MM-1996-01-13.pdf. 
  81. ^ “Íslenski Listinn Topp 40 (17.2. – 23.3. '96)” (アイスランド語). Dagblaðið Vísir: p. 26. (1996年2月17日). https://timarit.is/page/2937175#page/n25/mode/2up 2021年2月8日閲覧。 
  82. ^ Charts.nz – The Mike Flowers Pops – Wonderwall”. Top 40 Singles. 2021年2月8日閲覧。
  83. ^ "Norwegiancharts.com – The Mike Flowers Pops – Wonderwall". VG-lista. 2021年2月8日閲覧。
  84. ^ "Official Scottish Singles Sales Chart Top 100". Scottish Singles Top 40. 2021年2月18日閲覧。
  85. ^ "Swedishcharts.com – The Mike Flowers Pops – Wonderwall". Singles Top 100. 2021年2月8日閲覧。
  86. ^ “Top 100 Singles 1995”. Music Week: 9. (13 January 1996). 
  87. ^ "British single certifications – Mike Flowers Pops – Wonderwall". British Phonographic Industry. 2021年2月8日閲覧 Enter Wonderwall in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Silver in the field By Award. Click Search
  88. ^ The SPIN Interview: Noel Gallagher | Spin Magazine Online”. Spin (2008年12月22日). 2021年2月8日閲覧。
  89. ^ Bartleet, Larry (2018年2月10日). “German figure skater uses jazz cover of 'Wonderwall' at Winter Olympics” (英語). https://www.nme.com/news/figure-skater-jazz-cover-wonderwall-winter-olympics-2239265 2021年2月8日閲覧。 
  90. ^ Kreps, Daniel (2008年8月7日). “Rolling Stone article”. Rolling Stone article. 2021年2月8日閲覧。
  91. ^ . (インタビュー)“Gem Archer interview”. Gigwise.com. http://www.gigwise.com/news/46390/oasis-jayz-acted-like-a-schoolgirl-after-glastonbury-set 2021年2月8日閲覧。 
  92. ^ “Gallagher attacks Green Day for 'ripping off' 'Wonderwall'”. Ireland Online. (2006年12月14日). http://www.breakingnews.ie/showbiz/gallagher-attacks-green-day-for-ripping-off-wonderwall-289328.html 2021年2月8日閲覧。 
  93. ^ “グリーン・デイ、オアシスのノエルから苦情!?”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2006年12月15日). https://www.barks.jp/news/?id=1000028833 2021年2月8日閲覧。 
  94. ^ Manning, Ryan (2014年7月26日). “Mouth Silence is the sound of your brain roasting”. The Verge. https://www.theverge.com/2014/7/26/5938279/mouth-silence-is-the-sound-of-your-brain-roasting 2021年2月8日閲覧。 
  95. ^ Romano, Aja (2017年3月7日). “This '90s kid turned his love of a decade into the internet's best mashup albums”. VOX. https://www.vox.com/culture/2017/3/7/14371422/neil-cicierega-mouth-moods-90s-mashups 2021年2月8日閲覧。 

外部リンク編集