ワージントン・ウィットレッジ

ワージントン・ウィットレッジ(Thomas Worthington Whittredge、1820年5月22日 - 1910年2月25日)はアメリカ合衆国の画家である[1]。「ハドソン・リバー派」の画家の一人に数えられる。

ワージントン・ウィットレッジ
Worthington Whittredge
Worthington Whittredge by William Merritt Chase, c1890.jpg
生誕1820年5月22日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スプリングフィールド (オハイオ州)
死没1910年2月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サミット(ニュージャージー州)英語版
著名な実績風景画
運動・動向ハドソン・リバー派

略歴編集

オハイオ州スプリングフィールドに生まれた。シンシナティで写生を始め、1849年に本格的に絵を学ぶためにヨーロッパに渡った。当時多くのアメリカ人が留学したデュッセルドルフに渡り、アメリカ出身の画家、エマヌエル・ロイツェの画塾で学んだ。デュッセルドルフで、アルバート・ビアスタットと友人になり、ロイツェの有名な作品『デラウェア川を渡るワシントン』のモデルも務めた。デュッセルドルフで学んだ画家たちを「デュッセルドル派」(Düsseldorf school of painting.)と呼ぶことがあり、ウィットレッジもその一人に数えられる。

ウィットレッジは10年間あまりヨーロッパに滞在し、サンフォード・ロビンソン・ギフォードなどアメリカの重要な画家たちと知り合い、ともに各地を写生した。1859年にアメリカに帰国し、ニューヨークを拠点に「ハドソン・リバー派」の風景画家としての活動を始めた。

1865年に、ギフォード、ジョン・フレデリック・ケンセットグレートプレーンズを越えて、ロッキー山脈まで旅した。この旅でウィットレッジの代表作のいくつかが描かれた。

1874年から1875年の間、ニューヨークの美術学校、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの校長を務めた。1876年のフィラデルフィア万国博覧会の展覧会の選考委員などを務めた。

1880年にニュージャージー州ユニオン郡のサミット(Summit) に移り、亡くなるまで過ごした。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Thomas Worthington Whittredge Online at www.artcyclopedia.com

参考文献編集

  • Worthington Whittredge. In: Elizabeth Mankin Kornhauser, Amy Ellis, Maureen Miesmer: Hudson River School. Masterworks from the Wadsworth Atheneum Museum of Art. Yale University Press, New Haven und London 2003, ISBN 978-0-300-10116-4, S. 148 (Google Books).
  • John Wilson: Cincinnati Artists and the Lure of Germany in the Nineteenth Century. In: Queen City Heritage, Volume 57, No. 4 (Winter 1999), S. 5 f. (PDF).