ワーウィック・デイヴィス

イギリスの俳優 (1970-)

ワーウィック・デイヴィスWarwick Davis、本名:Warwick Ashley Davis 、1970年2月3日 - )は、イギリスのテレビ・映画俳優で芸能事務所社長。小人症であり、身長107cm。Warwickは本来「ウォリック」と読む。

ワーウィック・デイヴィス
Warwick Davis
ワーウィック・デイヴィス Warwick Davis
2006年
本名 Warwick Ashley Davis
生年月日 (1970-02-03) 1970年2月3日(54歳)
出生地 サリー州エプソム
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 サマンサ・デイヴィス (1991-2024)
主な作品
スター・ウォーズ』シリーズ
ウィロー
レプリコーン』シリーズ
ハリー・ポッター』シリーズ
テンプレートを表示
2007年

来歴

編集

骨を由来とする小人症の俳優の多くは軟骨無形成症によるものであるが、ワーウィックは非常にまれな脊椎骨端異形成症(SED)による小人症である。

1981年、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に出演する身長4フィート(1.2メートル)以下の役者の募集を祖母がラジオで聞いたことがきっかけで、同映画のイウォーク族のウィケット・W・ウォリックの役を得てデビュー。当時11歳で身長は2フィート11インチ(0.6メートル)だったという。その後『イウォーク・アドベンチャー』や『エンドア・魔空の妖精』でもウィケットを演じており、以降のシリーズ作品でもエキストラとして度々出演している。2019年の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』では36年振りにウィケットを演じた。

主演映画『ウィロー』でエキストラをしていたサマンサと1991年に結婚して息子と娘がいる(妻と息子、娘も小人症である)。

近年は『ハリー・ポッター』シリーズのフィリウス・フリットウィック教授役で有名。『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ではグリップフックも演じた[1]

2022年には34年ぶりに制作された映画『ウィロー』の続編ドラマシリーズを前作から20年後のウィロー役で主演している。

小人症の俳優を主にマネジメントするウィロー芸能事務所(Willow Personal Management)を経営している。

2024年3月24日(現地時間)に妻のサマンサが亡くなったことがBBCでの声明発表で明らかになった。

主な出演作品

編集

脚注

編集

外部リンク

編集