メインメニューを開く

ワープステーション江戸

ワープステーション江戸(ワープステーションえど)は、日本茨城県つくばみらい市南太田にあるロケ施設。ロケ実施中は通行制限されるが、施設は有料で一般公開されている。敷地内に、つくばみらい市立歴史館を併設(2017年9月13日閉館)し、同市立歴史公園と隣接する。

ワープステーション江戸
Warp Station Edo
Warp Station Edo.jpg
入り口
ワープステーション江戸の位置(茨城県内)
ワープステーション江戸
所在地
座標 北緯35度58分5秒 東経140度4分1秒 / 北緯35.96806度 東経140.06694度 / 35.96806; 140.06694座標: 北緯35度58分5秒 東経140度4分1秒 / 北緯35.96806度 東経140.06694度 / 35.96806; 140.06694
面積 9.5ha
運営者 NHKエンタープライズ
アクセス 常磐自動車道谷田部ICから約8km
事務所所在地 茨城県つくばみらい市南太田1176番地
公式サイト ワープステーション江戸
テンプレートを表示

概要編集

2000年に「歴史公園ワープステーション江戸」の名称で、テーマパークとして開園。茨城県と筑波郡伊奈町が出資した運営会社「株式会社メディアパークつくば」によって運営されていたが、2年後に8億円の負債を抱えて経営破綻。その後、運営を大新東グループに委託後、茨城県開発公社が所有し、主にロケ地・撮影施設として活用。しかし、その後も赤字が続いているため、2007年4月1日-2010年3月31日までの契約で、NHK関連会社のNHKエンタープライズにロケ事業の運営を委託。しかし、赤字解消の見込みが立たず2012年4月1日付けで、同社に売却された[1]

現在ではテーマパークではなく、映画やテレビの「ロケ施設」として機能している。時代劇向けには、江戸時代を模した商家や長屋、 掘割のほか戦国時代の城門などが再現されている。大河ドラマ真田丸』の上田城の戦いがここで撮影された[2]

2018年、工事の進められていた明治大正昭和ゾーンが完成した[3]。ここには二軸古典路面電車も再現され、同時に全天候型スタジオも完成した[3]。2018年現在、2019年度の大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜』がここで撮影されることが決まっている[3]

交通編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集