メインメニューを開く

ワントゥワンマーケティング英語: One-to-One Marketing)とは経営学用語の一つ。企業マーケティング活動を行っていく際に、顧客一人ひとりの趣向や属性などを基とした上で、顧客に対して個別にマーケティングを行っていくという方法である。パーソナライズドマーケティングと同義、パーソナライゼーションとも、ほぼ同義である。なお1to1はPeppers & Rogers Group.の登録商標である。

目次

概要編集

マスマーケティングという多数ターゲットとする一律のマーケティング手法に対して、顧客一人ひとりを意識したマーケティングを行うこと。製品単体ではなく、提供の仕方やサービスなど、顧客の体験から差別化を図るものである。Don Peppers and Martha RogersによるThe One to One Future[1]が、この語の原点とされており、過去の個人商店のような顧客との関係を、数百万の顧客と実現するもの、と比喩される。顧客との継続的な関係から顧客生涯価値(Customer Lifetime Value)とROC(Return On Customer)を最大化することがゴールあるいは理想である。

ただし実現のためには顧客の購入履歴や嗜好などの詳細データの収集・保有が必要不可欠となるが、そのデータの収集方法などを巡って、プライバシー侵害など個人情報・パーソナルデータ保護に関する各種問題を引き起こす可能性がある(その危険性を指摘した作品として『マイノリティ・リポート』などが有名)[2]。そのため現場では、プライバシーポリシーの整備や事前公表、顧客情報の利用に関する事前同意の取得など、個人情報保護法等の法律に則った運用が求められる[3]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Peppers, Don and Martha Rogers, Ph.D. (1993). The One to One Future: Building Relationships One Customer at a Time. Doubleday Business. ISBN 978-0-385-42528-5. (日本語翻訳版) ONE to ONEマーケティング―顧客リレーションシップ戦略 ISBN 978-4478501191 1995年3月
  2. ^ 非接触ICカード、急普及の背景 到来する本格的ワン・トゥ・ワン・マーケティング時代 - ITmediaエンタープライズ・2003年1月10日
  3. ^ どこまで許されるプライバシーのビジネス利用 (1/4) - Cisco Customer Bridge

外部リンク編集