ワーク・システム

ワーク・システム(英語:Work systems)は、多くの分野で大まかに使用されてきた。

この記事は、組織内の IT に依存するシステムを理解する上での使用に関するものである。

この用語の顕著な使用は、1977 年に MIS Quarterly の第 1 巻で、Bostrom と Heinen (1977) による 2 つの記事で行われた。

その後、Sumner と Ryan (1994) は、CASE (コンピュータ支援ソフトウェア エンジニアリング) の採用における問題点を説明するためにそれを使用した。

Trist や Mumford などの多くのen:socio-technical systems 研究者もこの用語を時折使用していたが、詳細には定義していないようである。

対照的に、ワーク・システム アプローチは、ワーク システムを慎重に定義し、基本的な分析概念として使用している。

ワーク・システムとは、人間の実施者および/またはマシンが、情報、技術、およびその他のリソースを使用して作業 (プロセスおよび活動) を実行し、内部または外部の顧客のために製品/サービスを生産するシステムである。

一般的なビジネス組織には、サプライヤーからの資材の調達、製品の生産、顧客への製品の配送、顧客の検索、財務報告の作成、従業員の雇用、部門間の作業の調整、およびその他の多くの機能を実行するワーク・システムが含まれている。

ワーク・システムの概念は、組織内または組織間で運用される多くの種類のシステムの共通分母のようなものである。運用情報システム、サービス システム、プロジェクト、サプライ チェーン、および e コマース Web サイトはすべて、作業システムの特殊なケースと見なすことができる。

一般的な作業システムと特殊なケースとの関係は、同じ基本概念がすべての特殊なケースに適用され、独自の専門語彙もあるということを意味します。これは、現在の情報システム分野の知識体系の多くが、作業システムのコアを中心に編成できることを意味します。

特定の情報システムは、(他の) 作業システムをサポートするために存在します。情報システムと、それがサポートする作業システムとの間には、さまざまな程度のオーバーラップが存在する可能性があります。たとえば、情報システムは、商業マーケティング調査が企業のマーケティングマネージャーに情報を提供するときに発生するように、重複しない作業システムに情報を提供する場合があります。高度に自動化された製造および e コマース Web サイトで。このような状況では、業務システムの参加者は情報システムの参加者でもあり、業務システムは情報システムなしでは適切に動作できず、情報システムは業務システムの外ではほとんど意味を持ちません。


<< 以降、未翻訳のため、内容は英語Wiki(英語:Work systems)を、参照ください。>>