メインメニューを開く

ワンヒン・ミナヨーティン

タイ王国のボクサー

ワンヒン・ミナヨーティンWanheng Menayothin1985年10月27日 - )は、タイプロボクサー、元ムエタイ選手。現WBC世界ミニマム級王者。マハーサーラカーム県出身。ポンサクレック・ウォンジョンカムなど多くの世界王者を輩出したウィラット・ワチララタナウォン(: Wirat Vachirarattanawong)がプロモーター兼会長を務め、ピヤラット・ワチララタナウォン(: Piyarat Vacirarattanawong)がプロモーターを務めるペッインディーとオスカー・デ・ラ・ホーヤゴールデンボーイ・プロモーションズ所属。

ワンヒン・ミナヨーティン
基本情報
本名 Seansuree Moonsuree
通称 Wanheng CP Freshmart
Thailand Dwarf Giant
Wanheng Kaiyanghadaogym
The Wolf(狼)
階級 ミニマム級
身長 158cm
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1985-10-27) 1985年10月27日(33歳)
出身地 マハーサーラカーム県
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 53
KO勝ち 18
敗け 0
テンプレートを表示

目次

来歴編集

13歳の時にムエタイのトレーニングを始め、ルンピニー・スタジアム王座とタイ国王座を獲得した[1]

2007年1月26日、ターク県でボクシングデビュー戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2007年3月30日、サムットプラーカーン県馬一鳴WBC世界ミニマム級ユース王座決定戦を行い、初回2分21秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年10月24日、サムットプラーカーン県バーンプリー郡でアルマンド・デラ・クルスと対戦し、5回KO勝ちを収めWBCユース王座の2度目の防衛に成功した。

2008年4月25日、バンコクでソフヤン・エフェンディと対戦し、10回3-0(2者が97-93、98-92)の判定勝ちを収めWBCユース王座の3度目の防衛に成功した。

2009年2月25日、アユタヤ県アユタヤ歴史公園でアディ・ヌクンと対戦し、10回判定勝ちを収めWBCユース王座の6度目の防衛に成功した。

2009年10月2日、ナコーンパノム県でジャスティン・ゴールデン・ボーイと対戦し、3回2分21秒KO勝ちを収めWBCユース王座の8度目の防衛に成功した。

2009年12月24日、バンコクの国王警護隊第11駐屯地内特設会場でジェイソン・ロトニーとWBCインターナショナルミニマム級暫定王座決定戦を行い、12回3-0(116-112、2者が117-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年4月30日、アユタヤ県のアユタヤ歴史公園でロネル・フェレラスと対戦し、12回3-0(3者とも117-111)の判定勝ちを収めWBCインターナショナル暫定王座の初防衛に成功した。

2010年8月6日、バンコクでジェイソン・ロトニーと8ヵ月ぶりに再戦し、12回3-0(117-111、2者が116-112)の判定勝ちを収めWBCインターナショナル暫定王座2度目の防衛に成功した。

2011年1月6日、ナコーンパトム県でレミー・クアムボッとWBCインターナショナルミニマム級シルバー王座決定戦を行い、10回1分57秒3-0(97-93、96-93、97-92)の負傷判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年3月31日、サラブリー県でノリ・モラレスと対戦し、6回12秒3-0(2者が59-54、60-54)の負傷判定勝ちを収めWBCインターナショナルシルバー王座の初防衛に成功した。

2011年6月24日、バンコクワントーンラーン区のチョクチャイ4市場で元IBF世界ミニマム級王者フローレンテ・コンデスと対戦し、12回3-0(3者とも116-112)の判定勝ちを収めインターナショナルシルバー王座の2度目の防衛に成功した。

2011年9月20日、カーンチャナブリー県でジェットリー・プリシマと対戦し、11回47秒KO勝ちを収めWBCインターナショナルシルバー王座3度目の防衛に成功した。

2011年11月17日、ノーンカーイ県ターボー郡でクリソン・オマヤオとWBCインターナショナル王座決定戦を行い、12回3-0(3者とも116-111)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年2月24日、バンコクのサイアム・ソシエティ・ホテル&カジノでジョナサン・レフヒオと対戦し、9回2分40秒TKO勝ちを収めWBCインターナショナル王座の初防衛に成功した。

2012年9月28日、チエンマイ県ヘルソン・ルザリトと対戦し、8回41秒TKO勝ちを収めWBCインターナショナル王座の2度目の防衛に成功した。

2012年12月3日、バンコクの国王警護隊第11駐屯地内特設会場でロイロ・ゴレスと対戦し、12回3-0(117-110、116-111、119-108)の判定勝ちを収めWBCインターナショナル王座の3度目の防衛に成功した。

2013年5月31日、カーンチャナブリー県でラウル・プスタ・ジュニアと対戦し、9回1分41秒TKO勝ちを収めWBCインターナショナル王座の4度目の防衛に成功した。

2013年7月24日、ピッサヌローク県でドミ・ネノケバとミニマム級契約6回戦を行い、2回TKO勝ちを収めた。

2013年8月30日、チョンブリー県で岩橋優馬と対戦し、12回3-0(2者が120-108、119-109)の判定勝ちを収めWBCインターナショナル王座の5度目の防衛に成功した。

2013年12月27日、バンコクバーンケーン区ンガム・ウォン・ワン通りのサイアム・パラダイス・エンターテイメント・コンプレックスでマディッ・サダとミニマム級契約6回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2014年4月25日、バンコクワントーンラーン区のチョクチャイ4市場でドミ・ネノケバとミニマム級契約6回戦を行い、4回TKO勝ちを収めた。

2014年11月6日、チョンブリー県ムアンチョンブリー郡でWBC世界ミニマム級王者オズワルト・ノボアと対戦し、ノボアの9回終了時ノボアが棄権した為、王座獲得に成功した[2]

2015年2月5日、ナコーンサワン県ムアンナコーンサワン郡でWBC世界ミニマム級12位のジェフリー・ガレロと対戦し、12回3-0(119-109、120-108、120-109)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した。

2015年6月2日、バンコクカンナーヤーオ区でWBC世界ミニマム級25位のジェリー・トモグダンと対戦し、9回KO勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[3]

2015年11月24日、バンコクで元PABAフライ級王者でWBC世界ミニマム級6位の裵永吉と対戦し、9回TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[4]

2016年3月3日、ナコーンラーチャシーマー県で元OPBF東洋太平洋ミニマム級王者でWBC世界ミニマム級9位の大平剛と対戦し5回2分TKO勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[5]

2016年8月4日、チョンブリ県でWBC世界ミニマム級1位のサウル・ファレスと対戦し、12回3-0(116-112、116-113、115-113)の判定勝ちを収め、5度目の防衛に成功した[6]

2016年8月12日、WBCは最新ランキングを発表し、ワンヒンをWBCの2016年8月度の月間優秀選手賞に選出した[7][8]

2017年1月25日、タイ国内でWBC世界ミニマム級9位のメルビン・ジェルサレムと対戦し、12回3-0(114-113×2、115-113)の判定勝ちを収め、6度目の防衛に成功した[9]

2017年3月31日、バンコクでジェイセベル・アブセデとノンタイトル6回戦を行い、6回3-0の判定勝ちを収めた[10][11]

2017年6月3日、ラヨーン県でWBC世界ミニマム級4位のオマリ・キムウェリと対戦し、12回3-0(117-110、118-109×2)の判定勝ちを収め、7度目の防衛に成功した[12]

2017年7月7日、WBCは最新ランキングを発表し、ワンヒンを2017年7月度の月間優秀選手賞に選出した[13][14]

2017年11月25日、ナコーンラーチャシーマー県で元WBO世界ミニマム級王者でWBC世界ミニマム級9位の福原辰弥と対戦し、12回3-0(118-110、117-113、116-112)の判定勝ちを収め、8度目の防衛に成功した[15][16]。この試合でロッキー・マルシアノの持つ無敗記録に並んだ。

2017年12月11日、WBCは最新ランキングを発表し、ワンヒンを2017年12月度の月間優秀選手賞に選出した[17][18]

2018年5月2日、ナコーンラーチャシーマー県にてWBC世界ミニマム級1位リロイ・エストラーダと対戦し、5回KO勝ちを収めフロイド・メイウェザー・ジュニアに並ぶ無敗記録を樹立と共に9度目の防衛に成功した[19][20][21]

2018年8月29日、WBC世界ミニマム級14位ペドロ・タドゥランと対戦し、12回3-0(117-110、118-108、115-111)の判定勝ちを収め、フロイド・メイウェザー・ジュニアを超える無敗記録を更新すると共に10度目の防衛に成功した[22]

2018年11月16日、メクティソン・マルガンティとノンタイトル6回戦で対戦し、判定勝ちを収め、52連勝を達成し無敗記録を更新した。

2019年5月31日、福原辰弥と再戦し、8回にバッティングによりワンヒンが右目の上をカット、このカットで試合続行不能となり負傷判定で勝利を収め、11度目の防衛に成功するとともに、53連勝を達成し自身の持つ無敗記録を更新した[23]

2019年7月23日、ゴールデンボーイ・プロモーションズと契約した[24]

獲得タイトル編集

  • WBC世界ミニマム級ユース王座
  • WBCインターナショナルミニマム級暫定王座
  • WBCインターナショナルミニマム級シルバー王座
  • WBCインターナショナルミニマム級王座
  • WBC世界ミニマム級王座(防衛10)

脚注編集

  1. ^ 'It is my duty to punch': Wanheng Menayothin interview”. Boxing Monthly (2018年8月25日). 2019年7月27日閲覧。
  2. ^ ワンヒンがノボアをTKO、WBCミニマム級新王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月6日
  3. ^ ワンヒンがWBCミニマム級防衛、テテが王座返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月3日
  4. ^ ワンヒン磐石、ベを寄せつけずTKO防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月27日
  5. ^ 大平剛は5回TKO負け、タイでワンヘンに完敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月3日
  6. ^ ワンヘンが判定でV5、WBCミニマム級 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月3日
  7. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年8月12日
  8. ^ 拳四朗がWBC5位に、あすマルガリートvsカネロ兄 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月13日
  9. ^ 『ナンバー』ボクシング総力特集号、ワンヘンV6 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月25日
  10. ^ WBC champ Wanheng goes to 46-0 Fightnews.com 2017年3月31日
  11. ^ フックvsブリーディス王座決定戦、ワンヘン46連勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月1日
  12. ^ WBCミニマム級ワンヘン47連勝、キムウェリ下しV7 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月4日
  13. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年7月7日
  14. ^ 岡田博喜、松本亮、益田健太郎らがWBCランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月8日
  15. ^ Victorious Wanheng (49-0) closing in on Floyd Fightnews.com 2017年11月25日
  16. ^ 福原辰弥がワンヘンに判定負け、WBCミニマム級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月25日
  17. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年12月11日
  18. ^ 田中恒成がWBCフライ級4位に、サリド引退表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月12日
  19. ^ ワンヘン5回TKO防衛 メイウェザーと並ぶ50連勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月2日
  20. ^ Wanheng Menayothin Wins - Matches Floyd Mayweather's 50-0 BoxingScene.com 2018年5月2日
  21. ^ Wanheng joins Mayweather in the 50-0 club Fightnews.com 2018年5月2日
  22. ^ ワンヘンV10 メイウェザー超える51戦全勝マーク Boxing News(ボクシングニュース) 2018年8月29日
  23. ^ 【ボクシング】福原辰弥、無念の負傷判定負け。王者ワンヘンがV11で53連勝”. ボクシング・マガジン編集部 (2019年5月31日). 2019年7月27日閲覧。
  24. ^ Wanheng Menayothin, Mihai Nistor Ink Pacts With Golden Boy”. Boxing Scene.com (2019年7月23日). 2019年7月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集